トランザクションレンディングとは?フィンテックで実現する融資サービス

トランザクションレンディング

昨今、ニュースや新聞記事を見ていると「フィンテック」という言葉を良く見かけるようになりました。

フィンテックとは「Finance(金融)+Technology(テクノロジー)」を合わせた造語で、最新のIT技術を金融の分野に取り込むことで実現するサービスの総称です。

その最も代表的なものとして「ビットコイン」や「ブロックチェーン」と呼ばれるものがありますが、自営業者や中小企業経営者が押さえておきたいキーワードの一つとして「トランザクションレンディング」というものがあります。

新たな資金調達の方法となるトランザクションレンディングとは一体なんなのか?
わかりやすく解説します。

トランザクションレンディングとは

握手

銀行から融資を受ける際のデメリットには以下のようなものがあります。

これらの問題をすべて解決した融資サービスがあるとしたら、利用メリットは大きいですよね。

実績を正当に評価してくれて、審査期間が短く、決算書などの提出も不要」、これがトランザクションレンディングの特徴です。

トランザクションレンディングの意味を理解すると全容が見えてきます。

トランザクションとは、商取引、売買、執行、取扱、議事録などの意味を持つ英単語。

つまり「トランザクション」とは取引履歴のことです。トランザクションという言葉自体がIT業界で使われる用語なので、主にネット通販やECサイトのネットでの取引履歴という認識の方が近いと思います。

また「レンディング」は「融資」のことを意味します

これらの言葉を組み合わせると、トランザクションレンディングとは「ネットの取引履歴(売上実績)を根拠とした融資サービス」であることがわかります。

決済会社は膨大な取引データを保有している

ビッグデータ

ネット通販サイトを運営するには、クレジットカードシステムやショッピングカートシステムの導入が不可欠です。これらのサービスを提供している代表的な会社といえば、

などですよね。
ネット通販サイトを運営している事業者なら、こういった会社との取引があると思います。

そして重要なのは、決済サービスを提供しているこうした会社はあなたのECサイトの売上データを保有しているという事実です。

売上データは嘘をつかない

売上

日々の売上データは嘘をつきません。
もちろん、嘘の売上データを報告して実績があるように見せかける事業者もいるかもしれません。

しかしECサイトの場合、そもそも日々の売上データを管理しているのが上記のような決済サービスの提供会社なので、彼らはとても信頼性の高い日々の売上データを入手・保有することができるのです。

そして、それらの売上データを元にして「利率」と「貸出限度額」を判断するのがトランザクションレンディングの特徴の一つです。

自営業者が融資の申込をする以前から、常に売上データが蓄積されているので、審査期間は短いです。また、決算書を提出しなくてもリアルタイムの売上実績が把握できているので書類の用意も不要、さらに日々のデータは信頼性が高いものなので、融資対象となる企業の正当な評価ができるわけです。

例えば、住信SBIネット銀行は最短即日融資が可能な「レンディングワン」を提供しています。

売上が担保となり、売上から返済

売上から返済

トランザクションレンディングのもう一つの特徴として、無担保・無保証で融資が受けられるというものがあります。

資金調達をするにあたって担保を用意したり連帯保証人を用意する必要はありません。

こういった特徴を踏まえると、お金を借りる側にとってはとてもメリットのあるサービスだということがわかりますよね。

しかし一方で、トランザクションレンディングは融資を行う決済側にもメリットがあります。

それは、日々の売上が実質的な担保となり、日々の売上から融資額の返済が行われるからです。つまり、決済代行会社は常にあなたの売上を一時的に保有しているので、もし返済遅延が発生しても売上から融資額の回収ができ、取りっぱぐれがないということです。

代表的なトランザクションレンディングの比較

比較

続いて、現在トランザクションレンディングを提供している会社を比較してみます。

サービス名 融資限度額 借入利率 審査期間 決算書 担保・保証人
レンディングワン 最大1億円 年率1.0%~18.0% 最短当日 不要 不要
Amazonレンディング 最大5,000万円 年率8.9%~13.9% 最短5営業日 不要 不要
GMOイプシロン トランザクションレンディング 最大5,000万円 年率6.0%~13.5% 最短5営業日 不要 不要
楽天スーパービジネスローン エクスプレス 最大500万円 年率8.5%~14.5% 最短翌日 不要 不要

トランザクションレンディング以外のオンライン融資サービス。

サービス名 融資限度額 借入利率 審査期間 決算書 担保・保証人
楽天スーパービジネスローン 最大3,000万円 年率3.0%~15.0% 最短3営業日 必要 原則不要
ジャパンネット銀行 ビジネスローン 最大3,000万円 年率1.45%~13.75% 最短翌日 不要 不要

レンディングワン

レンディングワン

「レンディングワン」という言葉はあまり聞き慣れないかもしれませんが、住信SBIネット銀行などを展開する、SBIグループのトランザクションレンディングです。

「フィンテック」、「トランザクションレンディング」をかなり意識して設計されており、

という圧倒的なスペックを提供しています。

レンディングワンは最短即日融資という点で、他のトランザクションレンディングを凌駕しています。

レンディングワンの利用対象者となるのは、

の2つの条件を満たしている事業者です。

ZEUS(ゼウス)は、クレジットカード決済代行サービスの業界大手です。レンディングワンはゼウス加盟店向けの融資サービスとなります。

また、利用にあたっては住信SBIネット銀行の法人口座が必要となるため、個人事業主の方は利用できません

サービス自体はSBIグループの「SBI AXIS」が提供しています。(ゼウスはSBI AXISの100%子会社)

また、MFクラウドファイナンスを使うことでもレンディングワンの利用は可能です。(ZEUS利用者以外でも利用可能)

借入条件は「最大1,000万円まで、年率0.9%~15.0%、返済期間1年以内」と若干異なります。

レンディングワンの詳しい解説はこちら

Amazonレンディング

Amazonレンディング

ネット通販大手のAmazonが提供する「Amazonレンディング」。

Amazonマーケットプレイスに参加している法人販売事業者だけが対象ですが、初回申込は最短5営業日、2回目以降は最短3営業日のスピード融資を実現しています。

融資可能額は10万円~5,000万円までとなっており、借入利率は年率8.9%~13.9%です。

毎月の返済は、販売事業者のAmazonのアカウントから引き落とし、繰上返済手数料は無料です。

GMOイプシロン トランザクションレンディング

GMOイプシロン トランザクションレンディング

GMOペイメントゲートウェイやMakeShopといった様々な決済サービスを提供するGMOグループのオンライン融資サービスです。

GMOイプシロン加盟店限定のサービスとなりますが、法人だけでなく個人加盟店も利用できるのが大きな特徴。

最短5営業日で融資が行われ、返済は日々の売上から相殺する形で行われます。

融資限度額と利率については、法人と個人で若干の違いがあります。

法人加盟店は30万円~5,000万円、年率3.5%~12.0%、個人加盟店は15万円~5,000万円、年率6.0%~13.5%となっています。

楽天スーパービジネスローン エクスプレス

楽天スーパービジネスローン エクスプレス

楽天カードが展開している「楽天スーパービジネスローン エクスプレス」は、楽天市場への出店事業者だけが利用できる融資サービスです。

最短翌日の融資が可能ですが、借入限度額は最大500万円に限定されています。また、融資利率は年率8.5%~14.5%です。

楽天カードの決済代行システム「R-Card Plus(アールカードプラス)」の売上から借入額が返済されるトランザクションレンディングの仕組みは、他社と同様です。

弥生

弥生

弥生は、オリックスグループの会計ソフト開発・販売を行っている会社です。

やよいの青色申告や、弥生会計シリーズは業界No.1の会計ソフトとして知られています。

弥生は、オリックスや横浜銀行をはじめとする複数の金融機関と提携し、ALT株式会社を立ち上げオンラインレンディング事業に進出しています。

詳細については未定ですが、人工知能(AI)を活用した与信モデルし、中小企業や個人事業主への融資を行います。

与信判断の重要な要素となるのはもちろん、弥生会計オンラインのデータでしょう。弥生のデータを連携することで、日常の経営状況を判断し、融資可否を判断するトランザクションレンディング(データレンディング)です。

弥生では、2017年10月を目処に、弥生のオンラインサービスを利用している60万社を対象に、オンラインレンディングサービスを開始するとしています。

Coiney(コイニー)

コイニーエンジン

Coiney(コイニー)は、スマホやタブレットで簡単にクレジットカード決済を導入できるサービスを導入している会社です。

クレジットカード決済を通じて多くの取引状況を把握しているため、トランザクションレンディングとの親和性が高く

コイニーでは、トランザクションレンディング事業をはじめるにあたって、人工知能(AI)を使った与信モデル「コイニーエンジン」のプロトタイプを開発したと発表しています。

カード決済データを活用した融資サービスは、すでにコイニーの同業他社であるSquareが米国で実施しています。おそらく、Squareも近い将来日本でレンディング事業に参入してくると思います。

CAMPFIRE(キャンプファイア)

購入型クラウドファンディングで評判のCAMPFIRE(キャンプファイア)もレンディング事業に参入することを表明しています。

実際に融資事業に参入する意向も見せていますが、融資可否の判断が難しくても購入型クラウドファンディングの審査を人工知能によって自動化することは可能だと、代表の家入一真氏は語っています。

その他

売上から返済が行われるトランザクションレンディングの仕組みとは異なりますが、

といった通常のオンライン融資サービスも存在します。

フィンテックに関するその他の記事

「いいね」でビジネスに役立つ情報をお届けします

購読
RSSで購読
feedlyで購読
法人口座開設ができるネット銀行一覧