ネット銀行ビジネスデビットカードはどれがいい?メリット・デメリットを比較

B! pocket

ビジネスカード

ネット銀行法人口座を活用するメリットとして、スペックの高いビジネスデビットカードが使えるというものがあります。

デビットカードは審査も不要なので、起業してからすぐに使えるのも利点です。

今回は、ネット銀行ビジネス口座で使える3枚のデビットカードについて、それぞれメリット・デメリットをまとめます。

ネット銀行のビジネスデビットカードを比較

GMOあおぞらネット銀行 ビジネスデビットカード

Visaビジネスデビット

2018年に新しく開業したGMOあおぞらネット銀行は、前進となる「あおぞら信託銀行」とIT大手のGMOインターネットグループの協業によるネット銀行です。

後発だけあって手数料や金利面でのスペックが高く、中でも外貨預金手数料(米ドル:2銭)は業界でも最安水準となっています。

セキュリティもしっかりしており、専用の商品アプリや電子証明書の利用が可能で、ビジネスの精算で使う大きな資金でも安心して預けることが可能です。

GMOあおぞらネット銀行は、他社と同様に「VISAビジネスデビットカード」を提供しています。

法人向けのビジネスデビットカードでは、利用金額の1%がキャッシュバックされます。

また、GMOあおぞらネット銀行のデビットカードは、補償内容が手厚いことでも評判です。

例えば、楽天銀行JCBデビットカードは、還元率が最も高いカードですが、年会費が有料で、また補償が付いていないという点で物足りなさがあります。

一方、GMOあおぞらネット銀行のVISAデビットカードでは、法人向けでは補償額も最大1,000万円と非常に高く、中小企業の利用には十分耐えると思います。

私も早速GMOあおぞらネット銀行を使っているのですが、取引があるとメールで通知してくれるので、トラブルにも気づきやすいと感じています。

もちろん、デビットカードは年会費0円、キャッシュカード一体型で使えるので安心です。

メリット

  • デビットカード利用額に対して1%をキャッシュバック
  • 年会費無料・キャッシュカード一体型
  • 最大1,000万円の手厚い補償で安心

デメリット

  • 特になし

住信SBIネット銀行 法人向けデビットカード

Visaデビット付キャッシュカード(法人向け)

住信SBIネット銀行が発行している法人向けデビットカードは、年会費無料で使えキャッシュカード一体型となっているので、利便性は非常に高いです。

VISAデビットカードなので、VISAマークのお店であればネット通販、リアル店舗ともに使用できます。

海外出張が多い経営者向けのメリットとなりますが、住信SBIネット銀行の外貨預金口座に入金している米ドルから直接支払いができたり、海外ATMで現地通貨を引き出せるといった海外向けのサービスも提供されています。

利用金額に応じてキャッシュバックも付いているのでお得感も大きいです。

メリット

  • デビットカード利用額に対して0.6%をキャッシュバック
  • キャッシュカード一体型で使える
  • 外貨預金口座から直接米ドル支払いが可能
  • 年会費は無料

デメリット

  • 特になし。ただしGMOあおぞらネット銀行のVISAデビットと比較して還元率が劣る

楽天銀行 ビジネスデビットカード

楽天銀行ビジネスデビットカード

楽天銀行はJCBブランドのビジネスデビットカードを展開しています。

JCBは主に国内で強みを発揮するカードブランドなので海外では若干弱いかもしれませんが、JCBマークのお店であればネットでも海外でも利用することが可能です。

楽天銀行のビジネスデビットカードの最大のメリットは、キャッシュバック還元率が1%とクレジットカード並に高いことです。

ただし、弱みとして、キャッシュカード一体型ではないことや、年会費がかかることなどがあげられます。年間10万円以上デビットカードを利用すれば、年会費の元が取れる計算です。

また、楽天銀行のJCBビジネスデビットカードには「補償」がありません。これは他のネット銀行ビジネスデビットカードと比べて特に大きなデメリットです。

盗難補償などが付いていないため、万が一のトラブルに対応できない可能性があります。

メリット

  • デビットカード利用額に対して1%をキャッシュバック

デメリット

  • キャッシュカードとデビットカードは一体型ではない
  • 年会費として1,000円+税が必要
  • 補償がついていない

ジャパンネット銀行 Visaデビットカード

ジャパンネット銀行 VISAデビットカード

住信SBIネット銀行は、デビット機能付きキャッシュカードの選択を任意にしています。

しかし、ジャパンネット銀行はすべてのキャッシュカードに強制的にVisaデビット機能を付けています。つまり、ジャパンネット銀行ビジネスアカウントに口座開設をした時点で、すべての方がVisaデビット機能を使えます。

ジャパンネット銀行のVisaデビットカードはキャッシュバック機能などはありません。しかし、キャッシュカード一体型なので年会費無料で使える他、個人事業主の方でも持つことができます

ジャパンネット銀行ビジネスアカウントは法人だけでなく、個人事業主でも口座開設できるので、個人事業の方でもビジネス用のデビットカードを使えるのがメリットです。

メリット

  • 個人事業でも発行可能
  • キャッシュカードとの一体型
  • 年会費は無料

デメリット

  • キャッシュバックなどの特典はなし

ビジネス決済でデビットカードを活用する

安心

最もバランスが取れているのは、GMOあおぞらネット銀行だと思います。年会費無料で使えるというのは大きいですし、キャッシュバックも付いています。

年会費がかかっても良いという方は、還元率が高い楽天銀行のJCBデビットもおすすめです。(ただしこちらは補償がありません)

個人事業主でも事業用の口座を作れるネット銀行は、GMOあおぞらネット銀行とジャパンネット銀行です。

ジャパンネット銀行のキャッシュカードにはすべてVisaデビット機能が搭載されているので、個人事業の方でも、事業用のデビットカードを持つことが可能です。

個人事業主がGMOあおぞらネット銀行のビジネス口座を作る場合は、まず最初に個人向けの口座開設を行います。

GMOあおぞらネット銀行 公式サイトはこちら

▼GMOあおぞらネット銀行の個人事業口座・法人口座の開設に必要な書類リストはこちら

ネット銀行デビットカードのその他の記事

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
26歳の時に右も左もわからない状態で個人事業主になりました。2年後、株式会社クートンを設立し、現在8期目です。「いい人」がたくさんいる世界の実現が目標です。「人の価値とはその人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる」 - アインシュタイン

より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

最後まで読んでいただきありがとうございました

0件のコメント

質問・コメントはこちら
個人事業主・フリーランス アンケート
ビジネスカード大全集
小さな個人店 キャッシュレス導入のメリット・デメリット