法人カードの審査に落ちてもVisaデビットなら与信審査不要で使えます

VISAデビット

ビジネスの現場ではなにかと支払回数が増えるため、法人カードを作っておくと便利です。

私自身も、会社を設立して真っ先に申込をしたのが、銀行口座開設と法人カードの申込でした。

しかし、会社設立直後の信用がない状態では、法人カードの審査に落ちることも多いです。会社を設立してすぐの中小零細企業に対しても法人カードを発行してくれる会社はあるのですが、やはり審査は厳し目に見られるのでしょう。

実際、私も何度か審査に落ちましたし、審査に通ると思っていて落ちてしまうと、時間のロスも大きいです。

いずれにしても、クレジットカード(特に法人カード)は与信の審査に時間がかかるため、発行までにそれなりの日数がかかります。

審査なしで使えるVisaデビットカード

創業

一方で、法人向けのVisaデビットカードは審査なしですぐに使えるので、事業をスタートしたばかりの経営者にもおすすめです。

実際、その利便性を狙って、最近はネット銀行法人口座を中心に、キャッシュカード一体型のVisaデビットを発行するところも増えています。

Visaデビットカードはクレジットカードの「VISA」が使えるお店なら、原則どこでも利用できます。コンビニなどの日常の場所ではもちろん、ネット通販や海外でも使えます。

デビットカードを使用するとすぐに、その利用額が銀行口座残高から引き落とされるので、申込にあたって審査は不要です。なぜなら、与信審査をしなくても「銀行口座残高=利用限度額」となるからです。

法人向けのVisaデビットカードがクレジットカードと同じように使えると知っておけば、法人口座の開設が終わってからすぐに、事業にカード決済を導入できます。

また、Visaデビットカードには第三者不正利用補償が付いているので、万が一デビットカードを紛失し、銀行口座に悪影響があっても、不正利用保険で補償してもらえるので安心して使えます。

ビジネスデビットカードを発行しているネット銀行

法人口座に対して、ビジネス用デビットカードを発行しているネット銀行は、現在3社あります。

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行は、すべてのキャッシュカードにVisaデビットカードが強制的に付けられています。

目立った機能はありませんが、年会費無料で使えること、そしてVisaデビット付きキャッシュカードを最も早く導入した実績があるので、安心感は大きいです。

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、利用金額の0.6%をキャッシュバックしてくれます。また、年会費無料でキャッシュカード一体型として使えるので、使いやすさ・メリットにおいてはNo.1だと思います。

また、継続課金の支払いにも対応している優れたVisaデビットカードです。

ちなみに、住信SBIネット銀行はVisaデビット機能の付いていない、普通のキャッシュカードを選ぶこともできます。

楽天銀行

楽天銀行

楽天銀行は、VISAではなくJCBデビットカードを発行しています。

キャッシュバック還元率が1%と最もお得なのですが、JCBビジネスデビットには年会費が1,000円+税必要となる他、キャッシュカード一体型ではないので、デビットカードとキャッシュカードを別々に持ち歩く必要があります。

また、VISAとJCBを比較した時に、使えるお店の数はVISAの方が多いので、こうしたデメリットの上に、高いキャッシュバック率があると考えることができます。

いずれの銀行も、口座開設手数料・維持費用は無料です。法人口座開設にあたって審査がありますが、会社設立後すぐに口座を持つことができます。

デビットカードにデメリットはないの?

デメリット

では、デビットカードにデメリットはないのか?という話しですが、私が考えるに2つのデメリットがあります。

1つめは、引き落とし口座の問題です。

クレジットカードはカード会社が発行しているので、引き落とし口座は原則として自由に選べます。例えば、三井住友ビジネスカードを使っていても、その請求金額をみずほ銀行法人口座で引き落としをすることは問題ありません。

しかし、デビットカードは銀行が発行しているので、原則として引き落とし口座はその銀行に限定されます。例えば、ジャパンネット銀行のキャッシュカード一体型Visaデビットカードの支払い口座として使えるのは、ジャパンネット銀行法人口座のみです。

つまり、積極的にVisaデビットカードを使う程、その銀行の引き落とし額が増えることとなり、メインバンク化していくということです。この点の柔軟性では法人カードに軍配が上がります。

2つめのデメリットは、定期支払ができないことです。

デビットカードは与信審査がないため、毎月継続的に発生する「携帯電話通信料、水道光熱費、保険料」のような固定費の支払いには対応していないことが多いです。

法人カードであれば、一度登録しておけばこうした毎月の自動支払いにも対応できます。

しかし、この問題はすでに住信SBIネット銀行が解決し始めています。住信SBIネット銀行のVisaデビットカードは、継続課金の支払いに対応していますし、今後他社もこの流れに続くと私は予想しています。

最後に

法人カードでは年会費無料で使える券種がかなり限られます。

その点も考慮すると、キャッシュカード一体型で年会費がかからずに持てるビジネス用のVisaデビットは、非常に活用メリットの大きい武器になるのではないでしょうか。

姉妹サイトの法人カードカタログもあわせてごらんください。

ビジネスデビットカードに関するその他の記事

「いいね」でビジネスに役立つ情報をお届けします

購読
法人口座開設ができるネット銀行一覧