スマホやタブレットで使えるPOSレジを比較、手数料が一番安いのは?

B! pocket

タブレット型のPOSレジ

昔は、お店を開業するとき必ず「POSレジ」が必要でした。

それ以前は現金の入出金を管理するだけの「キャッシュレジスター」が主流でしたが、POSレジの普及によって商品在庫のチェックや人気商品の分析までが可能となり、売上状況を手がかりとしてお店づくりを改善していくことが可能となりました。

しかし、POSレジは初期導入費用や月額費用のハードルが高く、開業したばかりの店舗オーナーにとっては痛い出費です。

そこで、iPadなどのタブレットやスマホをPOSレジとしてに使うことはできないか?という発想から、最近ではスマホ・タブレット型のPOSレジアプリが登場しています。

これらはいずれも安価に導入できるため、資金に余裕のない小規模店舗にもおすすめです。

また、スマホやタブレットは持ち運べるので移動販売の仕事をしている方でも導入しやすいのがメリットです。

デメリットとしては、高速なボタン入力ができないのでレジ打ちに時間がかかることです。レジで行列ができないような飲食店では、タブレット型のPOSレジを導入することで、大幅なコストダウンを実現できます。

人気のPOSレジを比較してみました

スマホやタブレットで使える人気のPOSレジを手数料や主な機能で比較してみました。

Airレジ(エアレジ)

Airレジ

  • 提供会社:株式会社リクルートライフスタイル
  • 初期費用:0円
  • 月額費用:0円

リクルートが運営するAirレジ(エアレジ)は、完全無料でスマホやタブレットをPOSレジにできるサービスです。無料ですべての機能が使える敷居の低さから、すでに38万アカウント以上が導入しています。

もちろん、オプションアイテムとして現金を管理するキャッシュドロワやレシートプリンタ、バーコードリーダーの導入も可能です。

また、同社の展開するクレジットカード決済システム「Airペイ」をはじめ、外部の様々なツールとの連携も可能。

Airレジがなぜ無料提供できているのかを調べてみると、将来的にはオプションメニューを有料で提供していく方針とのことでした。

とは言っても、現時点で基本機能はすべて使えるわけですから、POSレジアプリとしては非常に優れていると思います。

下記の動画は実際にAirレジを使って会計を行う方法です。このように誰でも簡単に操作できるのが、多くの方に利用されている理由なのかなと思います。

なお、iPhone・iPadでは利用できますが、エアレジはAndroid端末には対応していません

Airレジ 公式サイトはこちら

スマレジ

スマレジ

  • 提供会社:株式会社スマレジ
  • 初期費用:0円
  • 月額費用:無料~12,000円

クラウド型のPOSレジアプリ「スマレジ」は、株式会社スマレジという上場企業が提供するサービスです。

POSレジアプリの開発に特化している会社だけあって、圧倒的な機能性とサポート体制に優れています。

もちろん、現金管理のキャッシュドロワや、オーダーを取る時に使うモバイル端末との連携も行えます。周辺機器と連携することで、バーコードリーダーやレシートの印字も可能です。

様々な業種に対応できる体制を整えているので、汎用的なPOSレジアプリだと物足りない、かゆいところに手が届くPOSレジアプリが欲しいという方には特に適しています。

スマレジには、無料で使えるスタンダードプランをはじめ、5つのプランが用意されています。

無料プランでも、基本的なレジ機能に加え、在庫管理や売上分析機能の利用が可能です。

商品点数が1,000点以上を超える場合や、より詳細な損益管理、複数店舗の管理、そして会計ソフトとの連携を行う場合には、有料プランへのアップグレードが必要です。

有料プランでは、月額4,000円+税の「プレミアム」、そして月額7,000円+税の「プレミアムプラス」が人気です。

すでに6万以上の店舗がスマレジを利用しています。小規模なお店から、大規模なチェーン店に至るまで対応できるのがスマレジの強みです。

スマレジは、東京、横浜、名古屋、大阪、福岡にショールームを設けており、導入前に実機を体験した上で検討することが可能です。

なお、スマレジアプリが利用できるのはiPhone・iPadのみとなります。Androidは非対応です。

スマレジ 公式サイトはこちら

ユビレジ

ユビレジ

  • 提供会社:株式会社ユビレジ
  • 初期費用:0円
  • 月額費用:無料~9,300円

ユビレジには、初期費用・月額費用ともに0円の「無料プラン」があります。

しかし、無料プランは売上データの参照が過去72時間のみとなっていたり、売上レポートの閲覧ができないなどの制限があります。

その他には、ユビレジの基本機能を備えた「プレミアムプラン(月額5,600円)」や、iPhoneをオーダー端末に使えるハンディ機能を搭載した「飲食店向けプラン(月額9,300円)」、そして在庫管理機能を搭載した「小売店向けプラン(月額9,300円)」があります。

※いずれも税別

一般的な小規模店舗であれば、プレミアムプランで十分対応できると思います。

また、1~5年契約の長期契約を結ぶことで最大25%の割引を受けることができます

クレジットカード決済(楽天ペイや食べログPayなど)や顧客管理・売上管理機能も連携可能で、必要に応じてオプションサービスで様々な機能を追加できます。

ユビレジは手持ちのiPadがあればすぐに導入できますが、周辺機器として現金を管理するコンパクトレジスターやキャッシュドロワ、レシートプリンタなども購入できます。

なお、iPhone・Androidには対応していません。ユビレジが使えるのはiPadのみとなります。

ユビレジ 公式サイトはこちら

Padpos

Padpos

  • 提供会社:株式会社ビジコム
  • 初期費用:0円
  • 月額費用:無料~8,800円

POSレジアプリと言えば、iPhone・iPadを使うイメージがありますが、PadposはAndroid端末専用のアプリとして展開しています。

基本機能は無料で提供されますが、在庫管理やポイント管理機能を搭載した「Padpos Lite(月額1,900円)」、さらに1店舗5台まで接続可能な「Padpos(月額3,800円)」といった有料プランもあります。

他社と同じくレシートプリンタやキャッシュドロワといった周辺機器の販売も行っており、これだけですべてのレジ機能を安価に導入できます。

AndroidはiPhone・iPadよりも安いので、モバイル端末を含めたトータル費用でのコスト効果が大きい点も魅力です。

これまで取り上げてきたすべてのPOSレジアプリは、iPad(またはiPhone)のみに対応しています。PadposのようなAndroid対応のPOSレジアプリは非常に貴重な存在です。

Padpos 公式サイトはこちら

POSレジアプリは連携してこそ力を発揮する

POSレジアプリは、レジの導入コストを大幅に削減できるのがメリットです。しかし、本当の実力は外部の様々なアプリと連携できる高い拡張性です。

例えば、クレジットカード決済アプリを導入すれば、格安の決済手数料でクレジットカードシステムを導入できますし、顧客管理アプリを入れると、タブレット一台で顧客管理もできます。

会計アプリと連携すれば、レジの売上データが自動的に帳簿に反映されるので、帳簿付けの手間も削減できスマートな店舗運営を実現できるのです。

▼スマホを使ってすぐにクレジットカード支払いに対応できるSquare(スクエア)

▼スマホ決済(QRコード決済)の手数料比較はこちら

▼電子マネー、クレジットカード、QRコード決済など様々な支払い方法をまとめて導入できるAirペイ

人気No.1 Airレジのお申し込み(無料)

さらにコスト削減を実現

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
26歳の時に右も左もわからない状態で個人事業主になりました。2年後、株式会社クートンを設立し、現在に至ります。「いい人」がたくさんいる世界の実現が目標です。「人の価値とはその人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる」 - アインシュタイン

より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

最後まで読んでいただきありがとうございました

0件のコメント

質問・コメントはこちら
個人事業主・フリーランス アンケート
ビジネスカード大全集
小さな個人店 キャッシュレス導入のメリット・デメリット