スマホで決済!楽天ペイを店舗に導入すると集客と売上はなぜ上がるの?

楽天ペイ

楽天ペイなら、お店側はバーコードを表示し、お客さんはバーコードを読み取るだけで支払いが完了します。

楽天といえばインターネットショッピングの「楽天市場」が有名ですが、最近はリアル店舗向けの決済サービスも積極的に展開しています。

楽天の決済サービスの名称は「楽天ペイ」と呼ばれ、スマホがあればお店側もすぐにクレジットカード決済が導入できるのがメリットです。

また、業界最低水準のカード決済手数料を導入しているため、コスト削減にもつながります。

店舗側の楽天ペイの導入メリットは?

楽天ペイ

お店側が楽天ペイを導入するメリットはたくさんあります。

1つめは「楽天ペイで支払いたい顧客ニーズに応えられる」ことです。

楽天ペイは顧客側に対して大きな利用メリットを提供しています。

スマホで支払いができることはもちろんですが、楽天ペイで支払うと0.5%の楽天スーパーポイントが貯まり、さらに登録クレジットカードに楽天カードを使うと1.0%のポイントが貯まります。

つまり、顧客側は楽天ペイで支払いをすることで1.5%のポイント還元が受けられるため、「楽天ペイで支払いたい」という動機があります。ちなみに、顧客側に付与されるポイントは楽天負担なので安心です。

私も個人的に楽天スーパーポイントが結構貯まっている状態なので、もし楽天ペイを導入しているお店があれば、積極的に楽天ペイで支払いたいと考えます。

2つめのメリットは「決済手数料が業界最低水準の3.24%である」ことです。

楽天ペイの決済手数料は3.24%となっています。しかし、ダイナースクラブなどの一部のカードブランドは、決済手数料が3.74%です。

ここで、楽天ペイ(アプリ決済)を導入しておくと、前述の顧客メリットが働くため、顧客は積極的にVISAやMasterCardで支払いをしてくれるようになります。

VISA・MasterCard・楽天カードでの決済であれば、決済手数料は3.24%で済むので、カード決済手数料の削減に貢献します。

もちろん、現金支払にしてもらえば3%+税の決済手数料が不要となりますが、その分顧客の利便性は小さくなってしまいます。

クレジットカード決済の導入メリットだけでなく、「顧客側にも1.5%のポイント還元がある」という隠れたメリットまで考えると、楽天ペイを導入することで、売上アップ・集客効果の向上が期待できます。

さらに、楽天ペイは2017年中に中国での利用者が多いモバイル決済「WeChat Pay」、そして中国最大のカードブランド「銀聯カード」に対応します。楽天ペイを導入しておけば、訪日客のニーズにも応えることができ、インバウンド需要も確実に取り込めます。

お店側が導入できる楽天ペイは2つある

楽天ペイは大きく分けて2つ存在します。どちらも決済手数料は同じです。

どちらの支払い方法にするかは顧客が選ぶことになるので、お店側としては両方の決済方式を用意しておくと安心です。

とはいっても、どちらの決済方式もすぐに導入できるので、知識がなくても手間はかかりません。

楽天ペイアプリ決済(QRペイ・セルフペイ)

楽天ペイアプリ決済

Visa・MasterCard・楽天カードのみ対応
決済手数料3.24%

楽天ペイアプリ決済は、もっとも簡単な支払手段です。

楽天ペイアプリ決済 店舗用」というスマホアプリをダウンロードするだけで使えます。

店舗側はスマホで専用のQRコードを発行し、顧客がそれを専用のアプリで読み取ります。これだけで支払いが完了します。この方法が、楽天ペイの「QRペイ」と呼ばれる方法です。

もう一つの「セルフペイ」は顧客に自分で支払いをしてもらう方法です。

店舗側は請求額を記載したレシートや伝票を渡します。顧客は楽天ペイから「セルフペイ」を選択し、金額を入力するだけで支払いが終わります。

もちろん、間違えて決済してしまってもスマホからすぐに取消手続きができるので安心です。

楽天ペイアプリ決済(QRペイ・セルフペイ)を使えば、支払いが瞬時に完了しますが、この方法は顧客側が楽天ペイを使っている必要があります

支払いの上限金額は10万円なので、幅広い業種に活用できると思います。

楽天ペイカード決済

楽天ペイカード決済

VISA・MasterCard・American Express、Saison
決済手数料:3.24%

Diners Club、Discover、JCB
決済手数料:3.74%

※楽天カード(JCBブランド)、JCBブランドでも決済手数料は3.24%です。

カードリーダー販売価格:9,800円(全額キャッシュバックで実質0円)

楽天ペイカード決済は、顧客側に対するクレジットカード決済システムのことです。

従来のような大規模なシステムではなく、スマホを使って簡単にクレジットカード決済を導入できます。

店舗側が用意するのは、専用のカードリーダーのみ。こちらは本来9,800円の商品ですが、現在は無料で配布されています。つまり、お店は初期費用0円でカード決済システムが使えるようになります。

このように、カードリーダーにクレジットカードを差し込んで、暗証番号を押してもらうだけで支払い完了です。

スマホアプリとカードリーダーは連携しているので、決済が完了すると明細はすぐにスマホに反映されます。

入金サイクルは最短翌日

スピード

クレジットカード決済を導入したことがある方だと、カード会社からの入金サイクルが気になりますよね

カード決済は、入金が翌月や翌々月になることも少なくありません。入金サイクルが遅くなることは資金繰りのマイナス要因となります。

しかし、楽天ペイであれば楽天銀行なら翌日に自動入金されます。楽天銀行を入金先に設定しておけば、365日対応でいつでも翌日の入金となります。もちろんこれはオプションではなく、追加費用は一切不要です。

また、入金先を楽天銀行以外の金融機関に設定していても、翌営業日には入金されます。

これも、楽天ペイの隠れたメリットです。

楽天ペイの公式サイトはこちら

こちらの記事もおすすめ

「いいね」でビジネスに役立つ情報をお届けします

購読
RSSで購読
feedlyで購読
法人口座開設ができるネット銀行一覧