スマホでクレジット決済を簡単に導入!カード決済手数料を比較してみた

スマホでクレジットカード決済

最近は、スマートフォンなどのモバイル端末を使ってクレジットカード決済システムを導入するお店が増えています。

昔は、クレジット決済の導入に大変な手間がかかっていましたが、今はiPhoneを始めとするスマートフォンのイヤフォンジャックに数千円のカードリーダーを挿入するだけで、誰でも簡単にカード決済が導入できます。

スマホのカード決済システムは反応が遅いのがデメリットですが、決済手数料は競争が激化しており日に日に引き下げられています。

反応が遅いのがデメリットですが、決済手数料の低さと手軽さは魅力的。もしカード支払いを導入すれば、売上アップにも貢献してくれるはずです。

種類によって決済方法は少し異なりますが、イメージとしてはこのような感じです。

スマホでできるクレジット決済サービスを比較

お手持ちのスマートフォンで手軽にクレジット決済が導入できるサービスを比較してみました。

レシートプリンタなどの外部機器を導入することで、紙のレシートを印字することも可能です。

いずれも、月額費用や初期費用は無料、やはり注目したいのは決済手数料です。

Square(スクエア)

Square

決済手数料:3.25%(カード番号を直接入力した場合は3.75%)
カードリーダー販売価格:4,980円(送料込)
対応ブランド:VISA・MasterCard・American Express

業界最安水準の決済手数料と最短翌営業日の入金で多くの店舗に導入されているSquare。Twitter創業者が開発したという背景からも、海外でも多くのお店が利用している実績があります。

ICクレジットカード対応でセキュリティの高さも抜群に高く、安心してカード決済が行えます。

楽天ペイ

楽天ペイ

決済手数料:3.24%(VISA・MasterCard・American Express、Saison)、3.74%(Diners Club、Discover、JCB)
カードリーダー販売価格:9,800円(全額キャッシュバックで実質0円)
対応ブランド:VISA・MasterCard・American Express・Saison・Diners Club、Discover、JCB

楽天が展開している楽天ペイは、業界最低水準の決済手数料と365日翌日自動入金(楽天銀行の場合)という驚異的なスペックの決済サービスです。

カードリーダーはICカード対応で、暗証番号入力ができます。また、9,800円のカードリーダー販売価格はキャッシュバックにより実質0円で導入することが可能です。

申込には審査が必要のため、営業許可証や古物小許可証など業種によって提出資料を用意する必要があります。

また、楽天カードによる決済に限り、JCBブランドでも3.24%の決済手数料となります。

楽天ペイの詳細記事はこちら

Coiney(コイニー)

Coiney(コイニー)

決済手数料:3.25%(VISA・MasterCard・American Express、Saison)、3.74%(Diners Club、Discover、JCB)
コイニーターミナル販売価格:19,800円(全額キャッシュバックで実質0円)
対応ブランド:VISA・MasterCard・American Express・Saison・Diners Club、Discover、JCB

日本のベンチャー企業が立ち上げたコイニーは圧倒的な決済手数料と豊富な対応ブランドで人気です。

売上の入金に10日~15日程度がかかるので、Squareと比較すると決済後の入金スピードは遅め。また、申込には審査が必要となるため、本人確認書類や営業許可証などの提出が必要です。

分割払いやリボ払いにも対応し、POSシステムとの連携も可能です。カード決済を行うコイニーターミナルは19,800円と高めですが、キャッシュバックにより実質0円で導入できます。

いかがでしたか?

今回は、リアル店舗で使えるクレジット決済サービスを紹介しました。

その他、PayPalやSpikeなどオンライン専用の決済サービスも多数存在しており、こう言ったサービスは特にネット通販サイト運営者にとって検討の価値があります。

また、ネット決済サービスの比較については、別の記事で紹介したいと思います。

情報は随時更新します。

さらにコストダウンするには

「いいね」でビジネスに役立つ情報をお届けします

購読
法人口座開設ができるネット銀行一覧