ジャパンネット銀行法人口座で審査落ちした時に考えたい3つのポイント

審査

ジャパンネット銀行の法人口座(ビジネスアカウント)の口座開設で審査に落ちる理由をまとめます。

事業をスタートさせる時、まず最初に行うのが口座開設です。個人事業主であれば個人名義の口座をそのまま使うことができますが、法人設立の場合は法人名義の口座を作らなくてはなりません。

しかし、ほんの少しのミスで法人口座開設の審査に落ちてしまうケースが後を経ちません。

かくいう私も、ジャパンネット銀行ビジネスアカウントの審査に何度も落ち、その理由を深く考えた経験があります。

ジャパンネット銀行法人口座の審査に通過するために

ジャパンネット銀行の法人口座に新規口座開設する際に気をつけたい3つのポイントを紹介します。

口座開設に必要な書類を準備する

チェックリスト

これは最低限のことですが、まずはビジネス口座開設に必要な書類を用意します。

法人の場合

  • 法人の本人確認書類(後述)
  • 取引担当者の本人確認書類(後述)
  • 提出書類のチェック表(確認を迅速に行うため)
  • 具体的な事業内容がわかるホームページ

法人の本人確認書類とは
履歴事項全部証明書(登記簿謄本)、法人の印鑑証明書の2点(いずれも発行日より3ヶ月以内)

取引担当者の本人確認書類とは
運転免許証やパスポート、健康保険証など。

具体的な事業内容がわかるホームページ」ですが、

  • 会社設立後6ヶ月以上が経過 → ホームページのURLのみを提示
  • 会社設立後6ヶ月未満 → 書類「A」を提出
  • ホームページを持っていない → 書類「A」と「B」を提出

となります。開業してすぐの口座開設は、少なくとも書類「A」は追加で提出する必要があります。

書類「A」とは(いずれか1点)
法人設立届出書、青色申告承認申請書、確定申告書の控え(税務署の受付印があるもの)
国税や地方税の領収書または納税証明書
現在事項証明書の原本(発行より3ヶ月以内)
事務所の建物賃貸借契約書のコピー

書類「B」とは(いずれか1点)
会社案内(事業が明確にわかるパンフレット等)
行政機関が発行した許認可証(許認可が必要な事業の場合)

個人事業主(営業性個人)の場合

  • 本人確認書類(運転免許証やパスポート、健康保険証など)
  • 提出書類のチェック表(確認を迅速に行うため)
  • 具体的な事業内容がわかるホームページ

事業所の住所ではなく、個人事業主の場合は本人の自宅住所で申込をします。本人確認書類と自宅住所に相違がある場合は、納税証明書や公共料金の領収書など、お住まいの場所がわかるものを添付します。

具体的な事業内容がわかるホームページ」ですが、

  • 事業開始後6ヶ月以上が経過 → ホームページのURLのみを提示
  • 事業開始後6ヶ月未満 → 書類「A」を提出
  • ホームページを持っていない → 書類「A」と「B」を提出

となります。開業してすぐの口座開設は、少なくとも書類「A」は追加で提出する必要があります。

書類「A」とは(いずれか1点)
個人事業開業届出書、青色申告承認申請書、確定申告書の控え(税務署の受付印があるもの)
国税や地方税の領収書または納税証明書(発行より3ヶ月以内)
個人事業開始申告書の控え(税務署や役場等の受付印があるもの)

書類「B」とは(いずれか1点)
会社案内(事業が明確にわかるパンフレット等)
行政機関が発行した許認可証(許認可が必要な事業の場合)

いずれも、有効期限がわかる状態のものを提出するのが原則です。

提出書類がやたらと多いのですが、これはジャパンネット銀行に限らず他の銀行でも同じです。

最近、反社会勢力や振り込め詐欺といった用途にビジネス口座が悪用されるケースが増えており、金融機関の口座開設のハードルは年々高まっています。

事業をスタートする上での最初の試練だと思って、一つずつ漏れなくチェックしましょう。一度口座開設しておけばその後は楽です。

具体的な業務を伝えるのがポイント

業務

私が思うに、ジャパンネット銀行ビジネス口座の審査は、

をするのが、審査通過のポイントだと考えています。

上記2点を伝える方法としては「ホームページ上」や「会社説明資料・パンフレット」など何でも良いです。

ただし、その内容を具体的に説明し、かつ本当にそれをやっているという証明ができなければ、審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。

例えば、カフェを経営する場合、ホームページに会社概要、事業内容「女性向けのオーガニック食材を活用した飲食店の運営」などと書いいても情報が足りません。

なぜなら上記の文章では、どのような事業をやっているか?はわかっても本当にその事業が行われているかという証明にはなっていないからです。(詐欺師になったつもりで考えてみてください。文章だけなら誰でも嘘が書けてしまいますよね)

そこで、カフェをやるならそのお店の店舗写真やメニュー表の写真、カフェの公式サイトURLなどを掲載します。こうすることで、その事業が本当に行われているという信ぴょう性が高まるので、審査に通りやすくなります。

添付書類を増やす

書類

基本的には案内されている添付書類のみを準備すれば問題ありません。

しかし、審査に通らない場合は他の銀行の取引明細を添付するなど、とにかくマジメに事業をやっていることをアピールできるような書類を添付します。

もし審査に落ちてしまった場合は、漏れがないか上記をもう一度確認し、2度・3度と申請をすればいつかかならず口座開設できます。

審査落ちの理由は教えてもらえない

もし審査に通らなくても、審査落ちの理由は教えてもらえません。ジャパンネット銀行の場合、理由を聞いても「総合的判断」とだけ言われてしまいます。(経験上)

ちなみに私は2回審査に落ちてしまい、3回目でようやく法人口座を開設できました。

口座開設のハードルは高いのは事実ですが、設立して間もない会社でも口座開設はできるので、諦めずに何度もチャレンジしてみてください。

法人口座開設の審査に関する記事

「いいね」でビジネスに役立つ情報をお届けします

購読
法人口座開設ができるネット銀行一覧