メガバンクの法人口座開設時の審査はなぜ年々難しくなっているのか

口座開設の審査

会社を設立したらまず最初に行うこと、それは法人名義の銀行口座の開設です。

例え現金商売をする方でも、銀行口座がなければビジネスはスタートしません。

しかし、法人口座の開設は年々難しくなっていることをご存知でしょうか?

銀行は資金調達などで将来的にお世話になる可能性が高いです。下記のことを理解しておかないと、口座開設の審査に落ちてしまい、しょっぱなから銀行の印象を損ねてしまうかもしれません。

法人口座の審査に通りにくくなった理由

反社会的勢力

法人口座開設の審査が年々厳しくなっている理由は、反社会勢力や振り込め詐欺に利用されるのを防ぐためです。銀行さんの姿勢をみていると、そういった怪しい口座開設が非常に多いのだと思います。

反社会的勢力や振り込め詐欺集団と取引があったり、融資などをしていると銀行の信用問題にもかかわりますから、最初の口座開設の審査を徹底して行っているのです。

実際、私は会社設立時にいくつかの失敗を経験しています。その時の内容をまとめます。

事業所に近い場所で口座開設すること

メガバンクなどは全国に支店があります。しかし、会社の所在地に一番近い支店でしか口座開設はできません

このように考える人もいると思います。

私自身、会社設立当時は兵庫県に住んでいたのですが、将来的に大阪に引っ越す予定があったので、大阪の支店に口座開設を申込に行きました。しかし結果は門前払いでした。(ちなみにメガバンクです)

このような結果になってしまうと無駄足なので、会社の住所から一番近くの支店に口座を申込に行くことをおすすめします。実際、融資の相談などをすることを考えても、事務所から銀行の窓口までは近い方が良いと思います。

提出資料はとても多い

法人口座の開設は、私が会社を設立した時と比べても随分と提出資料が増えました

登記簿謄本や印鑑証明書はもちろん、会社のホームページを印刷したものなど、後から追加資料を求められることも多いです。

一応、法人口座の開設に必要な書類は銀行の公式サイトに記載されているのですが、追加で書類が必要になると何往復かしなくてはなりません。

会社を作って一番忙しい時期、ましては一日も早く銀行口座を作ってビジネスをスタートさせたいという気持ちはありますが、多くの経営者がここで出鼻をくじかれると思います。「銀行の口座開設が完了するまでに何ができるか?」を考えておくと、時間を無駄にせず済むのでおすすめです。

金融業の審査は厳しく見られやすい

特に、定款に「金融業」が記載されていると審査が厳しくなります

私の場合、法人名義でも株式投資をする予定があったので、定款に「有価証券投資業務」と書いていました。(余資を運用するぐらいであれば、定款にこれは記載しなくても良いと思います)

どうやらこれが引っかかったらしく、余計に審査時間を要してしまったようです。

有価証券投資や貸金業といった金融業は、銀行が融資した資金が焦げ付いてしまって回収できないリスクが高くなります。また、「転貸」と言ってA社に融資したお金が、「有価証券投資や貸付金」などの名目で反社会的勢力であるB社に横流しされてしまう可能性も考えられます。

こうした理由から、金融業に対する審査の目が厳しくなっているのだと思います。

ネット銀行は口座開設しやすい

ネット銀行の口座開設

会社を設立してすぐに法人口座が必要な場合は、ネット銀行や信用金庫など大手ではない銀行の口座から申し込むことをおすすめします。

最初からメガバンクの口座を作ることもできるのですが、上記の理由から時間がかかってしまうことが多いです。しかし、ネット銀行ならWEBと郵送を中心とした申込で口座開設ができます。また、信用金庫も口座開設は早めだと思います。

そしてある程度、会社運営の実績を作ってからメガバンクなどの口座を作った方が、スムーズに進みます。

私は、一番最初にジャパンネット銀行のビジネス口座を作りました。本当に事業をやっているか証明する書類を求められたので少し引っかかりましたが、法人設立後すぐでも口座が持てます。

また、当時は住信SBIネット銀行も簡単に口座開設ができたのですが、現在は「他の銀行の法人口座を持っていないと口座を作れない」ことになっているので、一番最初の銀行口座としては避ける必要があります。

ネット銀行以外でおすすめなのは、ゆうちょ銀行の法人口座です。提出書類が尋常ではないほど多いので、事前準備はきちんと行う必要がありますが、追加の提出書類などもなく、法人口座を作ることができました。

法人口座開設に役立つ記事

「いいね」でビジネスに役立つ情報をお届けします

購読
法人口座開設ができるネット銀行一覧