イオン銀行法人口座は万全のセキュリティでスマホでも取引可能

イオン銀行

イオン銀行法人口座は、法人向けインターネットバンキング「イオン銀行ビジネスネットサービス」という名前でサービス展開しています。

楽天銀行ジャパンネット銀行が個人向けのサービスをそのままビジネス向けに提供しているのに対し、イオン銀行の法人口座はは個人口座とはまったく別物と考えた方が良さそうです。

どちらかと言えば、ネット専業銀行というよりも従来の普通銀行のネットバンキングに近く、月額利用料が必要です。

イオン銀行ビジネスネットサービスは個人事業主の方でも申し込めます

イオン銀行法人口座は何がすごいのか

イオン銀行法人口座が持つ特徴や、中小企業での活用メリットを紹介します。

電子証明書付きの強固なセキュリティ

セキュリティ

イオン銀行法人口座の最大の特徴は高いセキュリティシステムを導入していることです。

数多くのセキュリティを導入することで、売上規模が大きい中小企業であっても、安心してイオン銀行法人口座を選ぶことができます。

特に評価できるのは電子認証方式のログインです。イオン銀行法人口座では、電子証明書をインストールしたパソコンからしかログインできません。ネット銀行法人口座でも、電子証明書が使える銀行はわずかです。

ただし、電子証明書はセキュリティが高まる反面、特定のパソコンからしかネットバンキングが利用できないため、利便性が下がるデメリットもあります。もちろん、電子証明書を使いたくない場合は、ID・パスワード・ワンタイムパスワードだけでの申込もできます。

取引実行前にはワンタイムパスワードの入力が必要です。

仮に、ID・パスワード・電子証明書などがすべて不正利用されログインされてしまっても、取引を行う前には「その時だけしか使えない使い捨てパスワード」の入力が必要となります。

ワンタイムパスワードが生成されるのは、あなたのネットバンキングと結びつけた携帯・スマホアプリなので、登録したスマホを持っていなければ取引ができない仕組みとなっています。

万が一ワンタイムパスワードも破られて不正送金が行われてしまっても、取引ごとに取引があったことを知らせるメールが届くようになっています。記憶にない取引完了メールが送られてきたら、不正利用にすぐ気づくことができるので、被害を最小限に留められます。

その他、普段と異なる環境(例えば海外から)からアクセスした場合に合言葉を求めたり、ログインパスワードや取引暗証番号を何度か間違えると自動的にロックがかかる仕組みもあります。

ここまで高いセキュリティレベルがあれば、安心してネットバンキングが利用できますね。

中小企業向け融資も受けられる

融資の相談

イオン銀行法人口座のメリットとして法人向けの融資サービスがあることがあげられます。

ネット銀行の多くは融資に対応していないので、融資を希望する場合は従来の普通銀行との関係を築かなくてはなりませんでした。

しかし、イオン銀行は全国7ヶ所に法人の営業拠点があるため、審査次第で融資を受けられる可能性があります。

ただし、いずれの場合もイオン銀行の営業担当者と面談する必要があり、ネット完結で資金調達できるわけではありません。

イオン銀行の法人向け融資サービス

ビジネスローン
申込には決算書や登記簿謄本などの提出が必要です。イオン銀行の営業担当者と面談をした後に融資審査が行われます。

アグリローン
農業を手掛ける方や農業法人向けのローンです。運転資金や設備資金を最大6,000万円まで調達できます。(返済期間は最大7年)

利用条件は、「認定農業者」「直近1年の農業売上高200万円以上(法人は1,000万円以上)」「農業所得(売上)が総所得の過半数である」のいずれかの条件を満たしていることです。

また、3年以上(3期分の決算)農業をやっている方に限定されます。

イオン銀行のアグリローンは無担保・無保証で利用できます。

また、事業融資の他にカードローンも使えます。いずれにしてもネット完結ができないので、営業担当者と連絡を取り合って話を進めていく必要があります。

イオン銀行あての振込手数料は0円

無料

イオン銀行法人口座では、イオン銀行間の振込手数料が0円というメリットがあります。

ビジネス口座の場合、同じ銀行間でも振込手数料が発生するケースがほとんどなので、イオン銀行のように無料にしているしているところは少ないです。

ただし、他行あて振込手数料は他のネット銀行と比較して高めなのと、月額手数料が必要である点はデメリットです。

他行あて振込手数料は、

となっています。
三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行といった大手銀行のビジネスネットバンキングと比べると半分ぐらいの振込手数料なので安いです。

月額利用料は2,000円+税です。こちらも大手銀行では同額の費用がかかるので、イオン銀行が特に高いわけではありません。

ただし、ジャパンネット銀行や楽天銀行といったネット専業銀行は、月額利用料が無料、振込手数料はイオン銀行よりもさらに半分程度と非常に安くなっているので、他社ネット銀行との競争力という点では見劣りします。

最も、電子証明書が使えるなど他社ネット銀行を上回る強みもあります。

利用できるビジネスサービス

ビジネス

24時間スマホからでも利用可能

イオン銀行ビジネスネットサービスは原則として24時間いつでも使えます。(毎週月曜日の深夜やGW・年始など一部のメンテナンス時間は使えません)

原則としてパソコンでの取引となるため、パソコンからであればすべての操作が可能です、

また、スマホでも5つの操作を実行できます。

スマホでも取引内容を確認したり、振込操作ができるので便利です。「承認」は振込などの実行権限を権限を持たないユーザーが取引を要望した時に、本当にその取引を実行してよいかどうか事前に確認し「承認」できる仕組みです。

例えば、代表者の方が出先にいてもスマホから遠隔で承認ができるので、ビジネスのスピードが上がります。

1つの口座を複数人で管理できる

イオン銀行法人口座には、1つのマスターユーザーと最大99人までの管理者ユーザーを登録できます。

マスターユーザーはすべての取引ができるアカウントのことで、経営代表者の方や経理担当のリーダーが持つのが普通です。

管理者ユーザーには利用者ごとに権限が付与できるので、経理担当の従業員や会計時に使ったり、営業担当が入金確認として取引明細を閲覧できるようにすることが可能です。

例えば、取引明細の閲覧だけができるユーザーや、振込ができるユーザー、また1日あたり5万円に限定して振込ができるユーザーなど、それぞれ個別に権限を設定できます。

イオン銀行に口座開設するには

イオン銀行ビジネスネットサービスへの口座開設は、まず最初に全国7ヶ所の法人拠点に連絡をして申込書を取り寄せる必要があります。

人気のネット銀行法人口座

「いいね」でビジネスに役立つ情報をお届けします

購読
法人口座開設ができるネット銀行一覧