ネット銀行法人口座の定期預金金利はどこが高いか調べてみた

定期預金の比較

ネット銀行は金利面で大手銀行よりもメリットがあります。なぜなら、リアル店舗を持たないことで人件費や店舗運営費用が削減できるからです。

その分を金利や手数料という形で顧客に還元できるので、法人口座においても定期預金金利が高いです。

今回は、ネット銀行法人口座の定期預金金利を比較してみたいと思います。

ネット銀行法人口座の定期預金金利ランキング

ランキング

法人口座ではどのネット銀行の定期預金が最もお得なのか。また大手銀行と比較した時の差はどれくらいかをまとめます。

ちなみに、定期預金は普通預金と合算してペイオフ(預金保険制度)の対象となるため、法人口座でも1,000万円までは資産が保護されますので、ネット銀行は倒産してしまうのではないか?といった不安を感じている経営者の方でも、安心してネット銀行の定期預金を使うことができます。

表記金利は記事執筆時点(2016年8月23日)となります。最新の金利は毎月変更となりますので、公式サイトでご確認ください。

※セブン銀行法人口座は定期預金を提供していません。

1位:オリックス銀行

オリックス銀行

定期預金では圧倒的に優位性のあるオリックス銀行。

個人向け口座では定期預金金利の高さが評判でオリックス銀行を支持している方も多いのですが、その金利の高さは法人口座にも反映されています。

オリックス銀行の法人eダイレクト定期預金は、満期が最長2年間とやや短めとなっているのがデメリットですが、それでも他社の10年満期の定期預金に相当するほどの高金利となっているのが特徴。

提携ATMが存在しないオリックス銀行は、他行からの振込によって入金をし、出金をする場合は他行への振込(毎月2回まで振込手数料無料)という形をとる特殊なネット銀行です。あくまでも、定期預金やローンなどのサービスを使うための銀行という位置づけです。

とにかく競争力のある定期預金金利を提供しているので、法人口座で金利が高い銀行を探している方はオリックス銀行はかなりおすすめできます。

なお、預金金額が5,000万円以上となる場合は個別相談で金利が決定するので、より金利が優遇される可能性もあります。(満期日の指定も相談可能です)

期間300万円以上1,000万円未満1,000万円以上
3ヶ月0.03%0.03%
6ヶ月0.04%0.04%
1年0.06%0.06%
2年0.06%0.06%

2位:ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行

楽天銀行や住信SBIネット銀行とともに法人口座に力を入れているのがジャパンネット銀行です。「ビジネスアカウント」として、法人だけでなく個人事業主の方でも屋号名付きの口座開設ができます。

ジャパンネット銀行の特徴は、ビジネス口座も個人向けの口座も預金金利が同じであることです。

最長10年間の定期預金が組めるので、長期の運用にも向いています。ジャパンネット銀行は100万円以上の預金から大口扱いとなるため、ビジネス口座の場合は少し入金するだけでも、金利優遇が受けられます。

また、普通預金などと合算しての預金残高が3,000万円を越えると「ジャパンネット銀行あてと他行あて合わせて毎月5回まで振込手数料が無料」という優遇サービスも提供しています。

条件付きではありますが、法人口座で他行あて振込手数料が0円となるのはジャパンネット銀行だけなので、非常にお得です。

期間100万円未満100万円以上
1ヶ月0.02%0.02%
3ヶ月0.02%0.02%
6ヶ月0.02%0.02%
1年0.02%0.02%
2年0.02%0.02%
3年0.02%0.02%
5年0.02%0.02%
7年0.02%0.02%
10年0.03%0.03%

3位:楽天銀行

楽天銀行

楽天銀行は最長で10年間の定期預金が利用できるのが特徴です。多くのネット銀行は定期預金の満期が最長5年となっていますが、楽天銀行であればより長期の定期で運用できます。

一方で、7日満期、2週間満期といった短期間の定期預金も存在するので、余剰資金の利用スケジュールに合わせて最適な期間の定期預金を選べるのがメリットです。

7日満期であれば、急に資金が必要になった場合でも、最長で1週間待てば満期で定期預金を解約できます。もちろん、定期預金は元本保証の商品なので、満期を待たずに解約しても、利息が減額されるのみで元金に影響はありません。

ちなみに、個人向け口座では人気の証券会社連携サービス「マネーブリッジ」は法人口座では使うことができません。

期間1,000万円未満1,000万円以上
7日0.01%0.01%
14日0.01%0.01%
1ヶ月0.01%0.01%
3ヶ月0.01%0.01%
6ヶ月0.01%0.01%
1年0.02%0.02%
2年0.02%0.02%
3年0.03%0.03%
5年0.04%0.04%
7年0.04%0.04%
10年0.06%0.06%

4位:住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行

スマート認証アプリによる抜群のセキュリティが評判の住信SBIネット銀行は最長5年間の定期預金が組めます。

住信SBIネット銀行とSBI証券を連携することで金利優遇が受けられる「SBIハイブリッド預金」は法人口座でも利用できます。しかし最近はSBIハイブリッド預金への魅力が薄れてきていることもあり、メリットはあまり感じられません。

住信SBIネット銀行は楽天銀行とともに業界最安水準の他行あて振込手数料を実現しています。振込手数料の削減によるコストダウンが期待できるので、メインバンクとしても十分活用できる人気のネット銀行です。

期間100万円未満100万円以上300万円以上1,000万円以上3,000万円以上
1ヶ月0.02%0.02%0.02%0.02%0.02%
2ヶ月0.02%0.02%0.02%0.02%0.02%
3ヶ月0.02%0.02%0.02%0.02%0.02%
6ヶ月0.02%0.02%0.02%0.02%0.02%
1年0.02%0.02%0.02%0.02%0.02%
2年0.02%0.02%0.02%0.02%0.02%
3年0.02%0.02%0.02%0.02%0.02%
4年0.02%0.02%0.02%0.02%0.02%
5年0.02%0.02%0.02%0.02%0.02%

5位:イオン銀行

イオン銀行

イオン銀行のビジネス口座は、あまり目立った動きは見せていないものの、事業融資や電子証明書を用いた安全なインターネットバンキングなど、基本機能を提供しています。

ビジネス口座はネットからの口座開設ができず、WEB申込をして担当者ベースで口座開設の手続きを行うことになります。また、法人だけでなく個人事業主でもイオン銀行のビジネス口座を作ることが可能です。

金利優遇は300万未満、300万円以上1,000万円未満、1,000万円以上の3段階に分かれます。

期間300万円未満300万円以上1,000万円以上
1ヶ月0.01%0.01%0.01%
3ヶ月0.01%0.01%0.01%
6ヶ月0.01%0.01%0.01%
1年0.01%0.01%0.01%
2年0.01%0.01%0.02%
3年0.01%0.01%0.02%
4年0.01%0.01%0.02%
5年0.01%0.01%0.03%

メガバンクとネット銀行の定期預金金利を比較

大企業

では、ネット銀行とメガバンク・大手銀行の定期預金金利はどちらが優れているのか。比べてみると、ネット銀行の方が圧倒的な高金利であることがわかります。

三菱東京UFJ銀行 スーパー定期預金

期間300万円未満300万円以上
1ヶ月0.01%0.01%
2ヶ月0.01%0.01%
3ヶ月0.01%0.01%
6ヶ月0.01%0.01%
1年0.01%0.01%
2年0.01%0.01%
3年0.01%0.01%
4年0.01%0.01%
5年0.01%0.01%
6年0.01%0.01%
7年0.01%0.01%
8年0.01%0.01%
9年0.01%0.01%
10年0.01%0.01%

三井住友銀行 定期預金

期間300万円未満300万円以上1,000万円以上
1ヶ月0.01%0.01%0.01%
2ヶ月0.01%0.01%0.01%
3ヶ月0.01%0.01%0.01%
6ヶ月0.01%0.01%0.01%
1年0.01%0.01%0.01%
2年0.01%0.01%0.01%
3年0.01%0.01%0.01%
4年0.01%0.01%0.01%
5年0.01%0.01%0.01%
7年0.01%0.01%0.01%
10年0.01%0.01%0.01%

みずほ銀行 スーパー定期

期間300万円未満300万円以上1,000万円以上
1ヶ月0.01%0.01%0.01%
2ヶ月0.01%0.01%0.01%
3ヶ月0.01%0.01%0.01%
6ヶ月0.01%0.01%0.01%
1年0.01%0.01%0.01%
2年0.01%0.01%0.01%
3年0.01%0.01%0.01%
4年0.01%0.01%0.01%
5年0.01%0.01%0.01%
7年0.01%0.01%0.01%
10年0.01%0.01%0.01%

大手銀行の金利がほとんど期待できない中、一部のネット銀行は大手の数倍も高い定期預金金利を提供しているのが現状です。

法人口座をさらに比較する

「いいね」でビジネスに役立つ情報をお届けします

購読
法人口座開設ができるネット銀行一覧