他行宛て振込手数料無料のネット銀行法人口座を作る方法

無料

ネット銀行の個人口座は他行あて振込手数料が無料となるケースも多いです。しかし、法人口座になると「振込手数料無料回数」のようなものは定められておらず、1回目から手数料がかかります。

しかし、振込手数料は直接的には利益に繋がらない経費ですから、できることなら少しでも低くしたいですよね。

法人口座ネットバンキングの振込手数料比較!ネット銀行で60%コストダウンという記事でもまとめているのですが、メガバンクや地方銀行のネットバンキングを利用するよりも、ネット専業銀行の方が圧倒的に振込手数料がお得です。

1回あたりの振込手数料で約65%、メガバンク・地方銀行特有の「ネットバンキング月額利用料」を加味した現実的なシミュレーションでは、ネット専業銀行は実に87%以上のコスト削減を可能にします。

しかしそれでも、他行あて振込手数料無料のサービスを提供している法人口座は見当たりませんでした。

ジャパンネット銀行なら条件次第で振込手数料が無料に

ジャパンネット銀行

探してみたところ、唯一ジャパンネット銀行が法人口座の他行あて振込手数料を無料にするサービスを実施していました。と言っても、やや高めの条件付きです。

振込手数料の優遇
ジャパンネット銀行あてと他行あて合わせて毎月5回まで無料(6回目以降は通常どおり、リンク決済、WEB総振、提携ATMからの振込は対象外)

適用条件
前月の預金平均残高(円普通預金、円定期預金)が3,000万円以上

つまり、普通預金でも定期預金でも良いので、ジャパンネット銀行に3,000万円を預ければ毎月5回まで他行あて振込手数料が無料となります。

3,000万円というハードルは中小企業や個人事業主にとっては非常に厳しい条件だと思いますが、ジャパンネットの定期預金は金利が高めなので、定期預金での運用も含めて、この特典を享受できないか考えてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、ネット銀行法人口座の他行あて振込手数料を比較すると以下のようになります。

銀行名振込手数料(3万円未満)振込手数料(3万円以上)
ジャパンネット銀行160円250円
住信SBIネット銀行153円239円
楽天銀行153円239円

※いずれも税抜

住信SBIネット銀行と楽天銀行が同一で業界最安の他行あて振込手数料を実現しており、ジャパンネット銀行は少し高めです。

WEB総合振込では月額手数料がかかる場合も

総合振込

会社によっては、一度に大量の振込先に送金する「総合振込サービス」の利用が必要になると思います。

ネット銀行でも「WEB総合振込サービス」を提供しており、データを入稿して一度の手続きで数千件に一斉送金することが可能です。

上記3つのネット銀行をWEB総合振込サービスで比較してみると以下のような特徴になります。

ジャパンネット銀行はWEB総合振込サービスの利用に月額1,000円+税がかかります。一度の手続きで最大3,000件に振込が可能です。

しかし、最大999件に送金できる「WEB一括振込機能」も用意されており、こちらは無料で利用できるので、1,000件未満への振込に対してはコストを気にする必要はありません。

楽天銀行は、最大3,000件に振込ができる総合振込サービスを無料で提供しています。総合振込に関しては、ネット銀行の中でも優位性があります。

住信SBIネット銀行は、総合振込サービスに月額3,000円+税の手数料がかかるため、やや高い印象を受けます。しかし、最大振込件数が9,999件となっている他、総合振込サービスに電子証明書が利用できるため、高機能なサービスを提供していることがわかります。

まとめると

ネット銀行法人口座でも、他行あて振込手数料を完全無料にすることはできません。

しかし、ジャパンネット銀行に3,000万円を預けると毎月5回までは他行あて振込手数料が無料となります。同様のサービスは他社は実施していません。

最も、ネット銀行はメガバンクや地方銀行と比較して振込手数料が圧倒的に安いので、このメリットを活かすだけでも大きくコストダウンできるはずです。

法人口座をもっと比較する

「いいね」でビジネスに役立つ情報をお届けします

購読
法人口座開設ができるネット銀行一覧