海外送金に必要な手数料を比較!一番低コストの法人口座は?

海外送金

海外送金には何かとコストがかかります。

積極的に海外展開している会社や輸入・輸出ビジネスを行っている事業者にとって、海外送金手数料を安くすることは大きな利益改善に直結します。

海外送金には大きく4つの手数料がかかります。

送金手数料
基本手数料です。

リフティングチャージ(円貨送金手数料)
円を外貨にして送金する時にかかる手数料なので、基本的には送金手数料と合わせて考えます。例えば、米ドルをアメリカに送金する場合は、リフティングチャージは発生しません。あくまでも日本円の送金にかかる手数料です。

海外中継銀行手数料
中継銀行に支払う手数料です。この費用は送金側・受取側のどちらか一方が負担するか選択できます。

受取銀行手数料
受取側が負担する手数料なので、送金をする際には気にしなくても良い費用です。ただし、自分が外貨を受け取る場合は、受取銀行手数料を負担することになります。

海外送金手数料が安いネット銀行ランキング

今回は、ネット銀行ビジネス口座で海外送金手数料が安い銀行をランキング形式でまとめました。

と言っても現時点で海外送金サービスを提供しているネット銀行法人口座は2社しかありませんでした。

1位:楽天銀行

楽天銀行

楽天銀行の法人口座は「海外送金に革命を!」というメッセージを掲げるほど、このサービスに力を入れています。よって、送金手数料は圧倒的に安いです。

リフティングチャージは他社との差別化が難しいのですが、送金手数料と中継銀行手数料で他社を大きくリードしており、200ヶ国以上に海外送金できます。

また、初期費用や月額利用料がかからないのも大きなメリットです。後述する住信SBIネット銀行では月額利用料がかかってしまうことを考えると、海外送金するなら楽天銀行が圧倒的No.1だと言っても間違いはありません。

楽天銀行のスペックを公式サイトで確認

2位:住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行の法人口座では、上記の手数料に加えて「月額費用2,500円」がかかります。海外送金をめったに利用しない場合でもランニングコストがかかってしまうのがデメリット。

リフティングチャージは他社と変わりませんが、「送金手数料+中継銀行手数料」で比較すると、楽天銀行の方が60%も安いです。

また、楽天銀行では外貨受取ができますが、住信SBIネット銀行は受取には対応していません。

メガバンクと比較してみるとその差に驚く

比較・比べる

楽天銀行の海外送金手数料が安いのはわかるのですが、かと言って住信SBIネット銀行が特別に高いわけではありません。

例えば三井住友銀行の法人口座の場合、

となっています。

送金手数料をすべて合算すると、楽天銀行が4,500円、三井住友銀行が9,000円となります。

これまで大手銀行で海外送金をしていた方は、ネット銀行に乗り換えることで50%のコスト削減を実現できます。海外送金の回数が多くなるほど年間コストは増大しますので、ネット銀行の活用メリットが出てきますね。

コスト削減に関するその他の記事

「いいね」でビジネスに役立つ情報をお届けします

購読
法人口座開設ができるネット銀行一覧