Amazon Businessのメリット、個人事業主・法人向けのアマゾンは何が違う?

B! pocket

Amazon Business

ネット通販大手のAmazonには、ビジネスアカウント「Amazon Business(アマゾンビジネス)」を展開しています。

法人価格や請求書払いが使える他、複数ユーザーの利用で社員それぞれが会社の備品を購入できる仕組みなど、ビジネスで使える機能が豊富です。

わかりやすく言うと、オフィス用品の通販で有名な「アスクル」に対抗したサービスとなります。

ビジネスアカウントは無料で利用できます。

ただし、アマゾンビジネスは、個人事業主・法人だけが使えるサービスです。(一般個人の方は登録できません)

私もよく利用しているAmazon。早速、ビジネスアカウントを試してみました。

この記事では、Amazonビジネスアカウントを使うメリット・デメリット、そして個人向けアカウントとの違いを解説します。

Amazon Businessのメリット

女性社員

Amazonビジネスアカウントのメリットをわかりやすく説明します。

個人的には、「単純に安い商品がある」ということ、そして「1品からでも送料無料で注文できる」ことにメリットを感じています。

ビジネスアカウントと個人アカウントは種類こそ違いますが、ビジネスアカウントでも「Amazonのスマホアプリ」は共通して使えます。

法人価格で安い商品がある

ドリルを使う男性

Amazonビジネスで買える商品と、個人アカウントで買える商品は同じです。

しかし、Amazonビジネスはオフィス用品の販売に力を入れており、一部の商品は個人アカウントよりも安い法人価格で買えます

  • 個人アカウントと価格が同じ
  • 個人アカウントよりも価格が安い

のどちらかなので、価格面で損することはありません

私の場合、新しいマウスパッドを1枚購入しようと考え、個人アカウントと法人アカウントで価格比較を行いました

すると、個人アカウントでは1枚197円だったものが、ビジネスアカウントでは「法人価格 152円」で買えました。

金額差は大きくありませんが、割引率に換算すると約30%も安く購入できたことになります。

また、ビジネスアカウントは「税抜き」「税込み」の2つの価格表記が行われているのも特徴です。

ビジネスアカウントは登録無料ですので、個人事業主・法人にとっては、「法人価格」で買えるだけでも、十分な利用メリットがあると思います。

また、Amazonによると一部の商品は一定数量をまとめ買いすることで価格が下がる「数量割引き」もあるとのこと。

もちろん、商品を選ぶ時はアマゾンでおなじみのユーザーレビューが閲覧できますので、商品の評価や評判を見ながら購入の意思決定が行なえます。

1品からでも送料無料

送料無料

実は、先ほどのマウスパッド(197円)は「あわせ買い商品」の対象なので、個人アカウントの場合、単品買いができません。

Amazon.co.jpでは、「あわせ買い商品」を買う場合、購入金額合計が2,000円以上でなければ購入できない決まりです。(あくまでも個人アカウントの場合)

しかし、Amazon Businessには「あわせ買い商品」がありません

先ほどのマウスパッドも、1品から、送料無料で、お急ぎ便で買えます。(お届け日時指定便も無料)

アマゾンでは、この特典を「ビジネスプライム配送特典」と呼んでいます。

ただし、公式サイトには「期間限定」と書かれており、将来的にこの特典は廃止もしくは有料化されるかもしれません。

とはいえ、Amazon Businessはまだ日本で始まったばかりですので、当面は無料のまま「1品から、送料無料で、お急ぎ便で買える」というビジネスプライム配送特典を活用できると思います。

Amazon Business 公式サイト

請求書払いが使える

PDFの請求書

Amazonビジネス限定特典として、請求書払いが使えます。

請求書払いを登録しておくと、Amazonビジネスで購入した商品代金を、1ヶ月まとめて後払いできます

支払い条件は「月末締め、翌月末払い」です。

ただし、請求書払いは無制限に行えるわけではなく、Amazon側で審査を行っており、企業(または個人事業主)によって、請求書払いの限度額が設けられます。

私の場合、Amazonビジネスに登録してから3日ほどして、Amazonから勝手にメールが届きました。(事前申込は不要です)

Amazon Businessをご利用頂きありがとうございます。
株式会社クートン様は、クレジットカード、代金引換などの支払い方法に加え、新たに請求書払いをご利用いただけます。

月末締翌月末払いのお支払い条件にて、 ¥◯◯◯ が、お支払いが完済するまでのご購入可能限度額となります(月当たりの購入可能限度額ではありませんのでご注意ください)。

請求書払いをご希望のお客様は、以下の設定をお願いいたします。

※株式会社クートンは当サイトを運営している私の会社です

経費の支払いを月末にまとめたい、後払いで資金繰りを改善したい、きちんとした請求書を発行して欲しいといった時に、Amazon Businessの請求書払いが使えます。

もちろん、これまで通りクレジットカード払いなども利用可能です。

▼個人事業主でも使えるビジネスクレジットカードの解説はこちらです

複数ユーザーで使えるので稟議書いらず

個人事業主

消耗品や備品の購入を組織で行いたい場合にも、Amazonビジネスは適しています。

1つのビジネスアカウントを使って、権限の違う複数ユーザーで商品購入ができるので、経費管理の効率化にも役立ちます。

つまり、社員それぞれが「経費で買える備品などを自由に購入できる」仕組みを簡単に構築できます。これまでのように「稟議書」などを作成する手間が省けます。

ユーザーごとに、発注上限金額(自由に使える予算)を設定できます。

また、購入確定前に決済管理者に承認メールが届き、管理者が購入OKを出したものだけ、正式に発注することも可能です。

また、社員が購入前の商品画面で簡単に「見積書」をダウンロードすることも可能です。

Amazonビジネスでの見積書の作り方
  1. 経費で買いたい商品をカートに入れる
  2. ショッピングカードのページに移動
  3. 画面右側にある「見積書」のダウンロードボタンをクリック

安全な体制でそれぞれの社員に予算を割り当てられるので、自由度が高まり、業務スピードが上がります。

ビジネス分析レポートで購買履歴を把握

棒グラフ

アマゾンビジネスでは、ビジネス分析レポートの閲覧ができます。

誰が、何を、いつ、どれくらい買ったのか?」という詳しい内容が、レポートでグラフィカルに分析できるようになっています。

特定のグループに分けて分析したり、ユーザーごとに購買履歴を見ることもできるので、経費の使いすぎ防止や、社員の不正利用にも役立ちます。

ダンボール箱が違う

Amazonビジネスのダンボール箱

Amazonビジネスで買い物をすると、ダンボールの表記が「Amazon」に変わります。

個人アカウントで注文
ダンボール箱には「Amazon.co.jp」と表記されている
ビジネスアカウントで注文
ダンボールの表記が「Amazon」に変わる。(米Amazon.comのロゴ)

これはメリットでもデメリットでもありません。

また、一時的なものであり今後変更になる可能性もありますが、現時点ではダンボールの表記が変わることは覚えておきましょう。

評判の良いアマゾンのダンボール箱が変わってしまうと、少し寂しい気もしますね。

申込は3分、登録には1営業日かかる

オペレーター

登録方法は簡単です。Amazonビジネスの公式サイトから「無料登録」するだけです。

登録時に、会社名などの事業所概要を入力する必要がありますが、申込み手続きは3分程度で完了します。

その後、アマゾン側で審査が行われますが、私の場合は1営業日で登録が完了しました。(公式サイトには、通常は3営業日以内で登録完了と書かれています)

アマゾンビジネスへの登録方法は2つあります。

新しくビジネスアカウントを発行する
個人用アカウントとビジネス用アカウントを分けて使います。こちらがおすすめ
個人用アカウントをビジネス用に変更する
これまで使っていた個人のアカウントをビジネスアカウントに引き継ぎます。

おすすめなのは、まったく新しい別アカウントととして「ビジネス用アカウント」を作る方法です。

これなら、これまで使っていた個人用のアカウントはそのままで、新しく会社用のアカウントでAmazon Businessが利用できます。

また、隠れたメリットとして「価格の比較ができる」ことがあります。

基本的に、個人で買えるものはビジネスでも買えますし、ビジネス用の方が価格は安いので、あくまでも「価格を比べてお得感を感じられる」というだけです。

また、すでに個人用アカウントで「Amazonプライム会員に入っている」場合も、こちらの登録方法がおすすめです。(詳しくは後述します)

個人用・ビジネス用のアカウントを別々で発行するには「別々のメールアドレス」が必要です。

ビジネスアカウントの登録が完了し、2つのAmazonアカウントを所有している状態でも、下記の方法で簡単に「アカウントの切り替え」ができます。

アマゾンアカウントの切り替え

個人アカウントの引き継ぎは慎重に

考える経営者

これまで使っていた個人用のアマゾンアカウントをビジネス用に切り替えることもできます。

過去のAmazon購入履歴が引き継げるのがメリットです。また、複数のアカウントを持つのが面倒な方には、こちら方が扱いやすいと思います。

しかし、こちらの方法はにはデメリットがあります。

実は、アマゾンビジネスには「プライム会員」がありません

お急ぎ便(ビジネスアカウントでは「ビジネスプライム配送特典」と呼びます)などは無料で使えますが、

  • Amazonプライムビデオ
  • Amazonプライムミュージック
  • AmazonプライムNow

などの、Amazonプライム会員特典の多くが無駄になってしまいます。

よって、すでにプライム会員に入会していた人が、同じメールアドレスでビジネスアカウント切り替える場合、必然的にプライム会員を解約することになります。

「お急ぎ便」を使うことが目的でプライム会員に入っていた人にとっては、こちらの方が都合が良いかもしれませんが、上記の理由から、多くの人にとっては「新しいビジネスアカウントを作る」方がメリットが大きいと思います。

また、注意点が1つ。Amazon公式サイトに以下のような記述があります。

ビジネスアカウントでは、Amazonプライムにご登録いただけません(※)。ただし、ビジネスアカウントではビジネスプライム配送特典(期間限定で無料)を利用できます。

これが意味することは、ビジネスプライム配送特典(お急ぎ便)は期間限定での無料であり、将来的に有料になる可能性があるということ。

この点だけは、今後Amazon Businessを使っていく上で気にしておく必要があります。

過去の購入履歴が見られないよう注意

注意

個人向けアカウントからビジネスアカウントに移行する方法を選んだ場合、もう一つ大きなデメリットがあります。

それは、過去の注文履歴が引き継がれてしまうため、ビジネスアカウントの管理者(全体の注文履歴を閲覧できる権限を持つ人)に、過去にAmazonで買った商品の内容を見られてしまうことです。

もし、あなただけがビジネスアカウント管理者であり、将来もそれが変わらないということであれば問題ありません。

しかし、将来的に特定の社員などが管理者になる場合、個人アカウントの切り替えでビジネスアカウントを作ると、過去の個人的な購買履歴が知られてしまいます。

こうしたデメリットも含めた上で、私としては「新しいメールアドレスでビジネス専用アカウントを作り、個人アカウントとは別々に管理する」方法をおすすめしたいと思います。

Amazonビジネスアカウントを元に戻すには?

戻す

個人アカウントをビジネスアカウントに引き継いだものの、あとからやっぱり個人アカウントに戻したいと思う方も多いと思います。

この場合、一度登録したAmazon Businessアカウントを個人用アカウントに戻すことができます。

私自身も、最初の登録をミスってしまい、個人・ビジネスで別アカウントを発行するつもりが、個人用アカウントをビジネス向けに移管してしまいました。

アカウントを元に戻す方法(解約方法)は簡単です。

アカウントを元に戻す方法
  1. 画面右側の「◯◯さん 株式会社◯◯のアカウント」から、「ビジネスアカウントの管理」を選びます。
  2. 「ビジネスアカウントの管理」ページ内にある「ビジネスアカウントの登録解除」リンクをクリックします
  3. ビジネスアカウントを解約すると、個人アカウントに移行します

解約手続きはすぐに完了します。

個人事業主は開業届の提出が必須

税務署

個人事業主がAmazon Businessに登録する場合は、下記の書類の提出が必要です。

提出書類(個人事業主のみ)
  • 開業届出書のコピー 1部
  • 過去2年以内の所得税青色申告決算書のコピー 1部
  • 過去2年以内の青色申告承認申請書のコピー 1部

※税務署の確認印が押されている必要があります。e-TAXで青色申告書を提出した場合は、受信通知のコピーも提出します。
決算数値やマイナンバーなどは隠してOKです。

一方、法人の場合は、特に必要な提出書類はありませんでした

おそらく、法人の場合は「実在している・していない」の確認が簡単にできるので、個人事業主の提出書類も「きちんと開業した個人事業主かどうか」を確認する目的で使用していると思われます。

業績を見たいわけではなく、事業者としての実在確認をしているわけですね。

なお、個人事業主でも「白色申告」を選んでいる場合は登録できません。(Amazonに確認したところ、青色申告が必須となるため、白色申告の個人事業主は登録の対象外との回答をいただきました)

▼青色申告と白色申告の違いは下記の記事で解説しています。

個人事業主・法人にとってメリット大

自営業

Amazonプライムと同じ「お急ぎ便・お届け日時指定便」が無料で使えること、通常よりも安い「法人価格」で買えること、そして「あわせ買い商品」がなく1品から注文できることが、Amazon Businessの大きなメリットです。

2017年6月末時点の情報によると、

  • アスクル:373万点
  • MonotaRO(モノタロウ):1,000万点
  • Amazonビジネス:2億点

と、取り扱い商品数ではAmazonビジネスが圧倒的にリードしています。

価格の高い・安いは商品によって異なってくると思いますが、無料でアカウントが発行できることからも、仕入先・備品購入先のひとつとして、Amazonビジネスの利用価値は大きいと思います。

Amazon Business 公式サイトはこちら

こちらの記事も読まれています

最後まで読んでいただきありがとうございました

0件のコメント

コメントを投稿する