【個人事業主にもおすすめ】高品質なビジネス名刺が格安で印刷できるサービス

名刺交換

自分で事業を始めると、取引先は自分の力で開拓していかなくてはなりません。

個人事業主・法人を含めて多くの方が様々な営業方法で取引先を見つけています。

しかし、「営業される側」は似たようなビジネス提案をいくつも受けているので、誰が誰だかわからなくなってしまうこと考えられます。飛び込みで営業していくる営業マンの顔をいちいち覚えている人は少ないですからね。

名刺は自分の顔として、少しでも相手に印象を残す上での武器となります。

例えば、異業種交流会や名刺交換会といったイベントに参加すると、とにかく大量の名刺を交換するので、その中から少しでも印象に残るものを作りたいものです。

私はあまり名刺交換をするのが好きではない性格なので、個人事業主の2年間は名刺なしでやっていました。法人になって名刺を作ることになりましたが、交換している枚数で言うと、全国の社長の中でもトップクラスに少ないと思います。

名刺に記載する内容

異業種交流

最近はラクスルなどの格安名刺印刷サービスが登場しているので、失敗しても何度でも作り直せます。私も事務所移転や推したいサービスが変わったなどの理由で、これまで何回も名刺をリニューアルしました。(配っている枚数は少ないのですが…)

一般的に、名刺の表面には以下の内容を記載しておけば十分でしょう。

私は、自分の名前の真下に大きめの文字でメールアドレスを記載しています。

名刺交換した時に、相手が必ず目に入れるポイントが「名前」の部分なので、その下にメールアドレスを記載するようにしています。

相手から連絡をもらう時は電話の方が良いという場合は、その付近に電話番号の記載で良いと思います。

裏側に何を書くか

名刺交換すると、必ずと言ってよいほど裏側を見られます。

名刺の裏側にどんな事業をやっているか、売り込みたい商品・サービスの内容などを書いておくと、名刺がチラシの効果を発揮するのでおすすめです。

また、裏側は単純にインパクトを出すためだけに使うというのも良い方法です。裏側に大きく「性格:とにかくまんまるいです」とか書いていると、それを見ただけで「性格がとにかくまんまるい方なんですね」と覚えてもらえます。

一瞬見ただけで記憶に残すものを入れる。これもテクニックの一つです。

もう一つの方法として、自社のWEBに誘導したい場合は、ついアクセスしたくなるような内容を記載します。

たまに、名刺に2次元バーコードを入れている人がいますが、わざわざ2次元バーコードを読み取ってアクセスしたり、裏側に記載されているサイトにアクセスするほど暇な人はいません。

そこにはまず、「アクセスしたいと思わせるような誘導」があることが大前提です。

例えば、私が以前使っていた名刺の裏側には、「すぐ使える!仕事中の眠気を吹き飛ばす方法とは?」と書いていました。「正解は◯◯のサイトで」といった具合です。

まず、あらゆる業種のすべてのビジネスマンに共通することは「仕事中に眠たくなる」ことであり、人それぞれ大小はあれど「仕事中の眠気」は解決したい問題のひとつです。

そこに「仕事中の眠気を吹き飛ばす方法、しかもすぐ使える」という情報があれば、きっと名刺交換した人の役に立つと思いました。

また、その時にアクセスしなくても、実際に何日か経って仕事中に眠たくなった時に、私の名刺の裏側を思い出してくれるかもしれません。

なぜなら、名刺の裏側に書かれているページにアクセスしたら、その眠気をすぐ改善できるのですから。

その他のテクニック

名刺を渡す

名刺は一般的に横書きのものが多いですが、縦書きの名刺はより厳格な印象を受けます。(私の感想です)

例えば、税理士や弁護士といった士業の方、会社の取締役などの役職についている方は、経験上、縦書きの名刺の方が多いように思います。

また、名刺のサイズを大きくしたり、名刺を2つ折り仕様にしているものもたまにもらいます。

そういった名刺は管理が面倒なので、よほど狙いたい場合を除いて、ベーシックな名刺で勝負するのが良いと思います。

格安名刺印刷のラクスルがおすすめ

ラクスル

ネット印刷では、「ラクスル」というサービスが格安でお得です。

通常名刺サイズなら、100枚あたり463円で印刷してくれます。

ラクスルの名刺では、納期を早くするとその分単価が上がりますが、納期を気にしない場合は1枚あたり4.6円という超格安で名刺を作ってもらえます。

「クラウド型ネット印刷」のラクスルは、顧客に対して格安の名刺制作サービスを提供し、その一方で国内の多数の印刷会社と提携し印刷機の稼働率を上げることに貢献しているベンチャー企業です。

ラクスル自身が印刷をするのではなく、提携している印刷会社の「印刷機の非稼働時間」を使うことでコストを抑えているので、納期を気にしなければ驚くほど安く印刷してもらえるのです。

名刺の他にもポスターやチラシ、冊子やDMといったビジネスの販促に必要な様々な商品を揃えています。

手軽に使えてコストが低いため、従業員100人以下の中小企業や個人事業主に絶大な人気を誇るサービスです。

ラクスル 公式サイトはこちら

「いいね」でビジネスに役立つ情報をお届けします

購読
RSSで購読
feedlyで購読
法人口座開設ができるネット銀行一覧