【完全無料】フリーメールおすすめ3選、スマホでも安全に使える

B! pocket

メールをする女性

登録も利用も完全無料の「フリーメール」サービスは数多く存在します。

以前は多くの業者がフリーメールを提供していたのですが、ここ数年はLINEのようなチャットアプリが定番になったこともあり、メールサービスは寡占化が進んでいます。

事実、多くの業者がメールサービスから撤退しましたが、世界中でも利用者の多いGmailを中心に、人気のフリーメールは今でも健在です。

この記事では、管理人が特におすすめしたいフリーメールを3つ取り上げます。

いずれも完全無料でスマホアプリにも対応しています。また、利用者も多くセキュリティ面でも安全です。

私は小さな会社を経営している身ですので、採用面接で多くの方の履歴書を拝見します。

履歴書にはメールアドレスが記載されていますが、そのほとんどが下記3社のいずれかのメールアドレスです。

Gmail

Gmail

Gmailのスペック
  1. メールアドレス:xxxx@gmail.com
  2. 保存容量:15GB
  3. 特徴:メールの検索機能が強い

Gmailは、世界で最も利用者数の多いフリーメールです。

検索エンジン大手のグーグル社が提供しているだけあって、メール検索の機能に優れています。

2016年2月時点で、月間アクティブユーザーは10億人を超えています。アカウントの登録者数ではなく、月間アクティブユーザー(利用者数)が10億人というのはすごい数です。

Gmailは以前からメール本文に広告が一切入らなかったため、ビジネスシーンでも数多く利用されてきました。

無料のGoogleアカウントを作成することで、すぐにGmailの利用を開始することが可能です。

私自身も長年のGmail愛用者ですので、いろいろと語れることがあります。

複数のメールアドレスを持てる

2台のスマホ

Gmailのメールアドレスは「xxxx@gmail.com」となっています。

例えば、「yamada」というアカウント名なら「yamada@gmail.com」がメールアドレスとなります。

Gmailの大きなメリットとして、1つのアカウントで複数のメールアドレスを作れる「エイリアス機能」があります。

通常であれば、別のメールアドレスを持つためには、別アカウントを追加で作らなければなりません。

しかし、Gmailでは以下のようなアドレスでも、1つのメールアカウントで受信することが可能です。

yamada@gmail.comの場合
yam.ada@gmail.com
アカウント名の間にドットを入れる
yamada+frend@gmail.com
アカウント名の後にプラスを入れ、その後に自由な英数字を入れる

例えば、プライベート用として「yamada+friend@gmail.com」を使い、ビジネス用として「yamada+business@gmail.com」を使っても、1つの「yamada@gmail.com」の受信箱にメールが届きます。

エイリアスで設定したメールアドレスは、フィルタ機能で自動的に仕分けをしたり、検索機能で「+friend」宛てに送られたメールだけを抽出することも可能です。

期間限定のエイリアスを設定し、その後、そのメールアドレスは破棄したい場合もあるかと思います。

このような時は、フィルタ機能で「yamada+business@gmail.com」は自動的にゴミ箱に移動させるという設定をしておけば、事実上左記のメールアドレスを廃止できるわけです。

迷惑メールのスパムフィルタが強力

セキュリティ

Gmailは迷惑メールのスパムフィルタが特に強力です。

最近は巧妙ななりすましメールが増えていますが、このような偽装メールやフィッシングメールでも、Gmailのスパムフィルタはほぼ確実に見抜きます。

スパムと判定されたメールは自動的に迷惑メールフォルダに移動されます。受信トレイには正常なメールのみが表示されるので安心です。

もちろん、特定のアドレスからのメールを任意で「ブロック」することも可能です。例えば、頻繁に送信される広告メールなどはブロックおくと、受信トレイがスッキリします。

あくまでも個人的な意見ですが、Gmailのスパムフィルタはフリーメールサービスの中でも圧倒的に精度が高いと感じます。

また、Gmailは「メールの自動振り分け機能」を搭載しています。

広告メール、重要なメール、SNS関連のメールなど、メールのカテゴリをGmailが自動的に判断し整理してくれるので、常に見たいメールだけを見ることができるのです。

もちろん、検索エンジン大手のGoogle社が作ったメール検索も使えますので、欲しいメールを検索からすぐに取り出す事が可能です。

ビジネス版Gmailで独自ドメインを使う

G Suiteのアプリケーション

Gmailは登録・利用ともに完全無料で使えます。

しかし、ビジネス版のGmailである「G Suite(ジースイート)」に登録すると、独自ドメインのメールアドレスで、Gmailのシステムが使えます。

独自ドメインというのは、当サイトのURL「keiei.co」のようなものです。G Suiteを使うと、例えば「mail@keiei.co」のようなメールアドレスを自由に設定できます。

「ビジネス版」と言っていますが、G Suiteは個人でも登録できます。ただし有料サービスですので、月額費用がかかります。

ビジネス版Gmailの利用にあたっては、

  • G Suite(Basic)の利用料:月額600円+税(年額6,000円+税)
  • 独自ドメインの管理料:年間1,000円程度(ドメイン会社によって異なる)

の費用が必要です。

G Suite(Gmailの有料版)に関する詳細は、下記の記事で解説しています。あわせてご覧ください。

Gmailの利用を開始(無料)

Yahoo!メール

Yahoo!メール

Yahoo!メールのスペック
  1. メールアドレス:xxxx@yahoo.co.jp
  2. 保存容量:2GB
  3. 特徴:国産のフリーメールで安心感が大きい

Yahoo!メールは、ポータルサイト大手のYahoo!JAPANが提供するフリーメールです。

国産のサービスという安心感からも、日本での普及率は極めて高いです。

採用面接の履歴書に記載されているメールアドレスも、そのほとんどがGmailかYahoo!メールのどちらかです。

Yahoo!メールは毎日2,200万人以上が利用しており、日本ではGmailに次いで利用者数が多いと思われます。

登録・利用は完全無料のフリーメールです。Yahoo!JAPANアカウントを作成するだけで、すぐにYahoo!メールを始めることができます。

無料版の場合、メールボックスの保存容量が2GBとなっています。また、画面内に広告が入ります。

以前はメール本文にも広告が挿入されていたのですが、現在は廃止されており、本文に広告が入ることはありません。

有料版でメール容量が無制限に

クラウドメール

無料で使えるYahoo!メールですが、有料版となるYahoo!メール 追加サービスに加入することで、メール容量を無制限にできます。

Yahoo!メールのオプションは以下のとおりです。

セキュリティーパック(月額277円+税)
メール容量無制限、セーフティアドレスを30個作成可能、広告表示なし、ウイルスブロック・さらに強力な迷惑メール対策
ウイルスチェックサービス(月額200円+税)
広告表示なし、ウイルスブロック
マイネームアドレス(月額300円+税)
独自ドメインのメールアドレスでYahoo!メールのシステムが利用可能

なお、メールボックスの容量無制限は、Yahoo!プレミアム会員やYahoo! BB会員にも提供されています

もし、Yahoo!プレミアムやYahoo! BBを利用している人なら、すでにメール容量は無制限になっているはずです。(表示されるのは2GBですが、利用量が2GBに近づくと、容量が徐々に拡大します)

捨てアドを作るときにも便利

スマホを操作する女性

また、Gmailの「エイリアス機能」と同等のサービスを、セーフティアドレス(サブアドレス)として無償提供しています。

Gmailのエイリアスとは違い、Yahoo!メールのセーフティアドレスはアカウント名がわからないメールアドレスを自由に作れます。

いわゆる「捨てアド」と呼ばれる使い捨てメールアドレスを作りたいときにも適しています。

無料版では最大10個のセーフティアドレスを作成できます。

月額277円+税の有料プラン「セキュリティーパック」に加入すると、作成できるセーフティアドレスが30個まで増加します。

Yahoo!メールアプリのダウンロード

Yahoo!メールの利用を開始(無料)

Outlook(アウトルック)

Outlook

Outlookのスペック
  1. メールアドレス:xxxx@outlook.com(outlook.jp、hotmail.comも選択可)
  2. 保存容量:無制限
  3. 特徴:メール容量無制限で使える

Outlook(アウトルック)は、マイクロソフトが提供するフリーメールサービスです。

マイクロソフトが提供するメールサービスでは、msn.comやlive.comが有名ですが、現在はOutlookに統合されています。

また、その昔はユーザー数がとても多かったフリーメール「hotmail」も現在は、Outlookに統合されました。

今後、マイクロソフト社のメールサービスを使う場合はすべて、Outlook.comを使うことになります。ただし新規登録のメールアドレスでは「outlook.jp」や「hotmail.com」も選べます。

Outlookの利用を開始するには、無料のマイクロソフトアカウントを取得するだけです。

Outlookの最大のメリットは、メール容量を気にせず使えることです。

メール容量は無制限ですが、いたずらに容量を増やすようなことをすると、制限がかかる可能性があります。くれぐれも適切な範囲での利用に留めてください。

また、カレンダーアプリなどが統合されており、連携しやすいです。マイクロソフトのサービスで総合的にスケジュール管理をしたい方に向いています。

ビジネス版 Office365なら独自ドメインが使える

Office365

Outlookでは、独自ドメインは使えません。

以前はそのような有料オプションがあったようですが、現在は廃止されています。

ただし、マイクロソフトが提供する有料サービス「Office365 Business」に登録すると、独自ドメインでOutlookのシステムが使えるようになります。

Office365 Businessは個人でも利用可能です。利用料は月額1,080円+税(年額10,800円+税)となっています。

Microsoft Outlookのダウンロード

Outlookの利用を開始(無料)

Office365とG Suiteの比較記事はこちらです。

あわせて読みたい記事

最後まで読んでいただきありがとうございました

0件のコメント

コメントを投稿する