未回収の請求書を0%に!Misoca回収保証が売掛金の回収保証を約束

Misoca回収保証

請求書を発行した売上が回収できるか気になる事業者の方へ。

クラウド型の請求書作成・管理サービスを提供している「Misoca(ミソカ)」が、作成した請求書に回収保証を付けられる「Misoca回収保証」というサービスをリリースしています。

このサービスを活用すれば、請求書を発行した取引先への売上を確実に回収することができます。(回収できない場合は保証会社が補償してくれます)

など、リスクを軽減したい請求書にのみ、ピンポイントで回収保証が付けられるので、使い勝手の良いサービスです。

Misoca回収保証の仕組み

保証業務

取引先に対して、あらかじめ回収保証を付けた請求書を発行します。

もちろん、見た目は普通の請求書であり、取引先に「この請求書に回収保証がついている」ことは通知されないので安心です。

発行した請求金額が支払期日までに回収できれば、保証料を支払ってこの取引は完了です。

万が一、支払い遅延が発生した場合は、1週間以内に保証会社に対して「履行依頼」を出します。

Misoca回収保証を担当しているのは「株式会社トラスト&グロース」という保証業務を行っている会社です。東証一部上場の「ラクーン」の100%子会社で安心できる保証会社です。

支払い遅延が起こって履行依頼を出した段階で、トラスト&グロースが調査を行い、あなたに代わって取引先に売掛金の回収を行います。

最終的に売掛金が回収できたかできなかったかは問題ではなく、請求額はトラスト&グロースが代わりに保証してくれるので、あなたは確実に請求額を回収できるというわけです。

ただし、Misoca回収保証には2つの注意点があります。

1つめは「すでに支払い遅延が発生している請求書は保証の対象外」であること。これは当たり前と言えますね。。。そしてもう1つは「消費者(個人)への請求先」には使えない」ということです。

一般消費者に対しては使えませんが、ビジネス上の取引先となる企業や個人事業主に対しては回収保証を付けることができます

Misoca回収保証を利用するためには、クラウド請求書作成・管理サービスの「Misoca」を利用する必要があります。

しかし、Misocaは請求書作成・管理サービスを完全無料で提供している会社なので、Misocaへの切り替えで現在よりもより効率的に請求書が作成でき、かつコストダウンも実現できる可能性が高いです。

クラウド請求書作成・管理サービス Misocaについて

Misoca

Misoca(ミソカ)は、クラウド上で請求書を発行したり・管理できるサービスです。

クラウドサービスなので、請求書のテンプレートなどをパソコンに保存しなくても、インターネットエクスプローラーやChromeから、Misocaのマイページにログインするだけで、どのパソコンからでも簡単に請求書の作成・管理が行えます。

作成した請求書は、ワンクリックで取引先にメール送信できます。

Misocaの初期費用・利用料は0円です。
基本機能は無料ですが、オプションサービスとして「郵送代行サービス」があります。こちらは、パソコンからワンクリックで紙の請求書を取引先に郵送してくれるサービスで、1通あたり180円(郵送料込み)と低コストで利用できます。

請求書を1通ずつ封筒に入れて、ポストに投函するのって面倒ですよね。それらをすべて、Misocaが代行してくれるのが「郵送代行」のメリットです。

私の会社でもMisocaを使って請求書を発行していますが、郵送代行手数料以外のお金は使っていません。

また、レポート機能の提供により請求書発行金額と回収金額を把握したり、回収済みの売上に対してワンクリックで消込ができるなど、管理機能も充実しています。

Misocaは会計ソフト大手の「弥生(オリックスの子会社、弥生会計でおなじみ)」の子会社なので安心です。

保証料はどれくらい?

ビジネス

Misoca回収保証の利用料金は下記の通りです。1通ごとに回収保証を付けるかどうかが設定できるのが特徴です。

例えば、請求金額が30万円の場合、「800円+10万円超過分の20万円に対して1,600円」となるので、保証料は2,400円となります。

請求額の1%以下の保証料で売掛金を確実に回収できるので利用しやすいですよね。

もちろん、初期費用や月額手数料は無料なので、Misoca回収保証の利用で発生するコストは、保証料のみとなります。

Misoca回収保証の公式サイトはこちら

Misocaについてもっと詳しく

「いいね」でビジネスに役立つ情報をお届けします

購読
RSSで購読
feedlyで購読
法人口座開設ができるネット銀行一覧