MFクラウドマイナンバーの評判と口コミ、格安の料金でマイナンバーを管理

B! pocket

MFクラウドマイナンバー

2016年にマイナンバーがスタートし、世間一般にも着実に浸透してきているように思います。

個人事業主や中小企業についても、従業員や取引先のマイナンバーを収集し、各種申告書などへの記載が必要となっています。

マイナンバーは個人情報のひとつですから、従業員や取引先から集めた番号は、事業者が厳重に管理しなくてはなりません

しかし、従業員数や取引先の数が増えると、マイナンバーを安全に管理するのが難しくなります。また、中小企業においてはセキュリティ面で不安を感じている会社も少なくないと思います。

マイナンバー管理システムとして口コミでも評価の高い「MFクラウドマイナンバー」は、個人事業主や小規模企業でも手軽に導入できる料金で、安全なマイナンバー管理が行えます。

クラウド型のツールですので、パソコンへのインストールは不要です。ID・パスワードとインターネット環境さえあれば、すぐに利用することが可能です。

堅牢なセキュリティで安全管理

データセンター

MFクラウドマイナンバーは、堅牢なセキュリティ環境でマイナンバーを安全に管理できるツールです。

収集したマイナンバーのデータ自体は、会社のコンピューターに保存するのではなく、MFクラウドのデータセンターが責任を持って管理してくれます。

つまり、事務所が火災や盗難の被害にあってしまい、パソコンが壊れてしまってもマイナンバーのデータが失われる心配はありません。(データは遠隔地であるデータセンターに置かれているため)

MFクラウドマイナンバーでは、金融機関と同等の暗号化通信をおこない、セキュリティ面における心配もありません。

MFクラウドマイナンバーを展開している「株式会社マネーフォワード」は上場企業です。また、大手金融機関グループのベンチャーキャピタルから出資も受けている、信頼できる会社です。

基本はID(メールアドレス)とパスワードを使ってログインを行いますが、2段階認証によってセキュリティをさらに高められます

2段階認証とは、メールアドレスとパスワードに加えて、「ワンタイムパスワード」を使ってログインをする方法です。2段階認証の導入によって、もしパスワードが漏洩しても、不正ログインされる危険性はありません。

▶もしマイナンバーを漏洩してしまったら?
もし、収集したマイナンバーを誤って流出させてしまった場合は、

  • 4年以下の懲役
  • 200万円以下の罰金
  • またはその両方

が科されてしまいます。

また、再発防止やセキュリティ強化などの追加コストも発生しますし、会社のイメージも悪くなってしまうでしょう。

特に小規模企業の場合、社員のマイナンバーを流出させてしまうと、従業員からの信頼を大きく崩してしまうことになりかねません。

MFクラウドのデータはすべて大規模なデータセンターで管理されており、24時間体制の有人管理が行われています。いわゆる「泥棒」がデータセンターに侵入して盗難にあう可能性は考えられません。

一方、自社の事務所内にあるパソコンでデータを管理している場合、物理的な盗難にあうリスクが少なからずあります。

また、データの消失についても万全の体制を誇っています。大切なデータはMFクラウド側で毎日自動バックアップを行い、遠隔地保管を含め3重に保管されています。

もし、データセンターが火災や地震の被害にあっても、遠隔地保管された他のデータセンターにバックアップが残っており、データが失われることはありません。

唯一、データセンターにハッカーが侵入し、情報の漏洩が起こるリスクはゼロとは言い切れません。しかしこれについても、少なくとも会社の事務所でデータを管理するよりは、安全であることは間違いないでしょう。

もっとも、MFクラウドシリーズでは過去にデータを流出させたようなトラブルは一度も起こしておらず、信頼できる実績を築いています。

閲覧履歴が残るので不正防止に役立つ

パソコンを操作する女性

MFクラウドマイナンバーでは、「社内の特定の人間だけがマイナンバーにアクセスできる」権限設定を簡単につくれます。(例えば、責任者と社長以外は管理画面にアクセスできないなど)

また、マイナンバーの利用履歴・登録・破棄の履歴はすべて残されており、不正なアクセスについてもすぐに検知できる仕組みが整えられています

わかりやすく言うと、「誰が、誰のマイナンバーを、いつ閲覧したか」という履歴が残るため、特定の人物が意味なく誰かのマイナンバーを表示させると、その行動履歴から不正を疑うことができます。

もちろん、閲覧権限が設定されていない人物は、MFクラウドマイナンバーの管理システムには一切アクセスできません。

▶マイナンバーを収集する必要がある対象者は?
マイナンバーは主に、以下のような方々から集める必要があります。

  • 従業員
  • 従業員の扶養家族
  • 税理士・弁護士・外注先などの個人の取引先
  • 株主(出資者)

詳しくは後述しますが、MFクラウドマイナンバーではこのうち「従業員の扶養家族」については課金対象外となっています。

また、「従業員」と「従業員以外のマイナンバー収集先」の人数によって料金プランが決まる方式なので、個人事業主や小規模事業者でも無駄なコストを抑えて最適な料金でソフトを利用できるよう設計されています。

スマホで撮影しアップするだけの簡単収集

スマホを操作する男性

MFクラウドを使うことで、マイナンバーの収集がとても楽になります。

1.本人確認書類の依頼と利用目的の通知
収集先に応じて、必要書類の依頼や利用目的の通知を設定できます。
テンプレートの内容に沿って設定するだけなので、事業者側が書類などを作成する必要はありません。

2.スマホで撮影してアップロード
マイナンバーは、収集を依頼された人達がそれぞれ、スマホのカメラで撮影してアップするだけです。
収集依頼先(税理士さん)などが、書類を作成して事業者に送り返す必要がないため、収集依頼先にも迷惑をかけることなくスムーズにマイナンバーの収集が行なえます。

マイナンバーの収集はこれで完了です。

3.提出状況をリストで管理できる
マイナンバーの提出を依頼した後に、誰が提出済みで誰が未提出なのか、提出状況をリストで管理できます

また、従業員のデータとマイナンバーが連携されるため、給与管理ソフトの「MFクラウド給与」を使っていると、従業員の情報を一元的に管理できます。

年末調整などで源泉徴収簿などを印刷する時も、MFクラウドマイナンバーから安全に従業員ごとの番号を印字できるため、情報漏洩の防止や入力ミスの削減につながります。

MFクラウドマイナンバーの口コミ

利用者の口コミ

実際に、MFクラウドマイナンバーを使っている方の口コミを調査しました。

クラウド型のマイナンバー管理ソフトには、その他に「マイナンバーfreee」がありますが、口コミではMFクラウドマイナンバーが一番簡単だったとのこと。

MFクラウドマイナンバーの料金

経済的

MFクラウドマイナンバーは、小規模企業・個人事業主であれば、月額980円または無料で利用できます。

料金プランは以下の通りです。

お試しプラン無料
従業員1名、従業員以外の対象者1名、合計2名まで登録可能

Max10プラン月額980円
従業員10名、従業員以外の対象者10名、合計20名まで登録可能

Max30プラン – 月額2,940円
従業員30名、従業員以外の対象者30名、合計60名まで登録可能

Max50プラン – 月額4,900円
従業員50名、従業員以外の対象者50名、合計100名まで登録可能

Max100プラン – 月額9,800円
従業員100名、従業員以外の対象者100名、合計200名まで登録可能

Over100プラン – 月額9,800円(100名ごと)
Max100プランを超える場合

※税抜きの料金です
※扶養家族は人数にカウントされません
※従業員以外の対象者とは「取引先・株主・法人」等のマイナンバー収集対象者のことです

「従業員が5名程度、外部の個人取引先として、弁護士、税理士、司法書士、社会保険労務士とその他外注3人」程度の小規模事業者であれば、月額980円+税でMFクラウドマイナンバーを導入できます。

バリューパックでさらにお得に

MFクラウド

MFクラウドマイナンバーは単体でも利用できますが、MFクラウドが提供している「バリューパック」でさらにお得に使えます。

MFクラウドでは、その他にも以下のようなビジネスツールを提供しています。

MFクラウド会計(MFクラウド確定申告)
帳簿作成から決算書作成までが行える会計ソフト
MFクラウド請求書
請求書の作成・管理ができる請求書作成ソフト。ワンクリックで郵送手続きも可能
MFクラウド給与
給与計算ソフト。料率・税法に自動対応し給与明細の作成が簡単に行える
MFクラウド経費
スマホでレシートを撮影するだけで経費精算が完了。データは会計ソフトに自動反映
MFクラウドマイナンバー
従業員・取引先のマイナンバーを安全に収集・管理・破棄できるソフト

これら5つのビジネスソフトがすべて使えるのが「バリューパック」の魅力です。

利用料金は課金対象者に応じて変わります。

課金対象者が5人までなら月額3,980円+税、10人までなら月額9,800円+税、それ以降は1名あたり800円が追加されます。

小規模企業や個人事業主であれば、月額1万円以内の費用で、上記のビジネスツールをすべて揃えることができます。

MFクラウドシリーズは連携に優れています。MFクラウド請求書で発行した金額を自動的に会計ソフトの売上に反映するといったこともでき、業務効率を大幅にアップできます。

MFクラウドマイナンバー 公式サイトはこちら

関連記事

最後まで読んでいただきありがとうございました

0件のコメント

コメントを投稿する