15万人の事業者が使うMFクラウド請求書、利用者数No.1の理由

MFクラウド請求書

MFクラウド請求書は、すでに15万事業者への導入実績がある請求書作成・管理ツールです。

請求書の発送・管理って本当に面倒ですよね。毎月の請求書発行が多い事業者は、この作業にかけている時間も少なくないはずです。

MFクラウド請求書は、1分で請求書を作成することができる高機能ツールです。また、作った請求書をワンクリックで紙の請求書として郵送してくれる「郵送代行サービス」もあります。

毎月おなじ請求書を発行している取引先も多いのではないでしょうか?

MFクラウド請求書の「毎月自動作成機能」を使えば、MFクラウドが自動的に請求書を作ってくれます。もちろん日付や請求書No.は最新のものを設定してくれます。

見やすい画面で発行した請求書の入金状況も把握しやすいので、回収漏れの心配はありません。

MFクラウド請求書には複数のプランが設けられているので、個人事業主や中小企業を問わず、多くの事業者が導入できます。

クラウド型の請求書作成ソフトは何がいいの?

悩む自営業者

MFクラウド請求書は、インストール不要です。

ID/パスワードを使ってログインして使う「クラウド型」なので、パソコンのスペックに関係なく利用できます。

Web上での編集・データ管理を行う仕組みなので、社内の複数の担当者で請求書を共有したり、売上レポートとして請求書の発行、回収状況を把握するのことが簡単にできます。

誰でも簡単に請求書が作れる

快適

エクセルで請求書を作るのとは次元が違います。

MFクラウド請求書のメリットは、請求書の作成に関する機能がすべて備わっていることです。

クオリティの高いテンプレートが揃っているので、取引先や自社とマッチするデザインを選択します。

あとは品目と金額を入力していくだけで完成します。1通作成するのに必要な時間は1分。リアルタイムで完成画面をプレビューしながら作れるので、パソコン操作が苦手な人でも直感的に請求書作成が行えます。

消費税の計算などもMFクラウド請求書が自動的にやってくれるので、電卓を叩く必要はありません。

また、1度登録した取引先の名前や住所、そして品目の詳細や金額などは2回目からは自動入力されるので、使う度に手作業が少なくなります

請求書以外にも、見積書、納品書、領収書の作成が可能です。

会社のロゴマークや印影も添付できるので、印鑑付きの本格的な請求書が完成します。

1分で請求書を作成(無料)

漏れのない請求書管理を実現

請求書の管理

MFクラウド請求書がエクセルでの請求書管理より優れている理由は他にもあります。

MFクラウド請求書で発行した請求書は、その後のステータス管理ができます。

ワンクリックで「郵送済み」「入金済み」などのステータス変更ができるので、発行した請求書が現在どのような状況にあるのか、ひと目で把握できます。

支払期限についてもMFクラウド請求書が自動的に監視しており、支払期限を過ぎた請求書については「未入金アラート」によってすぐに通知されます。

これなら、支払期限を守ってもらえなかった取引先に対して、すぐに催促の連絡が行えるので、売掛金の回収率も高められます。

また、一度作成した請求書データは(手動で削除しない限り)高セキュリティ環境下で安全に保管されます。

そして、過去の請求書についても「キーワード検索」や「タグ付け機能」によってすぐに見つけ出すことが可能です

ワンクリックで紙の請求書を郵送

紙の請求書をワンクリックで郵送

請求書を発送するまでの工程を思い出してみてください。

請求書作成 → プリントアウト → 3つ折りにする → 請求書を封入 → 宛先を書く・切手を貼る → ポストへ投函

普段は意識していないかもしれませんが、請求書の発送業務は本当に時間がかかる仕事です。

1通、2通程度であれば良いですが、発行通数が増えるほど作業に時間がかかってしまいます。

しかし、MFクラウド請求書で作成した見積書・納品書・請求書・領収書は、ワンクリックで郵送に回せます

1通170円~で紙の請求書の発送を代行してくれる機能があり、大変便利です。この、1通170円~の費用には、封筒代、紙代、切手代などがすべて含まれています。

郵送代行サービスで送付する請求書はすべて機械処理されるので、人為的ミスがなく宛先を間違うこともありません

また、三つ折りもきれいにやってくれますし、「料金後納」の封筒で送付できるので、小規模事業者でもカッコよく見せられるという隠れたメリットもあります。

MFクラウド請求書の郵送サービスは、1通から請け負ってくれるので個人事業主や小規模事業者の方でも活用できます。

これなら、毎月300通でも500通でも、ほとんど時間をかけることなく請求書を郵送に回せます。

もちろん、作成した請求書のPDFダウンロードやメールでの送信もできるので、自分で郵送したい場合でも対応可能です。

請求書にクレジット支払い機能を追加

クレジットカード決済

発行した請求書の金額を、銀行振込ではなくクレジットカードで支払ってもらうことができます。

MFクラウド請求書で作った請求書を送った後に、ワンクリックでカード決済用URLをメールで相手に送信できます。

取引先は、メールに記載されたURLより、クレジットカードによる支払いができます。

決済が完了したら、受取履歴ですぐに支払状況を確認できます。

カード決済機能を使うことで、ビジネスをより円滑にすすめることが可能です。

この機能はは無料で使えます。必要なのは決済手数料のみとなります。

初期費用・月額費用 / 月額費用:
無料

決済手数料
企業・個人事業主あて 1.99~2.49%
一般消費者あて 1.99~3.19%

オプション
毎日締め、2営業日後のスピード支払い:3,000円

※この機能はスタータープラン以上で使えます

MisocaとMFクラウド請求書の違い

比較

クラウド請求書作成ソフトでは、MFクラウド請求書とMisocaが有名です。

両者はよく比較されるので、MFクラウド請求書とMisocaの違いについてまとめたいと思います。

ユーザー数No.1のMFクラウド請求書

右肩上がり

まず、MFクラウド請求書はユーザー数No.1の実績を持っているという安心感があります。

多くの事業者に支持される理由は、同社が様々なビジネスツールを提供しており、それらのソフトとの連携が行いやすいからだと思います。

代表的なところでは、MFクラウド会計と請求書は連携できるので、MFクラウド請求書で発行した請求書や回収した売掛金は自動的に、会計ソフトの帳簿に反映されます。

MisocaとMFクラウド会計も連携できるのですが、MFクラウド会計の特徴である「自動仕訳機能」は使えません。摘要や売上金額などの数値の学習が行われず、毎回なんらかの手作業が必要となります。

Misocaは現在、弥生会計の子会社となっているため、今後はより一層「弥生会計 + Misoca」、「MFクラウド会計 + MFクラウド請求書」の相性が高まっていくと思われます。

また、MFクラウド請求書が多くの事業者に使われるもう一つの理由は、開発スピードの速さ・サポート対応だと思います。

MFクラウドシリーズはサポート体制にも力を入れており、

という部分において、Misocaをリードしているように思います。

格安で使えるMisoca

Misoca

料金面ではMisocaの方がコストパフォーマンスは高いです。

なぜなら、Misocaは請求書作成・管理の機能を格安で提供し、オプションサービスで利益を出すビジネスモデルだからです。(お試しは無料)

一方、MFクラウド請求書はソフトウエアの部分で利益を出す仕組みのため、Misocaよりもややコストがかかります。(無料で使えるフリープランはお試しレベル)

これは両者のビジネスモデルの違いによって生まれていることなので、今後もこの体制は変わらないと思います。

コストを抑えて請求書作成を行いたい方はMisoca、多少なら高くてもいいので高機能な請求書作成機能が使いたい方はMFクラウド請求書。

こうした住み分けになっていると思います。

機能面での違いはあるか

両者ともにお互いを意識して開発している印象を受けます。

MFクラウド請求書が新機能を追加すると、Misocaが同じ機能を追加する、またその逆もしかりという感じです。

ただ、現時点で明確な違いが出ている機能もいくつかあります。

MFクラウド請求書が優れている
英字対応の請求書テンプレートがある
請求書をタグ付けで管理できる

Misocaが優れている
スマホアプリで請求書の作成・管理ができる

料金プラン

考える経営者

MFクラウド請求書の料金プランは5つあります。

導入にあたって初期費用は不要で、月額料金のみの課金となります。(郵送費用は別途)

最もおすすめしたいのは登録取引数が無制限のベーシックプランです。多くの個人事業主・中小企業はこのプランで対応できると思います。

また、MFクラウド会計をはじめとするMFクラウドシリーズを使っている方であれば、MFクラウドシリーズである5サービスが月額3,980円から利用できる「バリューパック」もおすすめです。

それぞれのプランの特徴についてまとめます。

なお、料金はすべて税込です。

どのプランも1ヶ月の無料お試しが可能なので、気になったらまず使ってみることをおすすめします。直感的に請求書が作成でき、MFクラウド請求書の便利さを実感できると思います。

フリープラン(月額0円)

完全なお試しプランとなるため、実務で使うのは難しいです。

なぜなら、フリープランは無料で使える変わりに

という制限が付いているからです。

また、その他にもMFクラウド請求書が持つ機能の多くが使えないプランとなるため、あえて選択するメリットは感じません。

もし無料で試したい場合は、スタータープラン以上の30日間無料お試しを活用することをおすすめします。

スタータープラン(月額500円)

取引社数が少ない個人事業主の方ならこのプランで使えます。

取引社数の上限が15社となっており、請求書の郵送費用は1通あたり190円です。

複数のユーザーで権限設定して使えないことから、個人事業主を対象としたプランだと考えられます。

また、スタータープランでは請求書の毎月自動作成機能は使えません。

ベーシックプラン(月額2,980円)

MFクラウド請求書の中で一番おすすめの標準プランです。

取引社数の上限が無制限となり、請求書も1通あたり180円となります。

請求書の毎月自動作成や納品書合算請求といったMFクラウド請求書ならではの機能が使えます。

また、売上レポートやチャットによるサポートも提供されるので、多くの中小企業はこのプランで間に合うと思います。

最大3ユーザーで権限設定をして請求書の共有ができるので、社内で「消込担当」「郵送担当」といった形で担当者ごとに権限を分けて使うこともできます。

プロプラン(月額5,980円)

中小企業の中でも規模が大きい会社や毎月の請求書発行数が多い会社向けです。

請求書の郵送費用が1通あたり170円と、さらに安くなります。

また、共有できるユーザー数が10ユーザーまでとなるので、複数の事業部門を持つ中小企業でも、1つのMFクラウド会計で大量の請求書を管理できます。

プロプランならではの特徴としては、帳票や品目のCSVアップロードができたり、販売管理台帳の作成機能があります。

機能面を見ても、社員数が多く大量の請求書を毎月扱っている会社向けのプランとなっていることがわかります。

エンタープライズプラン(月額19,800円)

MFクラウド請求書で自動消込機能がついているのはこのプランだけです。

請求書の郵送費用は1通あたり170円と変わらないのですが、共有できるユーザー数は20名までとなります。

自動消込機能によって、発行した請求書の入金が確認できた時点でMFクラウド請求書が自動的に消込処理も行ってくれます。

上手く活用できれば、社内の請求書担当者の仕事を大幅に減らすことができるはずです。

無料お試しはこちら

最高水準のセキュリティでデータを管理

データセンター

例えば、大切なお金をどこに保管しているでしょうか?

タンス預金よりもその道のプロである銀行に預けたほうが安心できますよね。データの保管もこれと同じです。

自前でデータを管理するよりも、クラウド上に置いておいたほうが安全な時代になっています。

クラウド系のサービスを使ったことが一度もない方は、データをネット上に預けることに抵抗があるかもしれません。

しかし現在は多くの事業者がクラウドサービスへの移行を決めています。

MFクラウド請求書のデータはすべて暗号化され、金融機関と同等のセキュリティレベルで管理されているので、データの漏洩リスクは極めて低いです。

データの漏洩が100%ないとはいいきれませんが、少なくとも中小企業レベルが社内で管理するよりは安全です。また、万が一データが流出したとしても、それらは全て暗号化されており解読は難しいです。

データが保管されるのは、高セキュリティで守られた大規模データセンターなので、物理的な盗難リスクもありません。

また、データの消失リスクについてですが、MFクラウド請求書は毎日自動的にバックアップを取ってくれています

このバックアップは、遠隔地保管を含め3重に保管されています。

つまり、万が一地震などの天変地異でデータセンターが吹き飛んだとしても、2ヶ所の遠隔地で最新のバックアップが管理されている体制が整っているので安心です。

MFクラウド請求書のバックアップ機能については、すべて自動でおこなわれ、またすべて月額料金の範囲ですので無料です。

無料お試しはこちら

MFクラウドその他の記事

「いいね」でビジネスに役立つ情報をお届けします

購読
RSSで購読
feedlyで購読
法人口座開設ができるネット銀行一覧