Mac(マック)で使える会計ソフトのおすすめは?青色申告ソフトは確定申告の味方

B! pocket

MacBook

確定申告には、青色申告ソフト(または白色申告ソフト)があると便利です。

最近では、多くの個人事業主の方がMac(マック)を使っていますので、会計ソフトにもMac対応のものが増えています。

特に評判なのが、インストール不要の「クラウド会計ソフト」です。クラウド会計ソフトであれば、Windwos、Macを問わずに利用できます。

また、将来的にMacからWindowsに乗り換えた場合でも、改めて購入し直す必要がありません。

もちろん、インストール不要なのでコンピューターの機種を変更しても面倒な手続きは不要です。インターネット環境さえあれば、どの端末、どの場所からでもIDとパスワードを使って会計ソフトにログインできます。

Mac(マック)対応の会計ソフト

Mac(マック)対応の会計ソフトを利用者の口コミ評判をあわせて紹介します。

現在は多くの方がクラウド型の会計ソフトに移行しています。

「クラウド型はセキュリティが心配」だと感じる方もいるかもしれません。しかし、すでに何十万もの個人事業主・法人が導入しているにも関わらず、セキュリティ面での問題はこれまで聞いたことがありません。

また、私も法人の会計ソフトにクラウド型を使っていますが、特に問題は感じていません。

freee(フリー)

freee

おすすめ度:★★★★★

・クラウド型

・80万を超える事業所が導入する人気の確定申告ソフト

・有料プランになると確定申告やソフトの使い方も安心サポート

【利用料金】
フリープラン(30日限定) 無料
スターター 月額980円+税(年間払い9,800円+税)
スタンダード 月額1,980円+税(年間払い19,800円+税)
プレミアム 年間払い39,800円+税

クラウド型の確定申告ソフトとして多くの方が利用しており、口コミでも高い評判を得ているのがfreee(フリー)です。

ブラウザを使ってfreeeのサイトにアクセスし、ID/パスワードを使ってログインして使うので、WindowsやMacに関係なく使えます。

また、レシートをスマホのカメラで撮影するだけで、その文字を読み取り会計ソフトに反映するアプリも提供しており、初めての方でも安心して確定申告用の帳簿作成ができます。

30日間の無料プランを上手く使うことで確定申告を行うことも可能ですが、有料プランになると制限なく数多くの機能が使えます。

経費を節約したい方は、「確定申告の時期に1ヶ月だけ有料プランになる」という使い方でも良いでしょう。

フリーを使うと、各種レポートをグラフィカルに閲覧できたり、クレジットカードや銀行口座の明細データを自動的に帳簿に反映してくれます。

半自動化の帳簿作成によって、知識がない方でも簡単に確定申告に必要な決算書や確定申告書類の作成が可能です。

▼freee(フリー)利用者の口コミ

freee(フリー) 無料お試し

MFクラウド確定申告

MFクラウド確定申告

おすすめ度:★★★★★

・クラウド型

・上場企業が提供する確定申告ソフトなので安心

・フリープランの制限が比較的ゆるめ

【利用料金】
フリープラン 無料
ベーシックプラン 月額800円+税(年間払い8,800円+税)
あんしん電話サポート付きベーシックプラン 年間払い17,200円+税

MFクラウド確定申告は、freee(フリー)と並んで個人事業主に人気が高い会計ソフトです。私の会社でも法人向けの「MFクラウド会計」を導入しています。

IDとパスワードを使ってログインするタイプの確定申告ソフトなので、Macを使っている方でも問題なく利用できます。

MFクラウドシリーズを手がけるマネーフォワードは2017年に上場を果たしており、以前よりもさらに社会的な信用度が増しています。

クレジットカードや銀行口座の明細を自動的に取り込み、帳簿に反映する機能はMFクラウド確定申告にも搭載されています。

しかし、freeeで提供されている「レシートをスマホカメラで撮影して会計ソフトに取り込む」機能は、MFクラウド確定申告では提供されていません。

一方で、MFクラウド確定申告では「電話サポート付きのプラン」が年額17,200円+税で選べます。

freeeの場合は、年間39,800円+税のプレミアムプランでなければ、電話サポートが受けられないため、わからないことを電話で問い合わせたい方は、MFクラウドの上位プランがおすすめです。

また、MFクラウド確定申告は無料プランの制限がゆるく「仕訳の登録が毎月15件まで」という制限を気にしない方(取引が少ない方)であれば無料プランでも使えます。

利用者の口コミ評価を見ても、MFクラウドの評判はかなり良いという印象を受けます。

▼MFクラウド確定申告 利用者の口コミ

MFクラウド確定申告 無料お試し

やよいの青色申告オンライン

おすすめ度:★★★★★

・クラウド型

・業界No.1のシェアを誇る大手会計ソフト

1年間は無料で使える(1回目の確定申告は無料)

【利用料金(1年目)】
セルフプラン 無料
ベーシックプラン 年間払い6,000円+税

【利用料金(2年目以降)】
セルフプラン 年間払い8,000円+税
ベーシックプラン 年間払い12,000円+税

確定申告ソフトを無料で使いたい方は「やよいの青色申告(やよいの白色申告)オンライン」がおすすめです。

やよいの青色申告オンラインを提供している「弥生会計」は業界でも長い歴史を誇る会社で、会計ソフトの中でもトップシェアを誇ります。(オリックスの子会社です)

やよいの青色申告オンラインは、「1年目はすべての機能が完全無料(機能制限なし)」で使えます。

つまり、これまでやよいの青色申告オンラインを使ったことがない方は、これだけで無料で確定申告ができます。

ただし、無料で提供されるのはサポートが一切ない「セルフプラン」のみです。年額6,000円+税の「ベーシックプラン」を使うと、電話・メール・チャットによるサポートが受けられます。

また、1年目は無料で使えますが、2年目からは有料となります。

しかし、有料プランを選択しても、freeeやMFクラウド確定申告と比較してコストパフォーマンスに優れています

安いからといって機能面で劣ることもなく、クラウド会計ソフトならではの、銀行明細・クレジットカード明細の自動取り込み機能をはじめ、スマホを使ってその場で仕訳の入力ができる機能も提供しています。

ただ、全体的な口コミを見ていると、freeeやMFクラウド確定申告と比較して、やよいの青色申告オンラインは使いにくいとの意見が多いです。

この問題はいずれ解消されると思いますし、口コミによっては「MFクラウドよりもやよいの青色申告の方が使いやすかった」という意見もあります。

いずれの会計ソフトも無料お試しができますので、一度使ってみて自分にとって一番使いやすい確定申告ソフトを選ぶことをおすすめします。

▼やよいの青色申告オンライン 利用者の口コミ

やよいの青色申告オンライン(1年間無料で利用可)

Macの青色申告

Macの青色申告

おすすめ度:★★

・インストール型(Windows非対応)

・Mac専用の青色申告ソフト

・iPhoneアプリで仕訳入力が可能

【販売価格】
10,000円+税

Macの青色申告は、コンピューターにインストールして使うタイプの確定申告ソフトです。

Mac専用のソフトとしてなのでWindowsには非対応です。

CD-ROMを用いてインストールするタイプの他に、MacBookなどでCD-ROMが使えないコンピューターを使っている人のために、ダウンロード販売もおこなわれています。

クラウド会計ソフトとの大きな違いは、「買い切り(1回払い)」であることです。ソフトの料金を1度支払えば、その後の追加費用は不要です。

ただし、将来のアップデートができないため、税制改正などがあった場合は、自分自身で対応しなくてはなりません。

クラウド会計ソフトであれば、継続的な支払いが発生するものの、最新の税制改正に自動的に対応し、常に最新版を使うことができます。

一方、インストール型のMacの青色申告を使っている場合は、自分で対応するか、税制が変わった時に最新版のMacの青色申告を買い直す必要があります。

また、税制が変わらなくてもMacのバージョンをアップデートした場合、旧バージョンの「Macの青色申告」が動かなくなる可能性があります。

こうした問題が生じた場合に、最新版のMacで青色申告に乗り換えるという方法がコスト面では最も安くつきます。

銀行の取引明細やクレジットカード明細の自動取り込み機能はクラウド会計ソフトならではの機能なので、こうした便利な機能が使えない点も、インストール型のデメリットの一つです。

▼Macの青色申告 利用者の口コミ

やるぞ!青色申告

やるぞ!青色申告

おすすめ度:★★★

・インストール型(Windowsにも対応)

・2ライセンスの買い切り型

・電話サポート付きで格安料金を実現

【販売価格】
かんたん節税申告パック 8,150円+税
節税申告パック 10,000円+税

Mac・Windowsの両方に対応しているインストール型の確定申告ソフトとしては、「やるぞ!青色申告」があります。

買い切りなので、一度ソフトの購入費用を支払えば、税制改正やOSのアップデート等により動作しなくなるまで使い続けられます。

また、ひとつのソフトで2ライセンスが入っているため、最大2台のコンピューターにインストールして使うことが可能です。

「かんたん節税申告パック」は、メールサポートのみが付いたプランです。「節税申告パック」は、電話やリモート操作によるサポートが付いており、不動産業や農業を営む自営業者にも対応しているソフトとなります。

歴史のある昔ながらの会計ソフトなので安心感はありますが、クラウド会計ソフトの強みである「自動取り込み」がないため、仕訳入力の手間はかかります。

ただ、継続的な支払いが発生しないため、コスト面ではインストール型の方が優れています。(最も、税制改正やコンピューターのOSをバージョンした場合は、インストール型であってもソフトの買い直しが必要となるケースがあります)

▼やるぞ!青色申告 利用者の口コミ

無料の確定申告ソフトなら「やよい」がおすすめ

クラウド確定申告ソフト

マカー(Macユーザー)の方で、これから確定申告をするのであれば、クラウド確定申告ソフトの

のいずれかを選ぶのがおすすめです。

もし、確定申告がはじめてで無料のソフトで済ませたいという場合は「1年目に限り完全無料ですべての機能が使える、やよいの青色申告オンライン」がおすすめです。

業界トップシェアの確定申告ソフトかつ、1年間は完全無料ですべての機能が使えるのはメリットが大きいです。

ただし、これからも自営業として営業を続けていき、来年、再来年も確定申告をする予定がある方は、一番使いやすいソフトを選択するのが一番だと思います。

いずれの確定申告ソフトも多くの方が使っており、決算書や確定申告書類を作成するには十分な機能が揃っています。

freee、MFクラウド確定申告、やよいの青色申告オンラインはいずれも、無料でお試し利用ができるので、すべて使ってみて、自分と一番相性が良いソフトを見つけてください。

次の記事は、「個人事業主向け、2018年版 青色申告ソフトを口コミで比較」です。

Windows利用者の方向けに書いた記事ですが、同じく、freeeやMFクラウド確定申告、やよいの青色申告の口コミを掲載していますので、確定申告ソフトを選ぶ上での参考になると思います。

合わせてご覧ください。

確定申告に関する記事

最後まで読んでいただきありがとうございました

0件のコメント

コメントを投稿する