GビズIDで何ができるの?実際に取得したので手順をわかりやすく解説します

B! pocket

GビズID取得しました

政府は近年、電子申請の取り組みを進めています。

最近では、マイナンバーカードで確定申告の電子申請(e-Tax)ができるようになったり、法人税などのクレジットカード払いもできるようになりました。

この記事で取り上げる「GビズID」もそうした取り組みの1つです。

GビズIDは個人事業主、小規模法人でも簡単に取得できます。(もちろん無料です)

私も実際に取得してみましたので、取得手順を共有します。

GビズIDとは?
1つのアカウントで複数の行政サービスにアクセスできる認証システム。

無料アカウントを取得しておくと、さまざまな行政サービスの電子申請が可能となる。

GビズIDで何ができる?

GビズIDは、令和2年4月(2020年4月)から始まった制度です。よって、まだできることは限られます。

しかしこれから続々と、GビズIDでできる電子申請が増えてきますので、今のうちに取得しておいて損はありません。

できることの代表例としては、

  • 年金事務所が管轄する「社会保険」に関する手続き
  • ハローワークが管轄する「雇用保険」に関する手続き

などがあげられます。

GビズIDを取得しておくと、これらの手続きが電子申請できるようになります。

いずれも、従業員を雇用したり、従業員が退職したときにやらなくてはならない手続きです。

直接、年金事務所やハローワークに出向くのは時間がかかりますし、書類を郵送するのにもコストがかかります。

GビズIDを活用すれば、これらの手続きを1円の費用もかけることなく、自宅・事務所からすぐに行うことが可能です。(24時間365日、いつでも利用できます)

gBizIDには「プライム」「メンバー」「エントリー」の3種類のアカウントがあり、利用可能な行政サービスが異なります。

アカウント取得にあたっては、すべての行政サービス利用に対応した最上位アカウント「GビズIDプライム」の取得をおすすめします。(プライムアカウントでも簡単に取得可能です)

GビズIDで利用できる行政サービスの一覧(2020年4月10日時点)

jGrants
補助金申請システム。プライムのみ。
社会保険手続きの電子申請
社会保険の手続きの電子申請。プライム、メンバーのみ。
保安ネット
産業保安・製品安全分野の一部手続きを電子申請。
農林水産省共通申請サービス
農林水産省の申請手続きを電子申請。
ミラサポplus
中小企業向け補助金、支援サイト。支援制度検索など。
省エネ法定期報告書情報提供システム
特定事業者等向けに省エネ取組に有用となる情報を提供。プライム、メンバーのみ。
鉱業原簿登録更新サイト
鉱業権設定に係る登録免許税納付後から鉱業原簿への登録手続きを電子申請。プライム、メンバーのみ。
令和元年度補正事業承継補助金
事業承継を契機として経営革新等を行う中小企業・小規模事業者等に対する補助金の電子申請。プライム、メンバーのみ。

これだけたくさんの行政サービスが電子申請できるようになるのは、大きなメリットですね。

活用シーンの多そうな「jGrants(補助金申請システム)」はgBizIDプライムのみ、社会保険手続きの電子申請はgBizIDプライム、gBizIDメンバーのみが利用できるサービスです。

アカウントを取得するなら、最上位アカウントである「gBizIDプライム」を強くおすすめします。

持続化給付金の申請にGビズIDプライムの取得は不要

新型コロナウイルスの問題により、政府から様々な給付金・補助金・融資制度などが提供されています。

一部で「持続化給付金を受け取るためにはGビズIDプライムのアカウントが必要」との情報がありましたが、持続化給付金の申請にGビズIDプライムの取得は不要です。

GビズIDの公式サイトにて

持続化給付金※の申請にgBizIDプライムアカウントの新規取得は必要ありません。
本件に関するGビズIDの窓口へのお問合せはお控えください。

との記載が出ていますので、お間違えのないようお願いします。

GビズIDプライムの取得手順

今回は、私が実際に行った

  • GビズIDプライムのアカウント取得
  • 法人での申請

で説明します。個人事業主の方でも基本的な申請方法は同じです。

まず、GビズIDの公式サイトにアクセスし、「gBizIDプライム作成」ボタンをクリックします。
GビズIDの公式サイト

フォームに必要事項を入力し「gBizIDプライム申請書」を作成します。法人の場合は法人番号の入力が必要です。(個人事業主は不要)
自社の法人番号がわからない場合は「国税庁法人番号公表サイト」で検索します。
GビズIDの入力フォーム

必要事項の入力が完了したら、自動的に申請書が完成しますので「申請書をダウンロード」をクリックし、gBizIDプライム申請書のPDFをダウンロードします。
GビズIDの申請書のダウンロード

(画像が少し大きいですが)このような形で申請書(PDF)が完成しますので、このPDFファイルを印刷します。印刷後、「作成日」を記入し、「実印(印鑑証明書と同じ実印)」を押印します。
GビズIDプライム 登録申請書(法人)

gBizIDプライム申請書の最下部に、送付先が記載されていますので、

  • 印刷したgBizIDプライム申請書(押印必要)
  • 印鑑証明書の原本(発行後3ヶ月以内のもの)

をあわせて郵送にて送付します。

印鑑証明書を郵送で取り寄せる方法はこちら

手続き完了後、問題がなければ、メールにて「gBizIDプライムのアカウントの開設完了通知」が届きます。

gBizID 公式サイトはこちら

もっと業務効率化

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
26歳の時に右も左もわからない状態で個人事業主になりました。2年後、株式会社クートンを設立し、現在8期目です。「いい人」がたくさんいる世界の実現が目標です。「人の価値とはその人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる」 - アインシュタイン 姉妹サイト「1億人の投資術」でも記事を書いています。

より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

最後まで読んでいただきありがとうございました

0件のコメント

質問・コメントはこちら
個人事業主・フリーランス アンケート
ビジネスカード大全集
小さな個人店 キャッシュレス導入のメリット・デメリット

ビジネスに役立つ記事を配信中