Amazonビジネスのメリット・デメリットとお得に使う方法を解説

B! pocket

Amazonビジネス

最近、積極的に利用しているAmazonの法人・個人事業主向けサービス「Amazonビジネス」について。

先日、オンラインセミナーに参加したことで、これまであまり知られていなかったメリット・デメリットがわかったので共有します。

私の会社では、従業員にクレジットカードをもたせて、必要経費をそれぞれ自由に買ってもらうようにしています。

しかし、クレジットカードの限度額や社員の決済可能金額に制限を設けているため、高額商品については、会社が代理購入することもあります。

このような時、配送スピードや価格面で優れているAmazonビジネスを利用しています。

Amazonビジネスのメリット

ビジネスでもAmazonを利用するメリットは、なんと言っても「価格の安さ」です。

Amazonビジネスでは、通常のAmazonよりもさらに価格競争力のある商品が揃っています。

法人価格でさらに安く

工場で働く

通常のAmazonとAmazonビジネスでは価格が違うのか?という疑問は多くの方が気になる部分だと思います。

Amazonビジネスのオンラインセミナーで聞いた話によると、

  • 法人価格で販売されている商品がある
  • 通常のAmazonよりも価格が高くなることは絶対にない

ということです。

Amazonビジネスで販売している商品の価格は、ログイン後でなければ見れません。よって、ビジネス向けAmazonの本当の販売価格を知るためには、実際に登録して見る必要があります

一部の商品は、法人価格で売られており、通常のAmazonよりも安く販売されています

Amazon Businessに登録された法人・個人事業主のお客様のみ、法人価格が表示されます。一部の商品を対象としたもので、Amazonの全商品に適用されるわけではありません。

法人価格が表示される場合、比較価格に対して取り消し線が表示されます。参考価格が登録されている商品の場合、参考価格が比較価格として表示され、参考価格の登録のない商品については、Amazon Businessに登録されていないお客様がその商品を購入できる価格(個人向け価格)が比較価格として表示されます。

とは言え、ほとんどの商品は通常のAmazonと同じ価格ですので、Amazonビジネスの価格に過度な期待をすることは禁物です。

オンラインセミナーに参加してみて、個人的に安心材料だったのは「通常のAmazonよりも安くなることはあっても、価格が高くなることは絶対にない」という回答が得られたことです。

ビジネス版Amazonの方が価格優位性があるので、法人・個人事業主の方はAmazonビジネスを使った方がお得になります。

税抜表記に注意

なお、Amazonビジネスでは販売価格は「税抜」で表記されています。(その下に小さく税込価格も表記されています)

一般のAmazonは税込価格が大きく表示されているので、この点を見間違えないように注意が必要です。

数量割引あり

レストランで働く

また、Amazonビジネスでは「数量割引」が適用できる商品もあります。たくさん買ったらそれだけ1品あたりの単価が下がる「ボリュームディスカウント」商品のことです。

数量割引を利用することで、中には表示価格からさらに30%以上安くなる商品もあります。

数量割引は、「カートに入れる」ボタンの近くに「数量割引を適用して¥ xxx (税込)でこの商品を購入する 」と記載されています。

また、一部の商品はボリュームディスカウントのリクエストが可能です。

「たくさん買うからさらに値下げしてほしい」という要望がある時に、ショップにリクエストを送ることができます。ショップから回答が得られたら、自分だけの特別価格で商品を購入することが可能です。

リクエストを受付しているショップは少ないのですが、こうした価格交渉のチャンスがあることも、Amazonビジネスのメリットだと思います。

クーポンを使う

クーポン

これは、ビジネス版に限定したものではなく、通常のAmazonでも利用できるサービスなのですが、オンラインセミナーでAmazonスタッフがおすすめしていたページです。

Amazonクーポン
クーポンを入手して表示価格よりもさらにお得に商品が買える。Amazonの検索窓に「クーポン」と入力する。
業務用ストア
プロや飲食店向けの食材販売ページ。文房具などの取り扱いもある。業務用で使う食材や事務用品の仕入れに使える。
アウトレット
Amazonで販売し、その後返品された商品の中から、Amazonの品質基準に問題がないと判斷したものを、通常よりも安いアウトレット価格で提供。
ヤスイイね
食料品や日用品を中心としたクーポンやタイムセール。
Amazonベーシック
Amazonのプライベートブランド。高品質の商品を低価格でお届け。
Amazonブランド
食料品や日用品を中心としたAmazonのプライベートブランド商品。検索窓に「Amazonブランド」と入力する。

上記ページが示すとおり、Amazonではあまり知られていない「隠れた」ページがたくさんあります。

これらのページをブックマークしておくことで、ビジネスで使う事務用品や仕入れをより安く行うことができます。

また、ここ数年Amazonは「プライベートブランド」を強化しています。

私の会社でもAmazonベーシックのケーブルや乾電池を導入していますが、いずれも使用感に問題はなく、安い価格なので満足しています。(Amazon上でのレビューも悪くないものが多いです)

こうしたプライベートブランドを活用していくことでも、経費削減に繋がると思います。

Amazonビジネスのデメリット

疑問

Amazonビジネスのデメリットは、通常のAmazonと同様に「プライム会員にならないと配送料が有料」だということです。

2018年10月までは、ビジネスプライム配送特典が完全無料で提供されていましたが、10月下旬からこれが有料化されます。

ビジネスプライム配送特典
1品から送料無料
ビジネスプライムに加入すると、金額に関係なく1品から送料無料で注文できます。Amazonビジネスの通常会員は、注文金額2,000円以上で送料無料、2,000円未満の場合は、1注文あたり通常400円~440円の送料がかかる。
お届け日時指定便が無料
ビジネスプライムの会員はお届け日時指定便が無料で使えます。通常会員は1回あたり500円程度の手数料が必要。

※なお、ビジネスプライムにはAmazonプライム(個人用)にある動画や音楽の視聴サービスは含まれません

ビジネスプライムに加入しなければ、注文金額2,000円未満の際、Amazonビジネスの配送料が有料となってしまうのはデメリットです。

しかし、すでに個人で「Amazonプライム」に加入している場合、ビジネスプライム配送特典を実質無料で利用できます

Amazonプライム会員に登録済みの個人向けアカウントからビジネスアカウントへプライム配送特典を共有することも可能です。

なお、ビジネスプライム配送特典をご利用頂く場合、Amazon プライム会員に登録済みの個人向けアカウントとビジネスアカウントの両方の注文でプライムの配送特典を利用しつつ、注文は別々のアカウントで管理することができます。

Amazonプライムとビジネスアカウント

つまり、個人向けのAmazonプライム会員とビジネスプライムを共有して使いながらも、アカウントは別で管理できるということです。

Amazonビジネスの登録は無料

なお、Amazonビジネスの利用登録は無料です。

簡単な審査がありますが、個人事業主・法人の方であればすぐに利用することができます。(一般個人の方はAmazonビジネスは利用できません)

Amazonビジネス 公式サイトはこちら

通常のAmazonとの違いは下記の記事でも解説しています。

経費削減につながる記事

最後まで読んでいただきありがとうございました

0件のコメント

コメントを投稿する