【経費削減】タイムズのカーシェアリング活用で車両費を減らす

タイムズカープラス

自社で自動車を所有する時代は終わりつつあります。

社用車を購入して節税できるという意見もあります。しかしシンプルに考えると利益を生まない資産をバランスシートに載せることは得策ではありません。

また、社用車には節税以上の「維持費」がかかるので、車に乗って移動することが少ないのであれば、自社で車を買うよりもカーシェアリングを活用した方が経費削減になります。

持たない経営が注目されている時代は、「節税」という甘い言葉に乗らず不必要なものは持たないほうが良いというのが私の考えです。

社用車を買うと維持費がかかる

コストが増える

社用車を購入すると、車の購入資金が必要となるのはもちろんですが、それ以上に維持費がかかります。

ランニングコストは業績が良い時には気になりませんが、業績が悪化すると削ることが難しい費用負担になってしまいます。

ガソリン代
利用頻度にもよりますがガソリン価格は昔よりも高くなっています。

駐車場代
地方であれば気になりませんが、都会は駐車場代も非常に高いです。

保険料
自動車保険も少なくない出費です。

各種税金
自動車税、重量税などがかかります。また、車検代も税金の一つと考えて良いと思います。

利用頻度や車種によっても変わってきますが、普通車の維持費は年間20万円程度かかると言われています。

車の維持費に毎年20万円を支払うくらいなら社員に臨時ボーナスを毎年出したり、最新のITツールを導入するほうがROI(投資リターン)は大きくなります

稼いだお金をより投資リターンの大きくなるものに使うことが上手な経営の法則であり、利益を生まない車の維持費に毎年20万円を使う必要性は、改めて考え直す必要があります。

もちろん、維持費だけでなく車の購入費も維持費の10倍以上かかってしまいます。

法人用のカーシェアリングなら維持費0円

タイムズカーシェアリング法人会員

私は事業をする上で車に乗る機会が少ないので、タイムズのカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を活用しています。

タイムズカープラスは圧倒的なシェアを誇っており、全国で利用できるサービスです。

すべてコミコミで15分206円(1時間換算すると824円)で、どんな場所からでも乗ることができます。

支払いは毎月まとめて登録したクレジットカードから引き落としとなります。

個人用と法人用の違い

個人事業主の方は個人向けのタイムズカーシェアリングが使えます。法人会員との違いをまとめると以下のようになります。

個人会員
カード発行料金:1,550円(入会時のみ)
月額基本料:1,030円/月

※月額基本料の1,030円はその月の利用料に充当できます。つまり、月額基本料がかかる代わりに、毎月1時間15分は無料で使えるということです。

法人会員
カード発行料金:648円(入会時のみ)/1枚あたり(キャンペーン中は0円
月額基本料:0円

社員の利用分も会社がまとめて引き落とし。「誰がいつどれくらい使ったか」がわかるので、社用車の不正利用防止にも役立つ

個人会員は月額基本料がかかるものの、その料金はその月の利用料に使えるので、実質無料です。

一方で法人会員は無料枠はありませんが月額基本料がかかりません。つまり、タイムズカーシェアリングをまったく使わなくても一切費用はかからず、乗った分だけ課金される仕組みとなっています。

すべてコミコミで15分206円

経済的

利用料は15分206円の時間借りです。

移動距離が多くても料金は変わらず一律なので、計算しやすいです。

また、利用前の予約時間よりも返却予定が早まった場合も、利用分のみが課金されます。

つまり、3時間レンタルする予定で借りたが、打ち合わせが早く終わり1時間で返却できたら、1時間分の利用料のみを支払います。

  • 車両の購入費:0円
  • 駐車場代:0円
  • 保険料:0円
  • 税金:0円
  • 車検代:0円

必要なのは15分206円の利用料だけ

また、利用料が少し上がりますがBMWなどの高級車が利用できるタイムズ駐車場もあります。

いつでもキャンセル可能

予約はパソコンやスマホからいつでも行なえます。

予約開始時刻の1分前までいつでもキャンセルできます。

ガソリン給油と洗車で値引き

給油

タイムズカーシェアリングの面白いところは、ガソリン給油と洗車は利用者の善意によって成り立っているという仕組みです。

ガソリンが半分以下になっている時に、給油をすると利用料金が15分(206円)値引きされます。給油は借りた車の社内にあるカードを使って支払うので、ガソリン代の負担はありません。

同じく、洗車をした場合も15分(206円)が値引きとなります。こちらも上記のカードを使うため、洗車の費用は支払う必要なしです。

タイムズカープラス 公式サイトはこちら

都会の経営者ほど有利な理由

新宿パークタワー

実は、タイムズカープラスは都会で事業を展開している人ほどメリットが大きいです。

その理由は以下の表を見るとわかります。

利用場所 都会 田舎
駐車場代(土地代) 高い 安い
カーシェア設置エリア数 多い 少ない
カーシェア利用料 同じ 同じ

都会であるほど駐車場代は高くなるので、車の維持費用もかさみます。

しかし、タイムズカープラスは全国どこで均一の料金なので、都会でも田舎でも15分206円という値段は同じです。

また、タイムズカープラスはタイムズ駐車場内にある、カーシェア用のエリアに設置されています。

都会になるほどタイムズ駐車場の数も多いので、事務所の近くからいつでも自動車をレンタルすることができるのです。

利用頻度が少ないのであれば、地方・田舎で事業を展開している人でも、十分タイムズカーシェアリングの導入メリットがあると思います。

一方で、都会で事業をしている多くの人にとっては、タイムズカープラスはコスト削減の重要なツールになります。

乗り捨てはできないの?

駐車場

カーシェアリングのよくある質問として「乗り捨てはできないのか?」というものがあります。

例えば、自宅近くのタイムズでカーシェアリングして、事務所まで車通勤し、帰りは電車で帰るというような片道利用ができれば、とても便利ですよね。

しかし残念ながら、現時点ではタイムズカープラスの片道利用はできません。必ず、借りた場所に返す必要があります。

これは法整備が整っていないことによるものなので、すでに一部のエリアでは試験的に乗り捨て利用が可能となっています。

将来的にカーシェアリングの片道利用ができるようになれば、利便性はさらに高まります。

タイムズの駐車場が無料で利用できるの?

タイムズ

これもよくある質問ですが、残念ながらタイムズの駐車場は有料となります。

タイムズカーシェアリングを使っているからといって、タイムズの駐車場を使わなければならないわけではありません。

レンタル中はどの駐車場にでも車を止められます。

逆に、タイムズの駐車場に止めたからとって、駐車場の利用料が値引きされるようなメリットはなく通常料金です。

ただし、タイムズ駐車場なら、タイムズカープラスの会員カードで、キャッシュレスで駐車場料金の支払いができるという利点はあります。

レンタカーとは何が違うのか

レンタカーに乗る女性

タイムズカープラス(カーシェアリング)とタイムズレンタカーの大きな違いは、「15分刻みの時間借りができるかどうか」です。

カーシェアリングであれば、少し出かけてすぐに返ってくるといった短い時間のカーレンタルができます。また、これから急ぎで出かける必要があり、「10分後に車を借りたい」というときも、カーシェアリングが役立ちます。

タイムズカーシェアリングのもう一つの利点として、設置エリアが多いこともあげられます。(ステーション検索はこちら

先ほどにも述べましたが、タイムズカープラスはタイムズ駐車場内に設置されているので、全国の至る所からいつでも自動車を借りることができます。レンタカーは店舗まで足を運ぶのに時間がかかります。

デメリットは利用者が増えていること

ビジネス

タイムズカープラスにもデメリットはあります。

それは、あまりに便利すぎて最近利用者が増えていることです。

利用者が多いので、借りたいと思った時に近くのタイムズ駐車場にカーシェアリング用の空き車両がなく、車を確保できないことがあります。

特に平日の日中は、オフィス街でのタイムズカーシェアリングの利用率が高く、空いていないこともしばしば。。。事前に予約を入れておけば問題なく借りれるのですが、急な利用だとちょっと不便です。

この場合は、「少し遠いタイムズ駐車場まで歩く」、「タクシーを利用する」の2つの解決方法があります。

タイムズ駐車場の数は全国でもダントツNo.1なので、近くの駐車場に空きがなくても、少し歩けばすぐに空き車両のある駐車場に行くことができます。

もちろん、カーシェア用の空き車両はスマホやパソコンでリアルタイムでチェックできるので安心です。

もう一つの方法は、タクシーを使うことです。どうしてもカーシェア用の車が確保できなかったら、タクシーを使えば良いのです。

タクシーは確かに高い乗り物ですが、少し使った程度で社用車の維持費を上回る心配はありません。

私はカーシェアリングとタクシーの使い分けで、今のところ不便なく移動できています。

新しい交通手段として活用できる

タイムズカーシェアリング

私がタイムズカープラスを使うのは、自社で社用車を持つよりもコストダウンできるという理由です。

しかし、タイムズカープラスの利用者は他にも下記のような使い方をしているようです。

・社用車、営業車はすでに持っているけど、繁忙期で一時的に車が足りない時にタイムズカープラスを使っている

・大切な打ち合わせで遅刻できないので、渋滞を避けるために電車で移動。しかし駅から打ち合わせ場所は遠いので、最寄り駅からはカーシェアリングを使って打ち合わせ先へ

タイムズの法人会員は月額利用料が0円で使った分だけ課金されるので、新しい交通手段のひとつとして持っておいて損することがありません。

事前のキャンセルも、予定より早い返却でも使った分だけが請求される顧客目線のサービスは、画期的だと思います。

なぜタイムズがこのような便利過ぎるサービスを提供できるのか、その理由はタイムズが時間貸し駐車場で圧倒的シェアを誇っているからです。

タイムズ(タイムズカーシェアリングの利用場所)は全国各地にあります。

すでに時間貸し駐車場でインフラと呼べるほどのシェアを持っているからこそ、他社が追従できないほどの料金でサービスを提供できるのです。

15分206円で使える業界No.1のカーシェアリングサービス、利用しない手はありません。

タイムズカープラス 公式サイトはこちら

こちらの記事でさらにコストダウンを実現

「いいね」でビジネスに役立つ情報をお届けします

購読
RSSで購読
feedlyで購読
法人口座開設ができるネット銀行一覧