セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は2万円、個人事業主と法人代表者向け

B! pocket

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

プラチナカードを持つ最大のメリットは、24時間365日対応のコンシェルジュデスク(秘書サービス)が使えることだと思います。

一般的なカスタマーサポートとは違い、コンシェルジュデスクでは様々な相談や予約の手配を承ってくれます。

例えば、出張先や取引先との会食の際、シーンに見合う良いお店を提案してくれたり、条件に応じたホテルやレストランを探し出してくれます。

コンシェルジュデスクの利用は何度でも無料です。すべてビジネスプラチナカードの年会費に含まれています。

このような手厚いサービスが提供されることから、一般的にプラチナカードの年会費は極めて高額に設定されています。

しかし、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードであれば、年会費2万円+税でこうした特典を利用することが可能です。

この記事では、個人事業主・法人代表者が手軽に持てるビジネスプラチナカード「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」の特典と年会費について詳しく解説します。

また、ビジネスカードですので、2万円の年会費は全額経費で落とせるという点も、大きなメリットです。

JALマイルがすごくたまる

JALマイル

あまり知られていないのですが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、ポイント還元率の高いクレジットカードです。

通常は、クレジットカード利用金額1,000円ごとに1永久不滅ポイントがたまります。

1永久不滅ポイントには5円相当の価値がありますので、ポイント還元率は0.5%です。

また、海外でクレジットカードを利用した場合は、付与率が2倍になるため、1,000円ごとに2ポイント、つまり還元率が1%になります。

これだけだと、特に大きなメリットは感じられません。しかし、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードには、SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)という強力なサービスに無料加入できる特典があります。

プラチナカード会員は、SAISON MILE CLUB(JALコース)に無料で登録できます。

JALコースに加入すると、クレジットカードの利用でたまる永久不滅ポイントが、自動的にJALマイルに移行されるようになります。

その移行レートは「クレジットカード利用金額1,000円ごとに10マイル」です。

航空会社のマイルを貯めている人はピンときたと思いますが、この還元率は極めて高いです。

一般的に、航空会社のマイルは1マイルあたり3円相当の価値があると言われています。

マイルを使って予約する座席のグレードによって1マイルあたりの価値は1.2~9円程度に変動しますが、多くの場合1マイル=3円で消化できることが多いです。

仮に、1マイルを3円として換算すると、SAISON MILE CLUB(JALコース)の加入によって、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの還元率は3%になります。

SAISON MILE CLUBには別途登録が必要ですが、登録料や年会費は無料です。

なお、この特典はあまりにお得過ぎるので、年間の移行上限マイルは15万マイルに制限されています。(年間1,500万円のカード利用で15万マイルがたまる計算)

さらに

SAISON MILE CLUBに登録すると、上記に加えてさらに「永久不滅ポイントがたまる優遇サービス」を受けられます。

セゾンマイルクラブに登録することで、カード利用1,000円ごとに10マイルがたまり、その還元率は3%になると述べました。

これに加えて、永久不滅ポイントが2,000円ごとに1ポイント付与されます。(還元率は0.25%)

還元率は微々たるものですが、JALマイルと永久不滅ポイントをあわせると、合計3.25%のビジネス向けクレジットカードとして使えます。

仮に、ポイント還元率を3.25%として計算すると、年間70万円ほどのカード利用で年会費の元が取れる計算になります。

ビジネス用クレジットカードとして経費精算に使えば、すぐに年間70万円のハードルは超えられると思います。

プラチナカード 公式サイトはこちら

コナミスポーツクラブの優待

コナミスポーツクラブ

最近は、ITワークを中心としたビジネスを展開している経営者も増えています。

私自身もそうなのですが、ITワーカーの悩みは「慢性的な運動不足に陥りやすい」点にあると思います。

日中をどうしてもPCの前で過ごすことが多いので、私も自分自身でフィットネスクラブに通うといった運動不足の対策を行っています。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの会員になると、全国的にも店舗数が多い「コナミスポーツクラブ」を

  • 都度利用(1回ごとのお支払い)
  • 法人会員価格での入会

で活用できます。

当然ですが、一般個人として入会するよりも、法人価格の方がお得です。

個人事業主の方であっても、カード会員であれば法人価格でコナミスポーツクラブを利用できます。

また、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでは、その他のフィットネス関連特典として、

エグザス
都度利用:500円引き 月会費:1,000円引き
スタジオ・ヨギー
都度利用(通常3,000円):1,500円または2,000円に割引 月会費:15,000円に優待

も提供しています。

LOFT(ロフト)の優待

LOFT(ロフト)

経営者としてビジネスを行う上で、ノートや手帳、ボールペン、万年筆などの備品にはこだわりたいという方も多いと思います。

こだわりの雑貨や備品がそろうLOFT(ロフト)は、消耗品や事務用品を購入するお店として重宝します。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの会員は、

  • 毎月、月末の金土日に開催される優待:5%OFF
  • 年数回の優待会

に参加できます。

ロフトにて1,000円+税以上の買い物が優待適用の条件となります。普段は価格が気になって手が出しにくい商品も、優待日を狙って購入することで経費の節約につながります。

※この優待はロフトのネットショップは対象外です

高額な設備購入への補償

オフィス家具

特に店舗を運営する経営者の場合、備品や設備の購入で巨額のお金を決済することもあるかと思います。

高額な設備などの購入には、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードに標準でついている「ショッピング安心保険」が力を発揮します。

この特典は、事前申し込みや追加の費用が不要で使えます。支払いをセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードで行うだけで補償が適用されます。

ショッピング安心保険では、カードで購入した商品がもし、破損や盗難などの被害にあった場合でも、購入日から120日間、年間300万円を上限にセゾンカード(クレディセゾン)が補償してくれます。

保証期間が120日間(約4ヶ月間)と、一般的なクレジットカードと比較して長くなっており、また1事故あたりの補償金額の上限が300万円なので、高額な商品の補償にも活用できます。

さらに、補償を適用することになった場合でも、自己負担額は0円です。(ただし、1万円以上の商品の損害のみが対象となります)

この特典は、特に海外から設備や備品を購入する時に使えると思います。

海外から設備を購入した場合、もしトラブルがあっても、言語の問題で返品・交換などに応じてもらえないことが少なくないからです。

国内・海外での購入を問わず、補償の対象になるというのも、ショッピング安心保険の大きな特徴です。

もちろん、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードにはカード盗難補償やネット不正利用に対する補償もついています。

いずれも事前の申し込みや費用は不要です。

ネット利用でカード番号が漏洩したり、クレジットカードを落としてしまったりして、不正利用されてしまった場合でも、その被害額を私たちが負担する必要はありません。

事故後にすぐ届出ることで、すべてキャンセル扱いにしてもらえます。

出張・旅行に役立つ手厚いサービス

出張するビジネスウーマン

プラチナカードの会員は、ホテルの宿泊なども優待料金になることが多いです。

取引先との会食でレストランを選ぶ場合、出張で航空券を手配する場合、そしてホテルに宿泊する場合など、いずれもコンシェルジュデスク(秘書サービス)に電話で問い合わせてみることをおすすめします。

なぜなら、ホテルの部屋が無料でアップグレードされたり、通常よりも安価な優待価格で利用できるなど、プラチナカードならではの様々な特典を、コンシェルジュが的確に案内してくれるからです。

また、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでは、世界にネットワークをもつアメックスの優待も利用できます。

トラベルやダイニングの優待は非常に豊富ですので、最適なプランを選ぶためにも、コンシェルジュに聞いてみるのが一番です。

24時間365日対応のコンシェルジュデスクが使えるからプラチナカードを持っているという経営者は少なくありません。

プラチナコンシェルジュデスクは何度利用しても無料です。

秘書サービスの利用に年会費2万円を支払う価値は十分あると考えます。

ビジネスプラチナカード 公式サイトはこちら

プライオリティ・パスを無料で発行

プライオリティパス

プライオリティ・パスは、世界140ヵ国、1,200ヵ所以上の空港ラウンジを無料で利用できるサービスです。

プライオリティ・パスを持っているだけで、海外旅行・海外出張時において、飛行機の待ち時間にグレードの高い空港ラウンジを使えるようになります。

私自身もプライオリティ・パスを持っていますが、海外に行った祭、ビジネスクラスやファーストクラス専用のラウンジが利用できるのはとても快適です。(自分のチケットのグレードに関係なく利用できます)

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの会員は、プライオリティ・パスを無料で入手できます。

本来なら、429米ドルの年会費が必要なプレステージ会員への登録が、ずっと無料です。

海外へ出向く機会が多い経営者にとっては、プライオリティ・パスの無料利用特典だけでも、十分なメリットを感じられるはずです。

なお、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでは、国内主要空港に設置されているラウンジもカードの提示のみで無料利用できます。

最高1億円の旅行保険を付帯

ANA航空機

国内・海外旅行保険もクレジットカードに付帯しています。

もちろん、事前の登録や申込みは不要で、これらの特典も年会費の範囲でまかなわれているので安心です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの旅行保険は、

  • 海外旅行保険:最高1億円
  • 国内旅行保険:最高5,000万円

とプラチナカードにふさわしい手厚い補償内容となっており、国内・海外を問わず、安心して出張に行くことができます。

もし、海外出張中に病気やケガをしてしまうと、治療費が高額になってしまう恐れがあります。しかし、旅行保険を使うことでこれらの費用を無料化することが可能です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでは、旅行保険を「自動付帯」していますので、旅行代金等をこのカードで支払っていなくても、補償の対象になります。

利用付帯の場合は、一部補償内容が減額される場合がありますので、可能であれば出張費の支払いもセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードで行うことをおすすめします。

旅行代理店や空港の自動販売機で旅行保険を購入している方を多くみかけます。

しかし、クレジットカード付帯の旅行保険を活用することで、これらの購入費用を節約することができます。

Apple Payや電子マネーが使える

Apple Pay(アップルペイ)

ビジネスクレジットカードの多くが、電子マネーやApple Payに対応していません。

キャッシュレス社会になりつつある今、クレジットカードすら持ち歩くのは面倒であり、スマホで支払いができる仕組みが求められています。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、ビジネスクレジットカードでありながら、すでに電子マネー・Apple Payに対応しています。

Apple Pay
iPhoneの対応機種で利用可能。全国のQUICPay加盟店にて使えます。
電子マネーiD・QUICPay
おサイフケータイ対応の携帯電話で利用可能。

いずれも無料で利用できます。

Apple Payの登録手続きはとても簡単です。

対応しているiPhoneの「WALLETアプリ」を立ち上げ、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの券面を読み取るだけです。

一度iPhoneにカードを登録すれば、携帯端末をかざすだけで、全国のQUICPay加盟店に電子マネーによる支払いが行なえます。

もちろん、電子マネーやApple Payを使って支払った金額も、永久不滅ポイントの付与対象です。

電子マネーやApple Payに対応している個人事業主・法人向けのクレジットカードは意外と少なく、このカードは貴重な一枚となっています。

ビジネスシーンに役立つ5大特典

ビジネスパートナー

ビジネス向けの特典としては、大きく5つの優待やサービスが提供されます。

中でも特におすすめなのが、クラウド会計ソフトfreeeの利用料が最大3ヶ月間無料になる特典です。この特典は、はじめてfreee(フリー)を使う方に限られます。

自動仕訳で手軽に帳簿や決算書の作成ができるクラウド会計ソフトは、業界のスタンダードになりつつあります。

また、freeeに登録すると、ジャパンネット銀行の振込手数料が業界最安水準に優遇されるなど、様々な特典が受けられるようになります。

クラウド会計ソフトを中心に、業務効率化やコスト効率化が大きく進んでいるのが現状です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでは、freeeの3ヶ月無料特典の他にも、数多くのビジネス優待が用意されています。

クラウド会計ソフト「freee(フリー)」
最大3ヶ月間の無料利用。
セゾン弁護士紹介サービス
セゾンが相談内容にあわせて最適な弁護士を紹介。利用料は30分につき5,000円+税。
顧問弁護士サービス「リーガルプロテクト」
弁護士や税理士のサポートが得られる。通常3,980円の月額利用料金を3,480円に割引。
ビジネス書要約サイト「flier(フライヤー)」
読み放題プランが30%OFF、さらに3ヶ月間無料で利用可能。(ゴールドプラン)
クラウド経費精算「Staple(ステイプル)」
6ヶ月間の無料クーポンを進呈。

※いずれも新規利用者が対象となる優待です。

また、セゾンカードならではの「セゾン弁護士紹介サービス」も、万が一のトラブルの時に頼れる存在です。

もしビジネスでトラブルが生じても、弁護士とのコネクションがなければ、その問題に強みをもつ弁護士を見つけることは困難です。

セゾン弁護士紹介サービスでは、あらゆる法務相談に対して、最適な人材を紹介してくれます。

年会費は1万円まで減額可能

コストカット

冒頭でも述べた通り、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は2万円+税です。

プラチナカードの年会費はとても幅広く、高額なものだと13万円以上します。また、平均的に見ても年会費は5万円程度です。

2万円+税でも十分安いと思えるビジネスプラチナカードですが、実は特定の条件を満たすことで、年会費を半額にできます

その条件とは、「年間200万円以上のショッピング利用をすること」です。(キャッシングや年会費の支払いはカウント対象外)

純粋なクレジットカードの利用金額が年間200万円を超えれば、次年度の年会費が1万円+税に減額されます。

個人事業主や法人の場合、経費の精算で、年間200万円以上クレジットカードを使う方も多いと思います。

経費精算をセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードに一本化すれば、決して高いハードルではありません。

毎年200万円以上の決済をしていれば、このビジネスプラチナカードは、ずっと1万円+税の年会費で使い続けられます。

もちろん、年会費割引の条件達成・未達成に関係なく、ビジネスクレジットカードの年会費は全額経費で落ちるので安心です。

また、年会費を含めたカード利用金額は、個人口座・法人口座のどちらでも引き落とし口座に登録できます。(個人事業主の場合は、個人名義・屋号名義どちらでも引き落とし口座に設定可)

セゾンカードなら、ETCカードの発行手数料・年会費も永久無料です。

社員向けのETCカードも追加発行できます。

社員向けの追加カードを3,000円で発行

働く社員

ビジネス向けのクレジットカードでは、従業員に持たせて使いたいというニーズも多いです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでは、最大4枚までの追加カード発行にも対応しています。

追加カードの年会費は1枚あたり3,000円+税です。

本カードは未成年の発行が不可でしたが、追加カードでは18歳以上の社員、または生計をともにするご家族であれば申し込めます

残念ながら、追加カードの発行は4枚までに制限されていますが、社員にも格安の年会費でプラチナカードをもたせることができ、モチベーションを高めることが可能です。

なお、追加カードの請求額についても、代表口座から一括引き落としとなります。

利用明細には使用者ごとの明細が記載されますので「誰が、いつ、何に、いくら経費を使った」を把握できるのも利点です。

プラチナカードの申込資格

一般的なプラチナカードは、選ばれた方だけに送付されるインビテーション(招待状)をもって、入会の申込みができます。

しかし、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの場合は、はじめてセゾンカードを持つ人や、創業間もない経営者でも、WEBから直接申込みが可能です。

▼申込資格

  • 個人事業主または経営者の方(学生、未成年を除く)

たった1つの条件さえ満たしていれば、どなたでもセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードに申し込めます。

事業を営む個人事業主や法人代表者であることが申込条件ですので、サラリーマンの方や一般の方は申込めません。また、起業家であっても未成年や学生は対象外となっています。

プラチナカード 公式サイトはこちら

こちらのビジネスカードもおすすめ

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
26歳の時に右も左もわからない状態で個人事業主になりました。2年後、株式会社クートンを設立し、現在に至ります。「いい人」がたくさんいる世界の実現が目標です。「人の価値とはその人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる」 - アインシュタイン

より良い情報をお届けするため、ちゃすけ がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

最後まで読んでいただきありがとうございました

0件のコメント

質問・コメントはこちら
個人事業主・フリーランス アンケート