ラグジュアリーカードは究極のビジネスカード、その年会費は成功者の証

B! pocket

ラグジュアリーカード(ブラック)

ビジネス向けクレジットカードの中で、おそらく最も年会費が高額なのが「ラグジュアリーカード」です。

豪華絢爛な金属製カードと最上級の優待特典を有し、個人事業主・法人代表者の経営をサポートします。

ラグジュアリーカードは個人事業主・法人代表者、どちらでも申し込めます

しかし、年会費が極めて高く、最も安いものでも5万円+税、最も高額なカードは20万円+税となっています。

駆け出しの経営者にとっては到底、手が届かないビジネスカードです。そう考えると、ラグジュアリーカードは「成功者の証」と言えます。

今回は、ビジネス向けラグジュアリーカードの特典や種類を詳しく取り上げます。

なお、個人向けカードとビジネス向けカードのスペックは同じです

年会費は驚きの20万円超

ラグジュアリーカード(ゴールド)

ラグジュアリーカードには3つの種類が存在します。

グレードの高いものから、

  • ゴールドカード
  • ブラックカード
  • チタンカード

となっています。

少し意外ですが、ラグジュアリーカードでは「ゴールドカードが最上位ランク(ブラックカードのさらに上のランク)」です。

すべてのカードが金属製で、一般的なクレジットカードとは一線を画します。

年会費は、「ゴールドカードが20万円+税」と最も高く、続いて「ブラックカードが10万円+税」、最もリーズナブルな「チタンカードは5万円+税」となります。

ビジネスクレジットカードの場合、年会費は経費で落とせますが、経営者にとって、よほどの余裕がなければ、これだけの年会費を支払うことは難しいでしょう。

個人向けのラグジュアリーカードでは「ゴールドカード」は招待制となっています。(直接の申込みはできません)

しかし、個人事業主・法人代表者向けのビジネス用ラグジュアリーカードは「ゴールドカード」も直接申込みが可能です。

最初からゴールドカードを狙いたい経営者の方は、ビジネス向けのラグジュアリーカードがおすすめです。

こだわり抜いた金属製カード

ラグジュアリーカード(チタン)

ラグジュアリーカードは見た瞬間に「高額なカード」であることがわかるように作られています。

なぜなら、ゴールド・ブラック・チタンのすべてのカードが「金属製」だからです。

46種類もの特許技術を使うことで、洗練されたデザインのカードを作ることに成功。クレジットカードの支払いの際、手渡した瞬間に相手にその凄みを伝えることができます

ビジネスカードには、特殊なレーザーによって刻印した「社名」が入ります。

カード券面のスペックをわかりやすくまとめます。中でも、24金をあしらったゴールドカードは特別です。

ゴールドカード
24金コーティングで作った最上位カード
ブラックカード
落ち着きのあるマット加工を採用
チタンカード
金属製であることがすぐにわかるブラッシュド加工を採用

すべてのカードで、刻印やMastercardのロゴは、1枚ずつレーザーによる削り出しをおこなっています。(社名・カードブランドロゴ、ともに立体彫刻仕様です)

また、裏面にはカーボン素材を採用し適度な重みが感じられます。

メール対応も可能なコンシェルジュ・デスク

プラチナ・コンシェルジュデスク

ゴールド・ブラック・チタン、すべてのラグジュアリーカードで「コンシェルジュ・デスク」が使えます。

コンシェルジュサービスは、国内・海外から24時間365日いつでも、様々な要望に応えます。

ホテルやレストラン、航空券の予約はもちろん、トラブルの対応や近隣でおすすめのレストランの提案などもできます。

ラグジュアリーカードのコンシェルジュ・デスクは「メール・電話どちらでも対応可能」となっています。

一般的なプラチナカードのサポートデスクは、電話のみの応対であることがほとんどです。

しかし、ラグジュアリーカードでは忙しいビジネスオーナーのニーズに応えるため、メールでのやりとりにも応えてくれる「優秀な秘書」が揃っています。

もちろん、コンシェルジュデスクの利用は何度でも無料です。すべて年会費の範囲でまかなわれています。

ホテル・レストランでの無料アップグレード

Mastercardビジネス・アシスト

ラグジュアリーカードは、国内では唯一となる「World Elite Mastercard(ワールドエリートマスターカード)」採用のクレジットカードです。

「World Elite Mastercard」は、Mastercardの最上位グレードであることの証明です。

Mastercardのワールドエリートでは、同社が提携している国内・海外の提携ホテル・レストランにおいて、様々なVIPサービスを受けることができます。

宿泊予定のホテルでは、部屋に空室があれば予約していた部屋のグレードを無料でアップグレードしてくれます。

また、レストランでも、コースのグレードが上がったり、特別な一品を無料で追加してくれるなどの優待があります。

ラグジュアリーカードを使うことで、様々なシチュエーションで「特別なお客様」としておもてなしを受けることができ、VIP待遇で迎えてもらうことが可能です。

Mastercardが提携しているホテル・レストランや優待が受けられるお店については、いつでも電話・メールでコンシェルジュに問い合わせることができます。(24時間 年中無休)

また、ラグジュアリーカード単独でも「Luxury Card Hotel & Travel」という優待サービスを提供しています。

提携ホテルにおける無料アップグレードなどのVIP特典は変わりません。Luxury Card Hotel & Travelの提携ホテルの一例は以下の通りです。

提携ホテル(一例)
  • ザ・リッツ・カールトンホテル系列
  • マリオットホテル系列
  • マンダリンオリエンタルホテル系列
  • ヒルトン(コンラッド)系列

ハイグレードなホテル・レストランを利用する経営者が持つことで、本当の実力を発揮するのが、ラグジュアリーカードの強みです。

従業員にも成功体験を

働く社員

ビジネス向けラグジュアリーカードでは、代表会員に加えて従業員用の追加カードを最大4枚まで発行できます。

社員にこのような高級なカードを持たせるのは、少々もったいないと感じるかもしれません。

しかし、従業員カードは本会員と比較して年会費がかなり抑えられています。

追加カードの年会費
  • ゴールド:50,000円+税 / 枚
  • ブラック:25,000円+税 / 枚
  • チタン:15,000円+税 / 枚

社員にあえて高級なビジネスカードを持たせることで、成功体験を植え付けたり、また組織としての結びつきを強化する効果が期待できます。

残念ながら現時点では、追加カードは最大4枚までの発行が上限となっているため、社員数が多い会社では「幹部」だけが持つなどの対応になりそうです。

プライオリティパスを無料で提供

プライオリティパス

世界1,200箇所以上の空港ラウンジが利用可能な「プライオリティパス」を無料で取得できます。

海外の空港ラウンジは通常、有料での入室となります。しかし、プライオリティパスを提示することで、航空券のグレードに関係なく無料利用できるようになります。

例えば、エコノミークラスのチケットを持っていても、海外のファーストクラス・ビジネスクラス専用ラウンジに入室することが可能です。

海外の空港ラウンジでは、フリードリンクやアルコール、軽食などが提供されることも多く、搭乗までの時間をリラックスして過ごせます。

こちらはタイ「スワンナプーム国際空港」のファーストクラスラウンジです。プライオリティパス所有者なら無料で利用できます。
空港ラウンジのバー

空港ラウンジのドリンクサービス

ハワイアン航空のエリート会員ステータス

ハワイアン航空

ラグジュアリーカードの獲得ポイントの交換先の1つに「ハワイアン航空」があります。(詳細は後述)

ラグジュアリーカードとハワイアン航空の結びつきは強く、カード会員になるだけで、航空会社の会員ステータスが無条件でアップグレードされます。

ハワイアン航空には3段階の会員ステータスがあります。

  • HawaiianMiles(初期ステージ)
  • Pualani Gold
  • Pualani Platinum(最上位)

ラグジュアリーカードの会員は、最上位の「Pualani Platinum」となり、座席のアップグレードを始めとする様々なVIP特典が受けられます。

休暇をハワイで過ごすことの多い経営者にとって、この特典は非常にメリットの大きなものだと思います。

最高1.2億円の旅行保険を付帯

空港を歩くビジネスマン

国内・海外旅行保険も完備しています。(事前申込み・追加費用は不要です)

ラグジュアリーカードでは、他社カードの保障をさらに上回る、最高1.2億円の海外旅行保険を備えています。

国内旅行保険は、旅行や出張の費用をラグジュアリーカードで支払った場合に限り、保険適用となります。

  • 海外旅行保険:最高1.2億円(自動付帯)
  • 国内旅行保険:最高1億円(利用付帯)

ゴールド・ブラック・チタンのいずれのグレードでも、補償内容は同じです。

手厚い保障があることで、海外出張時にもし病気やケガをしてしまっても、高い医療費を支払うことなく、無料で最高の治療を受けることができます。

経営者を守る個人賠償責任保険

秘書と社長

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)には、他のクレジットカードではあまり見かけない「個人賠償責任保険」が無料付帯しています。

これは、国内で何らかのトラブルが生じ、法律上の賠償責任を問われた場合に、最大1億円を補償するというものです。

経営者には様々な責任が伴います。

基本的には法人名義で契約を進めていても、場合によっては経営者個人に賠償責任が求められることがあるかもしれません。

こうした、いざという時のトラブルに万全の保障を付けられることも、ラグジュアリーカードが持つメリットの一つです。

もちろん、ラグジュアリーカードの個人賠償責任保険は年会費の範囲でまかなわれていますので、事前の申込みや別途追加の費用が発生することはありません。

なお、この保険は最上位グレードとなるゴールドカード会員だけの特典です。

最大1.5%のポイント還元率

ビジネスマンの財布

ラグジュアリーカードのポイントプログラムでは、カード利用金額1,000円につき1ポイントが貯まります。1ポイントが実質5円相当の価値となるため、ポイント還元率は0.5%になります。(全カード共通)

海外でのカード利用に関しては、ポイント還元率が2倍(1.0%)になります。(1,000円ごとに2ポイント付与)

これに加えて、クレジットカードのグレードごとに「ボーナスポイント」が用意されています。

ゴールドカード
年間200万円以上のカード利用でボーナス。ボーナスポイントは国内カード利用1,000円ごとに2ポイント追加。合計すると最大1.5%のポイント還元率
ブラックカード
年間150万円以上のカード利用でボーナス。ボーナスポイントは国内カード利用1,000円ごとに1ポイント追加。合計すると最大1.0%のポイント還元率
チタンカード
年間100万円以上のカード利用でボーナス。ボーナスポイントは国内カード利用2,000円ごとに1ポイント追加。合計すると最大0.75%のポイント還元率

ゴールドカードの場合で、年間200万円以上の決済がない場合、ラグジュアリーカードの真の力を発揮することはできません

しかし、年間200万円以上のカード利用をする経営者にとっては、ポイント還元率の高いクレジットカードになります。

もちろん、ビジネス向けのラグジュアリーカードは経費の支払いに使えます。業種によっては年間決済金額200万円のハードルはかなり低くなると思います。

加えて、誕生月はさらにカード利用額に0.5%のポイントが上乗せされます。

主なポイント交換先
1ポイント=5円での交換
Amazonギフト券、nanaco、楽天Edy、ANAスカイコインなど
1ポイント=3マイルでの交換
JALマイル、ANAマイル、ハワイアン航空マイルなど

なお、ポイントの有効期限は5年間です。こちらも、通常のポイントプログラムよりも長期となります。

あまり知られていませんが、ラグジュアリーカードは「Suicaチャージ」に使ってもポイントが付与されます。

電子マネーへのチャージは、多くのカード会社が「ポイント対象外」にしていますが、ラグジュアリーカードではそのような制限はありません。

TOHOシネマズの映画鑑賞が毎月3回無料

映画デート

ラグジュアリーカードの会員は、毎月最大3回まで、TOHOシネマズでの映画鑑賞を無料で楽しめます。

1ヶ月の無料回数は、カードのグレードによって異なります。例えば、チタンカードなら毎月1回のみ、映画鑑賞料が無料になります。

▼毎月の無料回数

  • ゴールドカード:毎月3回
  • ブラックカード:毎月2回
  • チタンカード:毎月1回

映画の座席の予約も、コンシェルジュデスクを通じて行えます。

自分で座席を指定しなくても、「後ろの方で真ん中の席を取っておいて」と伝えれば、あとはコンシェルジュが最適な座席を手配してくれます。

繰り返しとなりますが、コンシェルジュへの連絡はメール・電話どちらでもOKです。

映画好きの方にとってはこの上ない特典ですが、残念ながら「同伴者は有料」となります。

つまり、1人で映画を見る分には無料であるものの、同伴者と一緒に映画鑑賞をする場合は、実質半額になるということです。

Apple Payに対応

Apple Pay(アップルペイ)

電子マネー「Apple Pay(アップルペイ)」に対応しています。

Apple Payは、iPhone7以降の機種で使えるモバイル決済サービスです。

ラグジュアリーカードをiPhoneに登録しておくと、全国のQUICPay加盟店で、iPhoneをタッチするだけで支払いができるようになります。暗証番号やサインは不要です。

もちろん、Apple Payで支払った金額もポイント還元の対象です。

税金の支払いに強いビジネスカード

税金の計算

2017年から、税金のクレジットカード払いができるようになりました。

法人税や法人事業税、住民税、そして消費税など、原則としてすべての税金はクレジットカードを使って納税できます。

しかし、クレジットカードを使った税金の支払いには、一律の決済手数料がかかります。

決済手数料
  • 納付税額が最初の1万円まで:76円
  • 以降は1万円ごとに76円

※税別

料率に換算すると、納税額の0.76%+税が決済手数料となります。

また、多くのクレジットカードは「税金の支払いはポイント付与の対象外」としており、税金のカード払いは金銭的なメリットが薄いです。(それでも、支払日を1~2ヶ月先延ばしにできるというメリットはあります)

しかし、ラグジュアリーカードは「税金の支払いでも通常通りポイントを付与する」方針を掲げており、税金をカード払いすると金銭的なメリットを享受できます。

ポイント付与率をおさらいします。

ラグジュアリーカードのポイントは、1ポイント=5円相当です。

Amazonギフト券や楽天Edy、nanacoといった他社ポイントとの交換や、航空会社のマイルと交換することができます。

通常はカード利用額1,000円につき1ポイント(5円)なので、ポイント還元率は0.5%です。

しかし、年間のカード利用が一定金額を超えると「ボーナスポイント」がもらえます。

ゴールドカード
年間200万円以上のカード利用で、国内カード利用金額1,000円ごとに2ポイント追加。(つまり最大ポイント還元率1.5%

ブラックカード
年間150万円以上のカード利用で、国内カード利用金額1,000円ごとに1ポイント追加。(つまり最大ポイント還元率1.0%

チタンカード
年間100万円以上のカード利用で、国内カード利用金額2,000円ごとに1ポイント追加。(つまり最大ポイント還元率0.75%)

上記のボーナスポイントを踏まえて考えると、ゴールドカードまたはブラックカードでは、税金をクレジットカードで支払った方がお得になることがわかります。

0.76%+税の決済手数料を支払い、その代わりに1.0%または1.5%のポイントを受け取るという仕組みです。

仮に、法人税や消費税などの納税額が合計3,000万円の場合。

  • 決済手数料:3,000万円 ✕ 0.76% = 228,000円の支払い
  • ポイント還元:3,000万円 ✕ 1.5% = 450,000円相当の付与
  • 差額は222,000円

となり、年会費20万円+税のゴールドカードの年会費の元が取れる計算となります。

もちろん、ビジネスカードの年会費は経費で落とすことができますが、ポイント還元率で考えても、ラグジュアリーカードは十分な経済的メリットが出せるようになっています。

ビジネスカードは入会申込書が必要

個人事業主・法人代表者向けのラグジュアリーカードの申込みは「入会申込書」が必要です。

WEB完結ではありませんので、申込書を取り寄せ、書面に記入の上、お申込みください。

ラグジュアリーカード 申込書を請求(無料)

最後まで読んでいただきありがとうございました

0件のコメント

コメントを投稿する