Googleドライブの容量をアップする方法、有料版を使うメリット

B! pocket

Google Drive

Googleが提供するオンラインストレージ「Googleドライブ」は、あらゆるファイルをクラウド上にアップロードし、安全に管理できるツールです。

世界最大規模のデータセンターを持つGoogleのサービスは、そのセキュリティの高さや堅牢性で高い評価を得ています。

Googleドライブにアップされたデータは、複数の場所に暗号化した状態で保管されるので、サイバーセキュリティはもちろん、物理的なリスクからも安全にファイルを管理できます。

下記は、私の好きな動画のひとつです。Googleのセキュリティの安全性を示した内容となっています。

この動画からもわかるとおり、現在は自宅のPCにファイルを保管するよりも、クラウドにファイルを置いた方が安心・安全、そして便利に使えます。

しかし、Googleドライブでは、無料のストレージ容量が15GBしか提供されていません。

15GBまでは無料で使えますが、それを超える場合は有料プランを契約することでストレージ容量を増やせます。

Googleドライブの容量は格安料金で増やせるので、個人の方でも気軽に導入できます。

Googleドライブの使用量を確認する

円グラフ

容量をアップグレードする前に、現在のGoogleドライブの使用量と利用状況を確認します。

不要なファイルを削除するだけでも、ストレージの空き容量を増やせる可能性があります。

Googleドライブにアクセスして、左側のメニューバーの「容量をアップグレード」をクリックすると、現在どのアプリにどれくらいの容量を使っているか、わかります。
Googleドライブの空き容量を確認

Googleドライブのストレージ容量は、

  • Googleドライブ
  • Gmail
  • Googleフォト

の3つで共有します。
Gmailを積極的に使っている人は、Gmailがドライブの容量を圧迫している可能性があります。

次に「◯ GB 中 ◯ GB を使用」と書かれている部分をクリックします。

すると、Googleドライブに保存されているファイルのうち、容量の大きいものから順番に表示されます。

「容量の大きい不要なファイル」を削除することで、Googleドライブの空き容量を確保できます。

また、ゴミ箱にあるファイルを削除することでも容量が確保できます。

このような「ストレージ容量の節約」をしても間に合わない時は、容量のアップグレードを検討します。

月額250円でストレージ容量を100GBまで増やせる

クラウド

Googleドライブの有料プランは「Google One」というサービス名で提供されています。

料金は以下の通りです。

ストレージ容量 料金
(月額)
料金
(年額)
1GBあたり
(月額)
100GB 250円 2,500円 2.5円
200GB 380円 3,800円 1.9円
2TB 1,300円 13,000円 0.65円
10TB 13,000円 156,000円 1.3円
20TB 26,000円 312,000円 1.3円
30TB 39,000円 468,000円 1.3円

※料金は税込
※2019年3月時点の料金です

容量を「2TB」にすると、1GBあたりの料金が圧倒的にお得になります。

※1TB = 1テラバイト = 1,000ギガバイト

Googleによると、2TBが最も人気のプランとのこと。

ちなみに、他社の有料プランと比較すると以下のようになります。(2019年6月17日時点)

サービス名 月額 1GBあたり
(月額)
Googleドライブ(2TB) 1,300円 0.65円
Amazon Drive 1,150円 1.15円
OneDrive 1,274円 1.274円
Dropbox Plus(2TB) 1,296円 0.648円

※税込
※1TBプランでの比較。Googleドライブ・Dropboxには1TBプランがないため、2TBプランで比較しています。

以前はGoogleドライブの有料プラン(Google One)の2TBプランがダントツNo.1だったのですが、Dropboxが1TBプランを2TBに増量したことで、優位性は薄れました。

比較してみると、2TBプランを提供しているGoogleドライブ・Dropboxの料金が安いです。(Googleドライブ・Dropboxは1TBプランを提供していません)

最も、クラウドストレージはすでに容量だけの勝負ではなく、使いやすさや機能面での勝負になっています。

アップロードしたファイルを、クラウド上で直接閲覧できる「機能面」や使いやすさは、各自の好みが分かれるところだと思います。

個人的には、GoogleドライブはPDFの閲覧のしやすさや共有のしやすさで優れていると感じます。

ビジネス向け有料プランのGoogleドライブの料金は?

スマホを見る女性

Googleドライブの容量だけを増やしたい場合は、個人向けの有料プラン「Google One」の利用がおすすめです。

一方、ビジネス向けのGoogleドライブ「G Suite(ジースイート)」を使うことで、最大無制限のストレージ容量や独自ドメインのGmailが使えるようになります。

G Suiteはビジネス利用を想定したGoogleのサービスですが、「1名から、個人利用が可能」です。

G Suiteとは?

Googleのビジネス向け有料サービスです。

Gmail、Googleカレンダー、Googleドライブなどの有料版がパッケージされています。

個人利用もできますし、1名からでも使えます。1ユーザーごとの課金なので、1人で使っても損することはありません。

「独自ドメインが設定できる」Gmailの有料版が人気であり、個人で使っている方も多いサービスです。

また、ビジネス向けと言っても使い勝手は個人向けのGmailやGoogleドライブと同じです。

従来どおりのGoogleサービスのスペック強化版なので、さらに使いやすくなっています。

G Suiteは、1ユーザーあたり月額1,496円(年額17,952円)のサービスです。

※料金は税込

この料金の中に、ビジネス向けにスペックが向上したGmail、Googleドライブなどがすべて含まれています。

Googleドライブの容量は無制限に

オンラインストレージ

月額1,360円のG Suiteを選択すると、Googleドライブの容量が無制限になります。

ただし、5ユーザー未満での利用は1ユーザーあたり1TBに容量が制限されますので、1名利用においては実質的に1TBまでの利用が可能です。

ちなみに、Googleドライブ(2TBプラン)は年額払いを選択すると年間13,000円で使えます。

もし年間契約を考えている場合は、

Googleドライブ(有料プラン)
年間13,000円で2TBのストレージ容量が利用可能。
G Suite Business
年間16,320円で1TBのストレージ容量が利用可能。ただし5ユーザー以上の契約でストレージ容量は無制限に。

となるため、5ユーザー未満で利用する場合は、Googleドライブの有料プランを使う方が料金面、容量面ともにお得です。

なお、G Suiteの場合、5ユーザー分のアカウントを発行すればGoogleドライブのストレージが無制限になります。

Googleドライブの有料プランで10TB(月額13,000円)に申し込むのであれば、G Suiteで5ユーザー分のアカウントを取得(月額6,800円)して、容量を無制限にした方がメリットは大きいです。

1TB以上のオンラインストレージを必要とする人は稀だと思いますが、このような使い方も可能です。

有料プランの支払い方法

クレジットカード

Googleドライブ有料プランの支払い方法は、クレジットカードのみとなります。

事前にGoogleにクレジットカード情報を登録し、登録したカードを使って支払いの手続きを行います。

公式サイトによると、G Suiteはプリペイドでの支払いもできるようですが、私の使っているG Suiteの管理画面からは確認できませんでしたので、こちらもやはり基本的にはクレジットカード支払いになると思います。

プランの変更やG Suiteの解約はいつでも自由に行えます。自由度の高さもオンラインストレージのいいところですね。

G Suite 公式サイトはこちら

こちらの記事も読まれています

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
26歳の時に右も左もわからない状態で個人事業主になりました。2年後、株式会社クートンを設立し、現在8期目です。「いい人」がたくさんいる世界の実現が目標です。「人の価値とはその人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる」 - アインシュタイン

より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

最後まで読んでいただきありがとうございました

0件のコメント

質問・コメントはこちら
個人事業主・フリーランス アンケート
ビジネスカード大全集
小さな個人店 キャッシュレス導入のメリット・デメリット

ビジネスに役立つ記事を配信中