年会費無料のライフカードビジネスライトを評価、起業まもない経営者におすすめ

B! pocket

ライフカードビジネスライト

ビジネス専用のクレジットカード「ライフカードビジネスライト」は、年会費無料で使えます。

個人向けクレジットカードには年会費無料のものが多いですが、法人カードやビジネス向けでは、年会費が発生するカードがほとんどです。

そのような中でライフカードが「完全無料」のビジネスカードを作ってくれたことは、起業家にとって非常にありがたいことだと思います。

ライフカードビジネスライトはとてもシンプルです。

カードの利用金額に応じたポイント還元はありません。また、その他の機能や特典なども一切付いていません。

しかし、年会費はずっと無料、純粋に決済機能だけを利用したい方にとっては適したビジネスカードです。

審査基準は特に設けられていませんので、起業したばかりの経営者や、業績が赤字で決算書を提出したくない方でも発行してもらえます。

もちろん、法人だけでなく個人事業主の方でも申し込めます

法人名や屋号名のカードが持てる

屋号

ビジネスカードをもつメリットは、カード表面に法人名や屋号名が記載できることです。

また、クレジットカード請求金額の引き落とし口座も、屋号名口座や法人名義の口座に対応しています。

項目 個人事業主 法人
カード表面の記載 屋号と使用者名 法人名と使用者名
引き落とし口座 屋号名口座または本人の個人口座 法人口座

ビジネスクレジットカードにはほぼ必ず「使用者名」が入りますので、ネットショッピングなどで使う場合は「TARO YAMADA」のように使用者名を入力します。

なお、個人事業主の場合は一般的な個人向けクレジットカードも利用できます。

しかし、「プライベートとビジネスの財布を分ける」という意味でも、ビジネス専用のクレジットカードを1枚持っておくことをおすすめします。

従業員カードは3枚まで無料

社員

クレジットカードを所有するのが社長(経営者)だけであれば特に問題はないのですが、従業員にもカードを持たせる場合は、枚数が増えるたびに年会費がかさみます。

ライフカードビジネスライトでは、最大3枚まで従業員用の追加カードを発行可能です。もちろん、年会費は無料となっています。

従業員にビジネス用のカードを持たせることで、経費を事前に立て替える作業が不要となります。

また、利用明細から「いつ、どこで、誰が、いくら使ったか?」が把握できるので、経費の不正利用を防ぐ効果もあります。

私の会社でも、社員にクレジットカードを配布しています。

一定の決裁権限を与えることで、自由に経費の支払いができるようになるだけでなく、利用明細はクラウド会計ソフトを通じて自動的に記帳されるので、経営効率がかなり上がりました。

ETCカードは1枚のみ発行可

ただし、ETCカードは1枚しか発行できません。追加の発行は「要相談」となります。

ETCカードは高速道路をスムーズに通過するためもので、とても便利です。もし、会社で営業車を走らせる機会が多いのであれば、ETCカードは社員と共有して使っても良いと思います。

クラウド会計ソフトとの連携

クラウド会計ソフト

クラウド会計ソフト「freee(フリー)」や「マネーフォワードクラウド」には、クレジットカードのWEB明細を自動取り込みする機能があります。

これまで、手書きまたは手動で記帳していた事業者でも、現在はその多くが上記の方法で自動的にデータを取り込んで記帳しています。

クラウド会計ソフトが登場する以前は、私も手動で会計ソフトに入力していました。

しかし、クレジットカードの利用明細が多くなると、数字が合わないなどの問題が起こっていたことを覚えています。

現在はクラウド会計ソフトを使っていますので、数字の入力間違いも起こりませんし、記帳する仕訳が何千件になったとしても、ほとんど時間をとられません

なお、ライフカードビジネスライトでは、クラウド会計ソフトの「freee(フリー)」と提携しています。(もちろん、マネーフォワードクラウドも使えます)

カード会員がフリーの標準プラン(年額払い)に申し込んだ場合、利用期間が1ヶ月無料で延長されるため、実質的に数百円、お得になります。

クラウド会計ソフトは下記の記事で詳しく解説しています。あわせてご覧ください。

▼個人事業主はこちら

▼法人はこちら

ゴールドカードやスタンダードとの比較

ゴールドカード

ライフカードが発行するビジネスカードには、様々な種類があります。

よく比較対象となるのは以下の2枚のクレジットカードです。

  • ライフカードビジネスライト(ゴールドカード)
  • ライフカードビジネス スタンダード

それぞれ、ライフカードビジネスライトとの比較をベースに、メリット・デメリットをまとめてみます。

ライフカードビジネスライト(ゴールドカード)のメリット・デメリット
メリット
・国内・海外旅行保険・シートベルト傷害保険あり
・カード利用1,000円につき1ポイントを還元
・国内の主要空港の空港ラウンジが利用可能
デメリット
・年会費が有料(1万円+税・初年度無料)
ライフカードビジネス スタンダードのメリット・デメリット
メリット
・限度額が最大500万円まで(500万円以上も相談可)
デメリット
・決算書の提出が必要な場合あり
・追加カードが発行できない

このように比較するとわかりますが、「ライフカードビジネスライト」シリーズは決算書の提出が不要という点が、「スタンダード」との大きな違いです。

ゴールドカードは年会費が有料になる代わりに、ポイント還元や空港ラウンジ、各種保険が付帯します。また、カードの見た目もゴールドになります。

一方で、同じ一般カードである「ライフカードビジネス スタンダード」は限度額の大きさが魅力です。

「ライト」は一般カード・ゴールドカードにかかわらず、限度額は最大200万円までとなっています。

しかし、ライフカードビジネス スタンダードは、審査次第で限度額は500万円、場合によってはそれ以上も相談可能です。

ただし、法人の場合は登記事項証明書の提出必須です。また、限度額が100万円以上になる場合は、決算書2期分も用意しなくてはなりません。

個人事業主も、限度額が100万円を超える場合は、本人確認書類に加えて確定申告書2期分の提出が必要となります。

起業したばかりの方や、決算書類などの提出を最小限にしたい方は「ライフカードビジネスライト」がおすすめです。

ライフカードビジネスライト(公式)

本人確認書類だけで申込みできる

スマホを操作する男性

ライフカードビジネスライトは、提出書類が少ないことが大きなメリットです。

法人・個人事業主ともに「代表者の本人確認書類のみ」で審査してもらえます。

クレジットカードの利用限度額は最大200万円ですが、これは与信審査の上で決まるものなので、起業したばかりだと少し低く設定されるかもしれません。

クレジットカードブランドは、VISA・Mastercard・JCBの3種類から選択できます。

いずれも国内・海外で普及している有名なクレジットブランドですので、お好きなものを選んで問題ありません。

VISA・Masterだけの特典あり

VISA・Mastercard・JCBの3ブランドが用意されていますが、このうちVISA・Mastercardにのみ、独自特典がついています。

VISAを選んだ場合
VISAが提供するビジネス向け優待サービス「Visaビジネスオファー」と「Visaビジネスグルメオファー」が利用可能。
Mastercardを選んだ場合
Mastercardが提供する「Mastercardビジネス・アシスト」が利用可能。

いずれも、ビジネスシーンで利用する機会の多いサービスを「優待価格」で利用できる無料特典です。

JCBブランドへのこだわりがない方は、VISAまたはMastercardの選択が特におすすめです。

私の場合は、普及率が最も高い「VISA」を最初に選択しました。少しでも使えるお店が多い方が良いですからね。

管理人がライフカードビジネスライトを評価する

起業

ライフカードビジネスライトは、もともと「起業したばかりの経営者向けのカード」というコンセプトで作られています。

よって、公式サイトでも

  • 会社設立・開業後でもOK
  • フリーランス・副業の方にもおすすめ
  • 決算書不要、審査書類は本人確認書類のみ

であることを大きくアピールしています。

私が当時、個人事業主として起業した時も、真っ先に行ったのが「銀行口座の開設」と「クレジットカードの申込み」でした。

まずは決済手段の確保が優先事項だと考えたからです。

当時は、「創業間もない方向けのクレジットカード」はなかったように思います。

また、起業直後はお金に余裕がありませんから、1円でも経費も切り詰めたいというのが正直なところかと思います。

ライフカードビジネスライトは、年会費も完全無料なので、創業すぐはもちろん、ビジネスがある程度軌道に乗ってからも長く使えるビジネスカードになると思います。

最近は、クレジットカードとクラウド会計ソフトの連携がとても便利なので、あわせて会計ソフトの導入を進めることもおすすめします。

クラウド会計ソフトは、クレジットカードのWEB明細のデータを取り込み、面倒な仕訳作業がほぼ自動的になるので、経営者は利益に直結する業務に集中して取り組むことができます。

最短4営業日スピード発行

スマホを見る女性

繰り返しとなりますが、ライフカードビジネスライトの申込みに必要な書類は「代表者の本人確認書類のみ」です。

運転免許証や健康保険証、パスポートといった本人確認書類が利用でき、これらもWEBアップロードでの提出が可能となっています。

WEB完結で申込みが完了しますので、審査から発行まで最短4営業日のスピード発行を実現しています。

創業してすぐにビジネス用のカードが必要な場合でも、早ければ1週間以内にライフカードビジネスライトを受け取ることが可能です。

ライフカードビジネスライト 公式サイト

最後まで読んでいただきありがとうございました

0件のコメント

コメントを投稿する