ローソン銀行法人口座のメリット・デメリット、ATM入金サービスで店舗売上を安全に管理

B! pocket

ローソン銀行

コンビニ大手のローソンが展開する「ローソン銀行」では法人口座の開設を受付しています。

ローソン銀行はネット専業銀行です。窓口となる店舗はありません。

しかし、主な銀行サービスはすべて、ローソン店舗内に設置された「ローソン銀行ATM」と、インターネット取引によって行えます。

ローソン銀行法人口座の大きなメリットとなるのが、ATM入金サービス「金庫がわりクン」です。

店舗の売上金を、ローソン銀行ATMに入金できるサービスで、原則として24時間使えます

店舗に金庫を置くことなく、安全に売上金の管理ができる他、複数店舗の売上金をローソン銀行で一元管理ができるメリットもあります。

この記事では、ローソン銀行法人口座の特色をわかりやすく解説します。

ローソン銀行法人口座のお申し込み

全国のローソンがATMに

繰り返しとなりますが、ローソン銀行は

  • 全国のローソンに設置されている「ローソン銀行ATM」
  • インターネットバンキング

にて銀行取引を行います。

昨今、多くの銀行がATMを廃止したり、店舗の統廃合を進めています。

取引先銀行のATMまで足を運ぼうと思っても、店舗数やATMの設置台数が少なすぎて、労力がかかるということも少なくありません。

しかし、ローソン銀行のATMは全国に13,000台以上も設置されており、またその多くのがローソン店舗内にあります。

また、振り込み等の手続きは原則として、インターネットバンキングで行います。メンテナンス時間を除いて24時間いつでも取引が可能です。

多くの銀行では、法人口座のインターネットバンキング利用料を有料にしています。

インターネットバンキングに登録するだけで、年間2万円程度の手数料がかかります。

ローソン銀行なら、インターネットバンキングの利用料は無料です。

ネットバンクが無料で使えるというのも、ローソン銀行の強みの1つです。

ATM手数料の無料時間帯が長い

ローソン銀行ATMの利用手数料は以下の通りです。

入金・出金
毎日7時~19時まで無料。それ以外の時間帯は110円(税込)
残高照会
24時間いつでも無料

※振り込み手続きは、インターネットバンキング経由で行う方が安いので、割愛します。

日中の時間帯であれば、曜日に関係なく入出金手数料は無料です。

後述する「ATM入金サービス:金庫がわりクン」の手数料は別途取り上げます。

格安の振込手数料はネット銀行ならでは

振込手数料は以下の通りです。(インターネットバンキング利用の場合)

  • ローソン銀行あて:55円
  • 他行あて:220円

※税込です

一般的な銀行の振込手数料は、最低でも300円以上、高いときは800円以上もかかります。

しかし、ローソン銀行なら振込金額に関係なく200円程度の手数料で送金が行なえます。この手数料の安さは、ネット銀行ならでは。

なお、振り込み手続きは、ATMからでも行なえますが、振込手数料が高くなってしまうためおすすめしません。

インターネットバンキングであれば、オフィスや自宅からいつでも取引可能です。

三菱UFJ銀行も出資

ローソン銀行は、コンビニ大手のローソンの子会社として運営しています。

しかし、設立時に三菱UFJ銀行が出資しているという背景もあり、より安心して利用することが可能です。

ローソン銀行法人口座 お申し込みはこちら

ATM入金サービス「金庫がわりクン」とは

ローソン銀行法人口座の主力サービスとなるのが、ATM入金サービス「金庫がわりクン」です。

店舗運営事業者にとっては、以下のような悩みがつきものです。

  1. 従業員に銀行キャッシュカードを預ける不安
  2. お店の金庫で売上金を管理する危険性
  3. 売上金を持って長距離を移動することの危険性
  4. 複数店舗の売上金の管理・回収の難しさ
  5. 売上金回収にかかるコストが高すぎる

こうした課題を解決するのが、ローソン銀行ATMを金庫代わりに使える「金庫がわりクン」というサービスです。

ローソン銀行ATMであれば、徒歩数分圏内にある可能性が高く、売上金を持って移動する距離を短縮できます。

また、原則として24時間いつでも利用できるので、早朝・深夜の売上金入金にも対応します。もちろん、セキュリティ面も問題なく、一度ATMに預けたお金が盗まれてしまうことはありません。

従業員の不正を未然に防ぐ

店舗経営者の中には、金庫番となるお店の従業員にキャッシュカードを渡して、売上金を入金させているという方もいると思います。

しかし、入金・出金の両方が行えるキャッシュカードを従業員に手渡してしまうことには、不安がつきまといます。

ローソン銀行のATM入金サービスでは「入金専用のカード」を発行するため、従業員が不正に銀行の預金を引き出す心配はありません。

売上金の入金だけに使えるカードなので、安心して従業員に持たせることができます。

万が一、カードを紛失してしまっても安心です。

また、入金専用カードは店舗ごとに複数枚発行することができます。

売上金の一元管理が可能

複数店舗から、それぞれのローソン銀行ATMを通じて入金された売上は、「入金専用口座」に入ります。

そして翌営業日の夜間に「資金集中口座」に自動的に移動する仕組みです。

「どの店舗でいくらの売上入金があったか?」がリアルタイムで把握できるとともに、各店舗から集めた売上をメイン口座で管理できる点も、売上金入金サービスを利用するメリットです。

売上金の回収の手間と管理のしやすさは格段に上がります。

セキュリティ面でも安心

銀行の金庫に売上金を入金するサービスは、大手銀行も提供しています。

しかし、ローソン銀行には、より手軽でわかりやすいサービスとして展開している点で強みがあります。

例えば、大手銀行の夜間金庫は、あまり人通りのない薄暗い場所にあることが多いのですが、ローソン銀行の「金庫がわりクン」であれば、ローソン店舗内のATMで入金できます。

ローソンのお店の中は明るく、レジのスタッフも常駐しているので、女性従業員でも安心して売上金の入金を担当できます。

低コストで売上金が回収できる

また、大手銀行の夜間金庫の利用サービスと比較して、低コストで利用できるのも大きなメリットです。

ローソン銀行ATM入金サービス「金庫がわりクン」の利用手数料を下記にまとめます。

3つのコースからの選択制です。

Aコース
1回あたり330円。
Bコース
1日あたり440円。一日何度入金しても定額。1度も利用しない日は手数料は発生しません。
Cコース
月額11,000円。1ヶ月に何度入金しても定額。1度も利用しない月は手数料は発生しません。

※税込です

利用頻度が少ないお店は「Aコース」、1日に2回以上の売上入金をするお店は「Bコース」、利用頻度が非常に多いお店は「Cコース」がおすすめです。

上記とは別に、入金カードの新規発行時に1度だけ発行手数料がかかります。

  • ATM入金カード発行手数料:1,100円 / 利用店舗数

※新規発行時は2枚発行されます

金庫がわりクンのデメリット

ATM入金サービス「金庫がわりクン」にはこれと言ったデメリットはありません。

あえてデメリットをあげるとすれば、ローソン銀行ATMでは硬貨の取り扱いができないということです。

つまり、最低入金単位は1,000円以上、1,000円単位になるため、1,000円未満の硬貨については各店舗で管理しておく必要があります。

金額的には小さなものですので、お釣りとして活用するなど、売上金の端数の取り扱いルールについては、各社で一定の仕組みを作る必要がありそうです。

法人口座の申込条件・必要書類

ローソン銀行の法人口座を開設できるのは「法人のみ」です。(個人事業主は不可)

また、原則としてATM入金サービス「金庫がわりクン」を利用する方に限られます。(法人口座のみの口座開設はできません

つまり、主な対象は店舗事業者だということです。

最後に、口座開設に際して必要な書類をまとめておきます。

履歴事項全部証明書(原本)
いわゆる登記簿謄本。発行から6ヶ月以内のもの
取引担当者の本人確認書類
運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証などいずれか1点
会社実態確認資料
法人設立届出書(控)、確定申告書(控)、納税証明書などいずれか1点
事業内容確認資料
発注書や納品書、会社案内やパンフレットなど、事業内容がわかる資料をいずれか1点
共通印鑑票兼暗証番号届出書
申込完了後、表示されるページで取得。自分でダウンロードして郵送する

ローソン銀行 法人口座の口座開設

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
26歳の時に右も左もわからない状態で個人事業主になりました。2年後、株式会社クートンを設立し、現在8期目です。「いい人」がたくさんいる世界の実現が目標です。「人の価値とはその人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる」 - アインシュタイン 姉妹サイト「1億人の投資術」でも記事を書いています。

より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

「ネット銀行一覧」の記事をもっと読む

最後まで読んでいただきありがとうございました

0件のコメント

質問・コメントはこちら
個人事業主・フリーランス アンケート
ビジネスカード大全集
小さな個人店 キャッシュレス導入のメリット・デメリット

ビジネスに役立つ記事を配信中