起業したきっかけを教えてください

B! pocket

自営業者が「起業のきっかけ」を自分語りする掲示板です。

なぜ自営業者になったのか、経緯や当時の思いをお聞かせください。

あなたのひとことが、起業を考えている人にとって役に立つかもしれません。

※コメントは承認制です。反映まで少し時間がかかります。

掲示板を見る・書き込む

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
26歳の時に右も左もわからない状態で個人事業主になりました。2年後、株式会社クートンを設立し、現在に至ります。「いい人」がたくさんいる世界の実現が目標です。「人の価値とはその人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる」 - アインシュタイン

より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

最後まで読んでいただきありがとうございました

1件のコメント

川原裕也@管理人

私が起業したきっかけは、当時やることがなく無職の状態だったからです。そこから、なんとなく始めたブログの執筆で売上が発生しはじめたので、個人事業主になることに決めました。(現在は法人化しています)

私が起業できたのは、とにかく有り余る膨大な時間があったからだと思っています。

何もやることがない膨大な時間があったからこそ、ブログでも書こうかという気になれましたし、日々の生活がとても忙しいものだったら、このような行動を起こすこともなかったでしょう。

また、もう一つは私自身が当時無職だったために、少なくとも「今よりはマシな生活になる」と思えたからです。

職業が無職の状態では、家族や親族、友人に対して胸を張って接することができない自分がいましたが、「職業:自営業」であれば、少なくとも無職よりはマシだろうと思いました。

よほどの借金をしない限りは、起業して失敗したからといって人生が終わることはありませんし、起業の失敗が社会的に不利になることもないと思います。

これは私の個人的な意見ですが、もし失敗したとしても起業によって得られる経験や知識は将来的に役に立つでしょうから、「借金をしすぎて人生的に再起するのが難しい」という状態さえ避ければ、起業することが自分の人生にとってマイナスになることはないと思います。

私自身、「無職から自営業になれるなんて」という気持ちが強く、開業届は軽い気持ちで出してしまったほどです。

これが、私が起業したきっかけです。

今日の経営 管理人

質問・コメントはこちら
個人事業主・フリーランス アンケート
ビジネスカード大全集
小さな個人店 キャッシュレス導入のメリット・デメリット