ドライブファイルストリームのメリットと料金は?G Suite最強の機能が登場

B! pocket

ドライブファイルストリーム

Googleドライブには、2つのデスクトップアプリケーションが存在します。

以前は「Googleドライブ(デスクトップアプリ)」という名前だったのですが、2017年に2つのアプリに分けられました。

  • Backup and Sync(バックアップと同期)
  • Drive File Stream(ドライブファイルストリーム)

この記事では、「ドライブファイルストリーム」と「バックアップと同期」の違い・利用条件に加えて、ドライブファイルストリームの利用メリットについてわかりやすく解説します。

また、競合他社が提供するDropbox社の「スマートシンク」、マイクロソフト社の「OneDrive(ファイルオンデマンド)」との比較も行います。

ドライブファイルストリームとバックアップと同期の違い

ドライブファイルストリームとバックアップと同期の違い

冒頭でもお伝えしたとおり、現在のGoogleドライブのデスクトップアプリは、

  • Backup and Sync(バックアップと同期)
  • Drive File Stream(ドライブファイルストリーム)

の2つに分けられます。

両者の違いを一言で説明すると「バックアップと同期が個人向け」「ドライブファイルストリームがビジネス向け」となります。

「バックアップと同期」は個人ユーザー(無料ユーザー)でも利用可能です。

一方で、「ドライブファイルストリーム」はG Suiteの契約者のみ利用できます。ちなみに、G Suiteユーザーは「バックアップと同期」も合わせて使えます

バックアップと同期

無料ユーザー・G Suite契約者に関係なく使えるサービスです。

クラウド上にあるGoogleドライブの「マイドライブ」と、自分の使っているPCの「Googleドライブフォルダ」を同期できます。

一部のフォルダのみを同期させることも可能です。

また、自分の使っているPC内の「Googleドライブフォルダ」以外のフォルダも、同期させることができます。(Googleドライブにバックアップしておきたいフォルダなどを指定可能)

Googleドライブ上にあるファイルはすべて、自分の使っているPCにダウンロードされます。

つまり、Googleドライブに100GBを保存している場合、自分の使っているPCも100GB分のファイル容量を消費します。(←ここ、重要です)

ドライブファイルストリーム

G Suite契約者のみが利用できるサービスです。

自分のPCにアプリをインストールすると、PC内に「Gドライブ」が作成されます。

「Gドライブ」は、「Cドライブ」などと同様に使うことができます。

Gドライブに保存したファイルは、自動的にクラウド上の「Googleドライブ」にアップされます。

自分の使っているPC(ローカル)にはダウンロードされないため、Gドライブに大量のファイルを保存しても、自分のPCのストレージ容量は消費しません

Gドライブに保存したエクセルファイルなどを開きたいときは、クリックするだけで、そのファイルのみが即時にダウンロードされ、ファイルを開くことができます。

編集作業が終わり、ファイルを保存して閉じたら、そのファイルは再びクラウド上にアップされます。

PC内のストレージ容量を消費しないというのが、ドライブファイルストリームのメリットです。

一方で、「Gドライブ」以外のフォルダを同期させることはできません。

両者の違いがわかるでしょうか。

「バックアップと同期」は、すべてのファイルを完全同期するため、自分の使っているPCにも、クラウド上のGoogleドライブにも、同じファイルが常に存在します。

つまり、Googleドライブに100GBを保存すると、自分のPCのストレージも100GB分を消費することになります。

しかし、「ドライブファイルストリーム」は、自分のPCのストレージは消費せず、保存したファイルを完全に、クラウド上のGoogleドライブに預けられるサービスです。

使用感としては、あたかも自分のPC内に「Gドライブ」という名前のストレージが追加されたような感じです。

ドライブファイルストリームの画面

指定した一部のファイルを、ローカルPCにダウンロードしたままにしておく(同期した状態にしておく)ことも可能です。雲のアイコンは、ファイルがクラウド上のGoogleドライブにのみ、保管されていることを示します。
ドライブファイルストリームの画面2

こちらのページに比較表が掲載されています。

無料のGoogleアカウントでアクセスすると「バックアップと同期」のダウンロード先が示されます。

G Suiteアカウントでアクセスすると、「バックアップと同期・ドライブファイルストリーム」のダウンロード先が表示されます。

G Suiteならストレージ容量は無制限

オンラインストレージ

ドライブファイルストリームは、G Suiteユーザーだけが利用できるサービスです。

料金プランに限らず、すべてのG Suite利用者がドライブファイルストリームを使えます。

また、G Suite Business以上のプランを利用している場合、オンラインストレージ「Googleドライブ」の容量が無制限になります。(5ユーザー未満は1TB)

つまり、PC内に表示される「Gドライブ」が、容量無制限のストレージとして使えるのです。

ドライブファイルストリームを使うと、PCを購入するときに「ストレージ容量」を気にする必要がなくなります。

最も安価なストレージ構成のPCを買っても心配ありません。

なぜなら、クラウド上に大容量の保管庫があり、ファイルを使うときだけダウンロードしてくるといった使い方ができるからです。

▼G Suiteの料金プランとストレージ容量

G Suite Basic
月額600円+税。ストレージ容量は30GB。
G Suite Business以上
月額1,200円+税。ストレージ容量は無制限。(5ユーザー未満は1TB)

高いセキュリティで情報漏えいを防ぐ

クラウドのセキュリティ

保存したファイルを完全にクラウド上に預けられる「ドライブファイルストリーム」は、セキュリティ面での安全性も高いです。

これは、ドライブファイルストリームの隠れたメリットだと思います。

社内PCを紛失してしまうというニュースをたまに見かけます。

企業にとって、社内PCの紛失は死活問題です。大切な顧客情報が流出してしまい、信用を落としてしまうことにも繋がりかねません。

昨今、モバイルワークが浸透してきたことで、PCを社外に持ち出して利用したり、営業ツールとして使うシーンも増えています。

悪い言い方をすると、ワークスタイルが変化する一方で、大切なデータが入っているPCを紛失するリスクは高まっているのです。

しかし、ドライブファイルストリームを使うと、もし会社のPCが紛失・盗難といったトラブルにあっても安心です。

なぜなら、「ファイルやデータはPC内には一切保存されていないから」です。

PCの紛失が発覚した時点で、対象PCからGoogleアカウントをログアウト状態にします。これはG Suiteの管理ツールから遠隔操作で行えます。

すると、盗まれたPC内の「Gドライブ」からファイルを展開しようとしても、ローカルPCにファイルをダウンロードできないため、ファイルを開くことができないのです。

クラウド上にファイルを預けるということは、手元にあるPCを「大切なデータが詰まった貴重なもの」から「重要度の低い、ただの箱」に変えてしまうのです。

では、クラウド上にデータを預けることにリスクはないのか?という問題については、下記の記事で取り上げています。

G Suiteのクラウドサービスは危険?ビジネスでの安全性は?

ドライブファイルストリームのデメリット

オフライン

逆に、ドライブファイルストリームにもデメリットがあります。

オンライン上にのみファイルを保存しているため、オフライン状態(ネットが繋がっていない状態)ではファイルを開くことができません。

G Suiteで提供されている

  • ドキュメント(ワード)
  • スプレッドシート(エクセル)
  • スライド(パワポ)

には、オフライン機能が付いているため、簡易的な資料の作成・編集であれば問題なくこなせます。

もっとも、現在はオフライン状態でデータにアクセスすることの方が少ないですし、ドライブファイルストリームにも、このデメリットを解消する機能が提供されているので、心配ありません。

あらかじめ、オンラインに保存したファイルを右クリックし「オフラインで使用可能にする」を選択しておきます。

「オフラインで使用可能にする」が選択されたファイル・フォルダは、ローカルのPCにダウンロードされた状態で同期されるので、オフライン状態でもファイルを展開することが可能です。

オフラインでの利用が想定されるファイルは、あらかじめ右クリックして「オフラインで使用可能にする」にチェックを入れておきましょう。

これだけで、ドライブファイルストリームのデメリットは問題なく解消できます。

スマートシンクとファイルオンデマンドとの比較

クラウドストレージの比較

Googleドライブの「ドライブファイルストリーム」の競合サービスとなるのが、

  • Dropbox:スマートシンク
  • マイクロソフト:OneDrive(ファイルオンデマンド)

です。

Dropbox(ドロップボックス)が提供する「スマートシンク」も、マイクロソフトのOneDriveで提供されている「ファイルオンデマンド」も、「クラウド上の保管庫にファイルを預けられる」サービスです。

サービス面で大きな違いはありませんが、ストレージ容量や料金プランにおける違いがあります。

Dropbox

Dropboxでスマートシンクが使えるのは、

Dropbox Professional(個人向け)
月額2,400円+税。ストレージ容量は1TB。
Dropbox Business Standard以上
1ユーザーあたり1,500円+税から。ストレージ容量は2TB。

の料金プランとなります。

無料プランや、有料プラン「Dropbox Plus(月額1,200円+税)」では、スマートシンクは使えません。

Dropbox Professionalは「個人向け」となっていますが、個人でも「Dropbox Business」の利用が可能です。

OneDrive

マイクロソフトのOneDriveでは、ファイルオンデマンド機能自体は無料プランでも使えます。

ドライブファイルストリームと同等の機能を無料で使うなら、OneDriveのファイルオンデマンドがおすすめです。

ただし、OneDriveの無料プランはストレージ容量が5GBしかありません。

ストレージ容量を増やすためには、Office365への加入が必要となります。

Office 365 Solo(個人向け)
月額1,274円+税。ストレージ容量は1TB。
Office 365 Business以上
1ユーザーあたり900円+税から。ストレージ容量は1TB

Office 365 Soloは「個人向け」となっていますが、個人でも「Office 365 Business」の利用が可能です。

競合他社と比較してみると、Google社のドライブファイルストリームは、料金面、ストレージ容量の両方においてリードしていることがわかります。

比較してみると以下のようになります。

サービス名 ファイル
ストリーミング
ストレージ容量 料金
Google(無料アカウント) × 15GB 無料
G Suite Basic 30GB 月額600円
G Suite Business 無制限 月額1,200円
Dropbox Plus × 1TB 無料
Dropbox Professional 1TB 月額2,400円
Dropbox Business 2TB 月額1,500円
OneDrive(無料アカウント) 5GB 無料
OneDrive 50 GB 50GB 月額249円
Office365 Solo 1TB 月額1,274円
Office365 Business 1TB 月額900円

※いずれのサービスも、ビジネスプランを個人が利用することもできます。
※料金は税別です
※G Suite Business:5ユーザー未満の場合は1TB

OneDriveには50GBプランが用意されています。

ストレージ容量は50GB増えればよく、ファイルオンデマンドを使いたいという方にとっては、このプランもおすすめです。

その他のプランを比較してみると、やはりG Suite Businessが強いですね。

G Suite 公式サイトはこちら

こちらの記事も読まれています

最後まで読んでいただきありがとうございました

0件のコメント

コメントを投稿する